2022.01.19

CBR1000RR 健脚

CBR1000RR SC59の健脚は久しぶりです。ボディ-カラ-がワインレッドのCBRもお初です^^

オ-ナ-さんは稀にサ-キット走行会などに参加されている様ですが普段はツ-リングがメイン。

流石にSSモデルの脚はハ-ド過ぎなので出来る事であればもっとしなやかな足回りに出来ないかと。

確かにス-パ-スポ-ツモデルとは言え殆どのオ-ナ-さんはストリ-トメインで使用されているでしょうからハ-ド過ぎるというのは同意いたします。

因みに最新のSSモデルは更にハ-ドな仕様に成っており前後共にスプリングレ-トを変更しないと・・・・どうにもこうにも。

可愛い顔してハ-ドだよ-! なんて感じですもんね(^^;

対してSC59はスプリングレ-トの変更をしなくても標準のスプリングベ-スでも十分しなやかな脚に仕上げることが出来ます。

リアはOHLINSに置き換えますがコチラもSC59対応モデルは標準のスプリングで対応できます。

OHLINSさんも標準の状態に合わせてという事なのかもしれませんね。

全走行距離が40000kmを超えたCBRはフロントもリアもかなりお疲れの状態、リアショックは終了してました。

抜け切った状態で漏れたオイルがリンク周りの頑固なスラッジと化していましたが・・・・

スラッジが保護膜の役目に成っていたのか汚れは酷いものの洗浄したパ-ツは錆一つありませんでした。

勿論、錆が無いからと言ってよい状態ではありません。走行中に漏れたオイルがタイヤに飛び散れば大変危険です。

今回は何事もなく不幸中の幸い。

リアのOHLINSは車体に装着する前にソフト方向にひと手間加えて装填後に最終セットアップ。

前後共にストロ-ク感のあるしなやかな仕様に仕上げましたが私的にはこれぐらいの状態が本来ではないかと思います。

別途タイヤ交換をご注文頂いておりましたが周年キャ-ンペ-ンを実施しているPOWER2CTをご指名いただき装着。

実は奥様もSSモデルに乗られていてタイヤはお揃い^^ POWER2CTのトレッドデザインは女性にも人気なんですよね~。

CBR1000RR SC59健脚完了です! Have a great bike life !!

 

ブログランキングに参加しています!   ポチっと応援、宜しくお願い致します(^^)/

2022.01.15

ROAD5 to トレ-サ-

ROAD5お替りのお客様、ROAD6の発売が正式発表されて興味津々のご様子。

発売日は2月16日からと日本ミシュラン社からアナウンスが有りましたがROAD6はROAD5の後継という位置づけではないと思います。

同じネ-ミングのROADだし5から6となると誰もが後継と思ってしまいますよね。

実際MICHELINがどのように考えているのかは分かりませんが実走し評価した結果、私としては別セグメントと感じています。

ROAD5も継続販売で今のところ特価に回ることも無いようです。

耐摩耗性はフロント側を主にチュ-ニングし前後の磨耗バランスを最適化した・・・多分(^^;

ツ-リング要件に振られたパフォ-マンスなので当然スポ-ツ要件は低下している訳ですが公道でその違いをはっきり体感できるのかと言われると・・・中々。ROAD6でもそれなりに元気に走れますもんねぇ。

例えば初期旋回でROAD5は曲げていく、その操作を楽しめるとも言えますがROAD5はキャンバ-に応じてナチュラルに曲がる。

積極的な操作はあまり必要としないオ-トマチックな旋回性。物凄く抽象的ですがおおよその違いです。

ロングツ-リングの機会が多く重積載する頻度が多ければROAD6のパフォ-マンスが大いに生かせると思います。

最終的にはお好み次第。ご安全に!

 

ブログランキングに参加しています! ポチっと応援、宜しくお願い致します(^^)/

2022.01.09

CB1000R チェ-ン&スプロケ交換

CB1000Rのチェ-ン&スプロケット交換のご用命を頂きましたが当店では松・竹・梅のグレ-ドを準備させて頂いております。

ご指名は松のZVM-X最上級グレ-ドで巷では全くメンテナンスの必要は無いと仰る方も居られます。

がしかしメ-カ-さんは定期的なメンテナンスは必要でクリ-ンナップと注油は実施して下さいと仰ってます。

ところで片持ちのスイングア-ムのスプロケット交換はドカティと同じでまぁまぁ面倒なのかと思っていましたが。

流石天下のHONDA車は違いますね、とっても楽に交換できます^^

因みに同じZVM-Xでもゴ-ルドとシルバ-ではクオリティ-に若干差があるという話を聞いたことが有りますが本当でしょうか?

詳細は誤解を招くと宜しくありませんので書けませんが・・・・。如何なのでしょうね??

まぁ私らの世代は多分ドライブチェ-ンと言えばゴ-ルドがハイグレ-ドの証的な感覚が有るので迷わず金です。

そういえば昔、イタリアのレジナチェ-ンのサポ-トを受けていた頃、最高峰のレ-シングチェ-ンが只の鉄チン色でガッカリしたことが有ります(^^;

性能は色ではないのだよ・・・的な。

でもDIDは色でパフォ-マンスに違いがあるという・・・都市伝説なのかもしれませんね・・・知らんけど(‘◇’)ゞ

 

ブログランキングに参加しています! ポチっと応援、宜しくお願い致します(^^)/

2022.01.06

SR400 健脚 & タイヤ交換

年末の休みを利用されて三重県から遠路ご来店のお客様^^  SR400は当店で年を越されました。

オ-ナ-さんからのご用命は前後健脚とタイヤ交換ですがリアショックのご指名はOHLINS。

これが何と2022年の夏ごろに国内入荷という事でありまして・・・(^^;

兎も角はフロントの健脚とタイヤ交換を先に施工することに成りました。因みにタイヤのご指名はBT46。

しかしBT46に現SR400の純正相当のタイヤサイズは設定が有りません。なので純正に近いサイズを見た立てて装着。

ブリヂストンさん曰く純正装着サイズからサイズ変更する事やバイアスからラジアルに変更することは推奨できませんと仰っていますが。

まぁメ-カ-としての立場は理解いたしますがサイズ変更や構造変更でパフォ-マンスが改善されることも多いと思います。

そもそもSR400の場合、ほぼ同じ車体構成でありながらタイヤサイズはかなり変更されてきています。ホイ-ルのインチやリム等々数えきれないほど変更されてきました。

これ如何にって感じですが逆に言えばSRに限っていえば問題なしです。

ところでフロントフォ-クの健脚はオ-ナ-さんのご要望から幾つかのアイディアを考えていましたが実際に作業に入ると思わぬ不都合が出て来て当初のアイディアだけでは健脚は完成しませんでした。

なかなかやるのうヤマハさん(;’∀’)

追加のパ-ツを組み込んで仮のセットアップしつつ仕様を決めていきますが中々良い感じって所で車体に装着。

SRの健脚はデ-タ-が無いので一からです、まぁ大体の当たりは付けられますが・・・でもなんだかこの作業が懐かしい。

ストロ-クが変化しているので差し引き調整した後に最終チェック。おっ‼ なんて思っていたよりもずっと良い仕上がりに成りました。

後はリアのOHLINSが届くのを待つ遠い遠い夏に成りそうですね・・・。ご安全に!

 

ブログランキングに参加しています! ポチっと応援、宜しくお願い致します(^^)/

2021.12.30

年越しチェックイン

毎年、1台から2台当店で年を越すバイクが恒例となっていますが昨年はMVアグスタが年越しされました^^

今年は価格超高騰中のSR400ファイナルエディションがチェックイン。

オ-ナ-さんは古いお客様でハンガリ-に赴任中も時々ご来店に成られていましたが現在は三重県在住。

北九州が地元なので帰省のついでにバイクだけチェックイン。

正月明けは一旦三重に戻られて改めてお迎えにこられる予定です。COV19もこのまま大人しくしていくれたら良いのですが。

遠隔地のお客様が多いので今回のコロナ禍はロケットランチャの直撃を受けたような・・・衝撃ですね(^^;

ほんなこて初詣は疫病退散!無病息災、商売繁盛を神社の大鈴を鳴り響かせて願ってまいりたいと思います。

 

ブログランキングに参加しています! ポチっと応援、宜しくお願い致します(^^)/

2021.12.28

YZF R1 健脚完了

ほぼサ-キツト走行オンリ-のお客様、やや早めに再健脚のご用命を承りました。

フロントフォ-クに関しては本当はレ-トも変更したいところですが今回は更に仕様変更を行って少しでもストロ-ク感が出るようにとなんやかんや・・・。

OHLINSのチャ-トを参考にしましたが創輝の時代はそっくりでしたもんね~(^^;

施工後にチェックした限りでは前回の仕様よりもストロ-ク感は出ていると思います、STDは手押しじゃリジットの様ですもんね。

リアのOHLINSはO/Hを実施したうえでリ・アジャスティング。

しかし、リンク周りは当たりが強くリンクリレ-のフレ-ム側のカラ-が固着して抜き取るのに四苦八苦・・・・。

YAMAHAさんの考える構造にも問題があると思います、確かにセンタ-は普通に出しやすいと思いますがトラブった後の対処は物凄く面倒です。

どげして抜きまっしょう・・・的な。ここは改善の余地が有るのでないかと。同じ構造を与えられた機種は結構ありますもんね。

現在は知りませんけど。

タイヤのロ-テ-ションも組み替えてヌYZF R1健脚完了です!

 

ブログランキングに参加しています!  ポチっと応援、宜しくお願い致します(^^)/

2021.12.19

SV650 健脚

SV650の健脚は近々で2台目に成りますが実は現在別の方のSV650も健脚の見積もり中^^

日本の道路事情にはドンピシャなサイズ感が受けているのかも知れません。

ところでもしかするとと思いステムナットをチェックするとやはり締まっていません。敢えてなのかとも考えましたが手で緩められるほどというのは聊か・・・(^^;

元々ステムナットは良い加減で締める箇所ですがラインで締め付けた時点では良い加減だったものが実走行でステムベアリングが確り座って相対的に緩んだという事なのかもしれません。分かりませんけど。

それは兎も角、オ-ナ-さんはサ-キットのスポ-ツ走行に使われる頻度が多いと・・・でもストリ-トも普通に走る・・・的な。

なのでフロントフォ-クのモディファイはスプリングレ-トの変更も含めてややハ-ドに設定。まぁ公道でも十分パフォ-マンスは発揮できると思います。

リアはタイタニュウブラックのナイトロンを装填、セットアップもフロント側とバランスを取ってややハ-ドな仕様に。

カラッカラのピポットシャフトもグリスアップ、リンクもフルメンテナンスを実施し前後健脚完了です。

タイヤも健脚に合わせて交換、120/70ZR17&160/60ZR17サイズでサ-キット>ストリ-トとなると中々適材が選べないのですが・・・

α14のHレンジが良いのではないかとお勧めいたしました。S22もありますが何方かと言うとストリ-トでこそってタイヤですもんね。

SV650健脚完了です!ご安全に!!

 

ブログランキングに参加しています! ポチっと応援、宜しくお願い致します(^^)/

2021.12.18

POWER2CT to シニョ-ラ忍千

シニョ-ラ忍千さんのご指名は今回もPOWER2CTです。相当気に入られている様ですね^^

世界的にもベストセラ-となっているPOWER2CTですが販売実績も上位に位置しているという話です。

パフォ-マンスと価格と言う点からすると未だに人気がが高いのはうなづける話です。

まぁコストパフォ-マンスと言う点で比較すると購入時はやや高額となるROAD5の方が距離単価は低くなりますが・・・・

んんにゃそれでもPOWER2CTのパタ-ンがエエ!と仰る方が多い出すね。

因みに少々気に成るのはPOWER2CTの発売当時の仕様の適正空気圧と現行仕様の空気圧は異なりますが当時のまま使用されている方もおられる様です。

当時の仕様とはフィラメントの種類もトレッドラバ-の内容も変更されています。当時の位置付はハイグリップセグメント。

現在はスポ-ツ・・・もしくはスポ-ツツ-リングセグメントと言ってよいでしょう。

内圧は前後のバランスも変わっていて内圧もかなり高くなっています。同じ顔をした別人なのでそこのところ宜しくです。

ご安全に!

 

ブログランキングに参加しています! ポチっと応援、宜しくお願い致します(^^)/

2021.12.16

POWER 5 to ZX14R

COV19も今のところ落ち着きを見せています。そんなこともあって県外のお客様のご来店も少しづつ戻って来られています。

ZX14Rのお客様は佐賀県からのご来店、ご指名はPOWER5。

前回装着したPOWER RSは2年で約10000km弱、このクラスとしてはかなり持った方だと思います。

今回はストリ-トでの使用要件を100%ととしたPOWER5を選択。

リアタイヤのサイズも190/55ZR17から標準サイズの190/50ZR17に戻しました。市街地やツ-リングといった環境では50扁平の方がハンドリングは軽快です。

因みに足つき性も良いですもんね!これ重要案件です。

POWER RSからPOWER5に換装した場合。適正内圧も高圧方向に変わるのでそこは注意が必要です。

私的にはメガスポ-ツとの相性はPOWER RSより良いと思います。

遠路ご来店、有難うございました。ご安全に!

 

ブログランキングに参加しています!  ポチっと応援、宜しくお願い致します(^^)/

2021.12.15

GSX-S1000F 健脚

長らくお待たせしておりましたナイトロンがようやく入荷し早速健脚です。

久しぶりにタ-コイズブル-のスプリングは何だか新鮮に見えますね^^  こちらがレギュラ-のカラ-なんですが。

リアショックの他にもフロントスプロケット&リアスプロケットそしてドライブチェ-ンも交換。

フロントスプロケットにロックワッシャ-が有りませんがその代わり・・・鬼の様に絞められています(^^;

ネジロックもたっぷりなので強力なインパクトレンチを使用しないと手動では多分無理でしょうねえ。

兎も角も当店ではもっとも多い部類のGSX-Sなので分解組み立ては手慣れたものですが・・・・

それでもリンクシャフトの差し込み方向は納得がいきませんねぇ。差し込み方向を変更しながらラインの向き変えろ!

なんて叫んでおります・・・無論心の中で(^^;

フロントフォ-クは以前健脚済みなのでリアのセットアップを済ませてGSX-S1000F健脚完了です!

ご安全に。

 

ブログランキングに参加しています! ポチっと応援、宜しくお願い致します(^^)/

Next »