2021.07.31

巨大発熱機・・・(^^;

今年の夏は皆さんあまり走られていない様で例年と比べるとオイル交換のご依頼が少ないですね・・・。

つか7月は一台もオイル交換作業はしていません。それはそれでOK~なんて思っていましたが。

夏場は巨大発熱機と化すGSX1300Rのお客様がオイル交換&フィルタ-交換でご来店。

サイドカウルを取り外すと熱が・・・熱が~~~・・・店内温度は一気に5℃ほど上昇。

久しぶりに耐熱グロ-ブを使いました。やっぱ夏場のオイル交換は灼熱地獄です。まぁ店内がタイトってことも有りますけどね。

因みにマスク着用で汗だく・・・2kgは減量出来たかも知れません・・・ね(^^;

 

ブログランキングに参加しています! ポチっと応援、宜しくお願い致します(^^)/

2021.07.30

アナキ-ストリ-トご注文第一号^^

アナキ-ストリ-トの実走評価はすべて完了しておりますがブログの記事は少々お待ちを。

私的にはビジュアルも含めてアナキ-ストリ-トが気に入ったのでアルミリムに組みなおしました。

そのタイミングで福岡からCT125のお客様がアナキ-ストリ-トの現品が見たいとご来店。

やはり2.50-17というサイズが気に成るようで・・・つまりちょっと細くない?みたいな。

実際に装着されているビジュアルは思っていたより違和感は無いものの純正装着タイヤと比較すると細いよねぇって感じ。

まぁ適正内圧も含めて説明すると・・・え~そんな数値ですかと驚いておられたので実際に乗ってみますかって話に。

そして試乗されて戻ってきたら即ご注文頂きました^^  これ凄くいいですね~想像していたより全然イイ!なんて。

アナキ-ストリ-トご注文第一号のお客様に成りました♪

ご安全に!

 

ブログランキングに参加しています! ポチっと応援、宜しくお願い致します(^^)/

2021.07.29

ZX25R 健脚

なんと新潟からご来店のお客様、しかも2度目のご来店になります。

実はメ-ルで健脚のご依頼を承っておりましたが私は何を勘違いしたのか久留米のお客様と思い込んでおりました。

なのでそれを前提にスケジュ-ルを立てておりましたが新潟からとなれば話は変わります。

急遽突貫工事で仕上げることに。

リアに関しては既にナイトロンを装着されていましたがセッティングは少々・・・俺のとは違うなぁ~状態。

リンク周りのメンテナンスと合わせてリ・アジャスティング。

そしてフロントフォ-クへと手を進めますがZX250Rは初めてなので各部をくまなくチェック。妙な構造に成っております(^^;

最近流行りの片側バネだけ仕様ですが左右のスプリング長も異なります。そもそも分解が難解(;’∀’)

片側だけで持たせるチュ-ニングに成りますがKTM390系のフロントフォ-クに似ていますね~。

似ているというだけで別ものでは有ります。

何かと大変なフロントフォ-クですが仕上がりは私的にも上出来だと思います。只ねぇ・・・・

次にZX25Rの健脚を受けるかと言うと同じ価格では無理ですね。今回は大サ-ビスに成りました・・・(‘◇’)ゞ

タイヤもピレリスパコルSPに交換してZX25R健脚完了です!

今回は勉強させてもらっと考えるとそれも良き。

遠路はるばるご来店いただき有難うございました・・・何言っても片道1200kmですもんねぇ。ご安全に!

 

ブログランキングに参加しています! ポチっと応援、宜しくお願い致します(^^)/

2021.07.27

CUP2 to GSX-R1000

医療関係にお勤めのお客様、やはりというかお忙しそうですね。

お疲れ様です。

CUP2をご注文頂いておりましたが中々ご来店にいただける時間も取れずようやく交換です。

元々はピレリを使用されていましたがCUP2に換装され大変気に入られたようです、んでもって今回もお替りです。

ワインディングは元よりサ-キット走行会にも何度か参加されて時々通勤にも使用されていたようです。

サ-キツトのラップタイムも中々です^^ それでいて走行距離はト-タル4000km強は大満足の様ですね。

オ-ナ-さん曰くピレリとの大きな違いは高パフォ-マンスの持続性と温度依存性の低減。つまり使いやすさは抜群。

その点はMICHELINも重要な要件と捉えており重点的にチュ-ニングを行った個所です・・・多分。

それは現在私自身が実施している耐劣化性の評価でも証明されています。ストリ-ト使用可と謡う以上重要な性能だと思います。

ご安全に!

 

ブログランキングに参加しています!  ポチっと応援、宜しくお願い致します(^^)/

2021.07.24

アナキ-アドベンチャ- to F700GS

R1200GSアドベンチャ-からF700GSに乗り換えられたお客様。

R1200GSアドベンチャ-はガレ-ジの出し入れも大変で結局乗ることが億劫になっておられたようです。

しかしF700GSは見かけはスリムでカタログのデ-タ-では車重は212kgに成ってますが重心が高いためか・・・

取り回しは重く感じます・・・よね? 私の身長が足りてないだけかもしれませんけど(^^;

身長の高いオ-ナ-さん想っていたより重いと感じられている様です。もっと軽い方がえかったと。

でもって私のKTM390デュ-を見ながらこれぐらいのサイズがいいよな~なんて。

アドベンチヤ-モデルも有りますよなんて言ったらKTMのディ-ラ-って如何?やっぱKTM福岡がええかな?・・・みたいな。

何だかその気に成っちゃったかもしれません。

因みに今回ご注文いただいたタイヤはアナキ-アドベンチャ-。これがまた欠品中で納期未定状態。

メ-カ-さんにもディ-ラ-さんにも全く在庫がございません。しかし・・・なんと・・・

たまたま某所に有った希少な在庫を融通して頂けてお待たせすることなく装着出来ました。まぁ最後のタイヤ交換に成るかもしれませんけど。

次はKTMでご来店に成るかもですね! ご安全に。

 

ブログランキングに参加しています! ポチっと応援、宜しくお願い致します(^^)/

2021.07.23

POWER2CT to K1200S

前回に引き続きPOWER2CTのご指名です。

お客様曰く、POWER2CTで全く不満もないしトレッドデザインそのものが気に入っておられる様です。

ところでK1200からK1300にモデルチェンジされた際、車格は殆ど変わっていないと思うのですがOEMに採用されているタイヤのセグメントはスポ-ツからツ-リングモデルにかわりましたねえ。

MICHELINもK1300に関してはGTスペックを推奨していた筈ですがよく分かりませんねぇ・・・OEMの基準。

K1200SはBMWもス-パ-スポ-ツって謡っていたと思いますが如何なのでしょうね?

まぁOEMの基準ってム-ドやイメ-ジそして納入価格とか(^^; 性能だけではない要素も大いにあるのは今も昔も同じ。

にしてもF900XRにROAD5GTを採用しG310のPILOTストリ-トラジアルというのも何だか・・・S1000RR系にしてもセグメントがバラバラですもんね。

最近のBMWは基準が不可解ですね。

 

ブログランキングに参加しています!  ポチっと応援、宜しくお願い致します(^^)/

2021.07.22

POWER GP to YZF R1

YZF R1のお客様、迷わずPOWER GPのお替りです^^

前回交換したPOWER GPの前はPOWER RSを装着していましたがほぼ同じ条件で今回も同等の走行距離の様です。

しかし性能保持という点ではPOWER GPの方が持続性は長いですね。

これは私自身がロングランテストで確認済みですが・・・。

一部の方から意識的にそのように走っているのではないか?とか・・・疑いの目もむけられておりますがテストは公明正大に実施しております。

因みに現在進めているCUP2のライフについてもそんな筈はない自分は2000kmで終わったぞ!なんてコメントも目にしました。

タイヤのライフというのは機種も含めた使用環境や条件で倍も差が出ることも屡々です。

因みにパワ-モ-ドの設定でも磨耗に差が出ます。私の場合レ-スモ-ドで走行しております。

確かに一般の方と比較しタイヤの磨耗を抑える走りが出来るとは思いますがユルユルに走っているという事ではありません(^^;

今回のお客様の場合においても使用環境等は変化はなく間に一度サ-キット走行会が入っている様です。

ご安全に!

 

ブログランキングに参加しています! ポチっと応援、宜しくお願い致します(^^)/

2021.07.21

ROAD5 to CB1300SF

初見のお客様、現在関西から単身赴任中との事ですがサラリ-マンは辛いですね・・・。

私も転勤の経験は有りますが・・・まぁ独身の頃だったので楽しんでいましたけど^^

因みにその頃、同僚に海外赴任の辞令が出て悩んだ末に退職、家族の大反対が有ったようで気持ちは大いに分かります。

まぁ海外にもよるって話ですが某党が支配する国だったという事も有ったのでしょうね。

それは兎も角、お客様はMICHELINを装着するのは初めてだそうでとても楽しみにしていると仰ってました。

装着されていた銘柄と比較するとコンフォ-ト性は数段上ですがハンドリングはややまったり感じるかも知れません。

基準内圧にもよりますがフロント側をやや高めに設定するとまったりという表現からマイルドって感じには成ると思います。

同じやん・・・って話ですが・・・まったりとマイルドはちゃいまんねん(^^;

関西弁って便利ですよね。

それは兎も角、最近のツ-リングスポ-ツのハンドリングはラジアスを比較的大きく取ってマイルドに仕上げたタイプとスポ-ツ系に寄せたハンドリングを与えたタイプと別れましたねぇ。

市場は何方を求めているのか? まぁ人気が高く実際に売れているツ-リングバイクに沿うという所なのかもしれませんが。

なんちゅうか私的感想では有りますがPOWER5とROAD5を足して割ったらなかなか面白いタイヤが出来るかもって思います。

ご安全に!

 

ブログランキングに参加しています! ポチっと応援、宜しくお願い致します(^^)/

2021.07.20

R1200GS ステアリングダンパ-

R1200GSやRnineTのステアリングダンパ-って減衰が効き過ぎていて低速で自然操舵を阻害してフラフラしちゃいますよねぇ。

こんなん、抜けたぐらいが丁度良いなんて冗談の様な・・・あながち冗談でもないような・・・そんな話も有りますが。

何故そのような設定に成っているのかは開発者とテストライダ-に聞くしかないのでつまり永遠に分かりません(;’∀’)

因みに低速で粘る舵を超軽快にすることは可能です。

その1 純正のステアリングダンパ-を取り外し押入れの奥にしまい込む。

その2 OHLINSのステアリングダンパ-に交換する。←勿論、コチラがお勧めです。

今回も粘る粘る舵が粘る・・・って納豆の怨霊に取りつかれたかのようなR1200GSにOHLINSのステダン装着。

オ-ナ-さんもその軽快性にビックリしてました、こんなに違うのかと。

こんなに違うんです。ご安全に!

 

ブログランキングに参加しています!  ポチっと応援、宜しくお願い致します(^^)/

2021.07.17

ROAD5 to R1200RT

R1200RTにROAD5というのは当店では定番です。MICHELIN社は同じROAD5でもGTスペックを推奨しています。

まぁしかし、この推奨に関して言えば欧州基準と考えてよいと思います。

ROAD4GTの様に2AT構造であれば私もお勧めするのですが所謂一般的な補強による耐負荷重構造はプレジャ-という点では聊か。

つまりはビジネスタイプのリインフォ-スド的な考えだと思います。しかしJATMAの最高空気圧が指定空気圧なのでこちらも何だか。

国内においてもフル積載で高速移動、更に長距離を走られる方であればGTスペックは有利だと思います。

なのでお客様のGTスペックでというご指名が無い限り通常品をお勧めしております。

2ATはJATMAの規格に反して内圧を与えることに不都合があるようでコンプライアンスという点でもほにゃららら・・・ですね。

因みにK1600GTLに関してはROAD5GTを引っ込めて再度ROAD4GTを推奨しております。

GTスペックは耐摩耗性という事では無くどちらかと言うとヘビ-級のメンガツアラ-をより快適にスタビリティ-を高めるという点に重きを置いていると思います。

そう言う意味ではROAD4GTスペックは大変優れていると思います。

ROAD5GTも2AT構造を踏襲すればよかったのになぁと個人的には思います。PCRのエクストラロ-ド規格に沿う形で良いのではと思います。

私がこんな事を言ったってROAD5GTスペックが大好きなお客様も居られますのでタイヤ選びは一見四水。

ところで同じくBMWのF900XRのOEMタイヤはなんとROAD5GTです。R1250RSでもROAD5を採用しているのに何故?

因みに同じくOEMに採用されているBSはT31です。おかしいですよねぇミシュランさんの解説に矛盾が生じます・・・的な。

理由はBMW社のテストの結果という事ですが・・・承服しかねます。アンタの承服など要らねって話ですが。

これに関しては裏が有りそうな・・・何となく想像がつきますが・・・以下自粛(;’∀’)

嘗てRCV213のOEMがS20で同時期のCBR1000RRのOEMがRS10という不思議なことが有りましたがOEM基準の謎ですね。

この件に関してはかなりもめたという話を耳にしております・・・。

まぁ・・・BMWの担当テストライダ-がROAD5GTが大好きだったのかも知れませんね・・・・・・・・・・・・・。

ご安全に!

 

ブログランキングに参加しています! ポチっと応援、宜しくお願い致します(^^)/

Next »