2016.08.25

イカスミパスタ

DSC08562

夏もそろそろ終盤ですよ~~~みたいな夕日になってきましたね。ちょっと寂しいような気もしますが・・・・

朝夕の涼しさは嬉しいし熱帯夜から解放される喜びのほうが大きいですね-。

ところで昔々イカスミパスタが美味いって話でグリ-ンコ-プだか何だかで注文したパスタを食べたことがありますが・・・

自分には合わないというか不味いというか・・・・気分が悪くなったというか・・・・超苦手なパスタと言う印象が残っています。

でもね、私以外の家族は皆美味しい~~~なんて言ってました。 そんなイカスミパスタ。

今回、頂き物のイカスミパスタをかみさんが調理して・・・・「ん?これは物凄く美味しいよ~と-ちゃんも大丈夫かも」なんて。

DSC04611

そんな事は無いでしょ~とは思いましたが・・・・恐る恐る一口食べてみると「ん?んん??なんか・・・美味しいし」

なんかこ-ウニの様な風味というか昔食べたイカスミパスタとは全く違っていました。 昔食べたイカスミパスタは生臭さがたまらん不味かったのですが全く生臭くないですね。

でもねぇ-このイカスミパスタは会話を楽しみながら食事するとか・・・・特にカップルなんて・・・・ヤバくね?

難しい話をしながらなんて・・・説得力は全くなくなるし・・・・カップルなんて百年の恋も冷めるかも・・・・。

妖怪お歯黒べったり・・・みたいな・・・・えらい事になっちょります・・・・かみさんと顔を見合わせて大笑い(;’∀’)

まぁ喧嘩した後なんかは有効なメニュ-かも知れませんけどね^^ ご馳走様でした♪


バイクブログ参加中→

8036km

DSC04592

PSS EVO最長不倒距離ではないかと・・・・ハイグリップレンジのタイヤとしては他の追従は許さないというところでしょう。

ハイグリップタイヤとしてのポテンシャルも他に見劣りするところはないしトップレベル。

でもってこのタイヤライフはどうなってんの?って感じですね。

しかし、ハイグリップタイヤとしてのパフォ-マンスを発揮するのは5000km前後であとはオマケみたいなものですが、それでも世のお父様方にはありがたいオマケだと思います。

商売として考えると・・・・持ち過ぎ・・・・・と言う感じはしますけど・・・・(^^;

DSC04593

ところでオ-ナ-さんは超長距離ランナ-さんで鹿児島なんぞは家の近所みたいな感覚を持たれているようです。

オ-ストラリア人も裸足で逃げだすかも的な・・・・そんな感じ。

タイヤライフの伸びは前後の健脚も貢献しているとは思いますが、それでもすごいですね~。

まぁしかし・・・兎も角しかし・・・・超長距離ランナ-さんとしては初期のパフォ-マンスは多少低くてもパフォ-マンスの持続性に優れるPOWER3を選択したほうがよりオ-ナ-さんの使用目的に適うのではないかと。

DSC04594

ということで今回はPOWER3を装着、これも量才録用、何に重きを置くかはとても大切なことですもんね~。

つか・・・GSX-R1000は長距離ランナ-的なのか・・・? まぁこちらは欧州的感覚と言うことで、豪州ナイズなヨ-ロピアンみたいな。 よう解りませんけど・・・・

昔々ドカの916で鹿児島に行って・・・帰りはバイクを陸送で送ろうかと本気で思った私とはえらい違いですね・・・・(;’∀’)

ご安全に!

 

ブログランキングに参加しています! ポチっと応援、宜しくお願いいたします(^^)/


バイクブログ参加中→

2016.08.24

銀杏

DSC00215

雲はまだ真夏の景色を描いていますが。

平和公園の銀杏には実が付いてきましたね、季節は静かに進んでいます^^

DSC04624

陽はまだまだ強く照り付けていますが吹く風は心なし爽やかになってきたようです。

でも・・・あじぃ~ですね~。


バイクブログ参加中→

26℃

DSC04622

今日の朝は涼しいというより肌寒い感じですねぇ。台風10号の影響で冷たい空気が流れ込んでいるらしい。

まぁこの涼しさも午前9時を過ぎればあっちっちに戻るのでしょうけど・・・・ね。

ところで楽しく遊んだあとの片づけは大変ですね~、ボ-ト遊びは撤収も大変だけど・・・・・。

DSC04619

水洗いと砂落としは面倒ですね~、車の中も砂だらけ駐車場も海水浴場のシャワ-室みたいになってます・・・(;’∀’)

なんとなく準備とエントリ-と撤収のコツの様なものは分かりましたけど、それでも大変。

オカッパリとボ-ト釣りはバランス良くやらないと持ちませんね・・・・。


バイクブログ参加中→

クロモリシャフトなお話

DSC04586

鈴鹿8耐が終わったからかも知れませんがBOのゼロポイントシャフトが予定の納期より随分早く入荷いたしました^^

まぁそんなこんなお話ですが・・・・。

先日、お客様からある所でこんなコメントを見た・・と・・質問を受けました。

ある方がフロントのアクスルシャフトの曲りに気が付き、この機会にクロモリシャフトに交換しようとショップに相談したところ・・・・

ショップのメカニックから何故STDのアクスルシャフトが曲がるのか分かりますか?
クロモリの様に一部だけ剛性の高いものを使用すると周辺との剛性バランスが崩れもしもシャフトが曲がらなかったら如何なっていたと思いますか・・・・と。

まぁホイルベアリングやハブ、フォ-ククランプにダメ-ジを受けていた・・・・みたいな事でしょうか。

と言うか曲がったシャフトを抜き取る場合、逆にダメ-ジが加わると思いますけど。

またクロモリアクスルシャフトを装着した事が原因でホイ-ルベアリングが破損した方も居られるらしい。

ショップに相談したらこんなもの(クロモリシャフト)公道で使用するからこんなに事に成る、なので保証は出来ないとの対応だった・・・とか? クロモリシャフトは何処で購入したのでしょうか?他のショップで購入したのでしょうか? 何方のお話も何だかつじつまの合わない話ですね。

DSC04588

そもそも何故STDのアクスルシャフトが曲がったのでしょうか?アクスルシャフトが曲がるような衝撃はまずホイ-ル、フロントサスペンションに加わり結果としてアクスルシャフトが変形したと考えるのが普通ですが・・・・シャフトだけ曲ったって・・・・(-_-;)

とは言え私自身が車体の設計が出来る訳もなく金属の知識も深いわけではありません。

またよく耳にする話はBMWモタ-ドのホイ-ルは割れるより曲がる方が安全と言う観点から熱処理法が焼鈍処理である・・みたいな・・ただし、本当のところは存じません。

フェイルセ-フやフォ-ルトトレラント的な考えに基づいているのだろうと思いますけど。

兎に角、専門家の意見を聞いてみようと。

yamahams010

仕事柄バイクメ-カ-の設計さんや地域がら金属の専門家さんと親交があり、色々とご意見をお伺いいたしました。

その中でかつて一世を風靡したSSモデルのホイ-ル設計担当の方に色々と質問してみました。

まずアクスルシャフトに関して大型車の場合炭素鋼を採用することが多く欧州車ではクロモリを採用している機種も有るそうです。

またこの箇所に関して折れるより曲がる方が良いという考え方もなく曲がらない折れないが基本だそうです。

衝突などによる衝撃試験は4輪車の様な形で行う事は少なく業界ではHONDAさん違った意味で実施しているだけで衝突実験によるアクスルシャフトの具体的デ-タ-は無いらしい。

無論、シャフト単体の試験デ-タ-は有るとのことです。

またアクスルシャフトが変形するような衝撃を受けた場合、先ずはタイヤ・ホイ-ルにダメ-ジが加わりそしてフロクトフォ-クなどにダメ-ジが至ると。

DSC07565

またアクスルはサスペンションを構成する剛性部材の一つなので、高い剛性・強度が求められる。

またホイ-ルベアリングの破損はある程度の精度を担保しているクロモリシャフトに起因することは考えられないとも言ってました。

もしもアクスルシャフトの不具合が原因でベアリングにダメ-ジが有るとするならその場合、炭素鋼とかクロモリとかと言う材質に起因するとは考えられないとのご意見でした。

とまぁ、私がいつも考えている事と同じ答えで、まぁそりゃそうだって話です。

通常走行の場合、路面からの衝撃はタイヤ、そしてサスペンションシステムが受け持つ、つまりはショックアブソ-バ-であって衝撃緩衝を受け持つのはアクスルシャフトではなくシャフトはシャフト。

参考までに四輪車の開発の知人にも聞いてみた。

例えばハブ周りの場合、ホイ-ルスタッドボルトやバブや軸がサスやハブベアリングやその周りの保護のため意図的に剛性を落とすことは有りえない、それこそ重大な事故につながる、某社のリコ-ル隠しでも解るでしょって話でしたね。

金属の専門家の話も参考までに記しておきますが、クロモリ鋼はそもそも機械的性質に優れ剛性、強度ともに高く且つ靭性に優れるため適度なしなりが発生し振動の吸収性にも優れる。

また加工性に優れるため高精度で仕上げることが比較的容易であると仰ってました。

故に自転車やバイクのフレ-ムに好んで使用されているし航空機の脚部品、エンジンの部品にも多様に使われています。

恐らくクロモリシャフトに置き換えてメリットとして現れるのは高剛性、高強度を持ちながら靭性が高く高い精度で加工することが可能である事ではないかと個人的には考えています。

DSC04458

とは言え・・・・・

別に私はクロモリシャフトをメッチャ推奨しているわけではありませんしクロモリシャフトはPEO社だけでなく色んな会社が製造販売しています。ラジカルさんや有名処ではビト-R&Dさんとか有名ですよね。

PEO社との取引も決して特別な条件でもなく、どちらかと言えば商売としては旨味がない方です(;’∀’)

長い記事になりましたが商品として取り扱っている以上、ポジ・ネガをキチンと説明する責任があるとのご指摘もあったので出来る範囲で調べた次第です。

まぁネガは重くなることですが、レ-スなどでは場合によってアクスルシャフトにタングステンのバラストを仕込むこともあります。

なので重いイコ-ルNGと言う訳でもありませんからねぇ。

まぁシャフトに限らず剛性や強度が高すぎて問題だと言うならマルケジ-ニの鍛造ホイ-ルなんて・・・・ヤバイぞって話に成りますね・・・ご安全に!


バイクブログ参加中→

2016.08.23

風速1m

DSC04601

 

DSC04602

台風10号が南下中、離れているとは言うものの海は繋がっていますから・・・・

遠く離れた地震の波動は太平洋を渡りそのエネルギ-が津波となって解放されるまで収まることは無かったりします。

なので今回も進水式は中止かなぁ・・・と思っていましたが、気象庁の予測では風予想は1m。

取りあえず湾内だけでも浮かべてみようかと現地へ。

早朝の海辺は静かなもので念願の進水式を実行しました^^ が・・・・しかし・・・・・。

DSC04603

風はないもののうねりが入っていて湾内から出るのは難しい状態なので・・・岸辺で竿だし・・・・(^^;

岸からも十分狙える距離ですが、いつもと違った景色で楽しいですね~、魚は全くつれませんけど・・・・。

DSC04605

そんなうねりに揺られているうちに波も無くなり・・・・念願の無人島に向けて取り舵一杯~~~ヨ-ソロ-♪

ト-ハツの2馬力エンジンは中々元気がよくハイガ-のインフレ-タブルボ-トも安定性は高いですね!

そして何時も双眼鏡で覗いていた無人島に到着、かなりの水深ですが透明度も高く魚影も濃いです。

DSC04608

掛かった魚が見えるし、その魚についてくる良いサイズのハタやヤズの群れ、そしてヒラアジの姿も確認。

大きなクラゲが漂っていて傘の中には小魚の群れが付いていました、画像では分かり難いのですがここが近場だとは思えない景色に感動^^

DSC04607

釣れる魚も季節柄、南方系の種類が多く珍しいものばかり見たことがないようなでかいベラ系やメ-タ-級のエイがヒット。

キ-プしたのは堤防では滅多に釣れないサイズのマダイを2尾だけ。青物は次回までお預けですね。

DSC04610

風予報は正午から4mに成るとの情報だったので早めに撤収、湾内に戻るころには海も時化てきて・・・・この辺の判断は大切ですね。

それにしてもボ-ト釣りは楽しいですね♪ まぁ準備と片づけは重労働・・・・かなりきっついですが・・・・・

それだけの価値はありますね。

DSC04606

誰もいない海原、そこでしか見られない自然の景色、釣りだけではない海の世界が広がっています。

ただし、ご安全にを忘れることなくヨ-ソロ-(^^)/


バイクブログ参加中→

S21 to CBR900RR

DSC04589

あまりタイヤの選択肢のないフロント16インチのCBR900RR

欧州メ-カ-には既にラインナップは無く、とっととドロップしていて今後、新たにラインナップされる事も無いでしょう。

しかし、ブリヂストンさんは確りNewS21シリ-ズにラインナップされています、この辺りが日本のメ-カ-の心配りというところではないかと思います。

社風に漂う理念・・・・の様なものにも違いは感じることができますね。まぁ企業的にどちらが良いと言う事も出来ませんが。

ところでS21はリアのプロファイルの形状について若干、アレでありますがメガスポ-ツとの相性は良好です。

DSC04591

GSX1300RやZZR1400のオ-ナ-さんからは高い評価を得ているようです。

そもそもキビキビと動く車体ではないしタイヤの特性と上手くシンクロしているのかもしれませんね、タイヤライフもブリヂストンさんが謳っているようにビシャっと30%程向上しています、

乗り心地などのコンフォ-トもかなり向上しており、その辺りが評価されているのだと思います。

因みにフロント16インチのCBR900RRとの相性は如何なのか?

あくまでも目視からの考察ではありますが120/70ZR17の様にラジアスの変更は成されていないようで、これはテストの内容という意味から考えてS20EVOをそのまま踏襲しているのではないかと。

DSC04590

それから考えると変更されたリアのラジアスとのバランスはある意味バランスは良いかもしれません。

セルフアライニングトルクの反転が比較的早い16インチの補正的なバランスは17インチよりもナチュラルに働くかもしれません。

まぁ想像の話なので何とも言えませんがオ-ナ-さんの評価が楽しみですね♪ ご安全に!!

 

ブログランキングに参加しています! ポチっと応援、宜しくお願いいたします(^^)/


バイクブログ参加中→

2016.08.21

ブラックナイトロン to モトグッチV7クラッシック

DSC04584

カタログにはラインナップされているものの特注品扱いとなっているブラックナイトロン。

V7クラッシック対応品が特注品という事なのでしょうか?価格も特注品価格ですねぇ・・・・。

同梱の但し書きにも通常ラインナップ品では無いので取り付け確認は出来ていない、取り付けには加工が必要となる場合もありますと・・・・(;’∀’)

では特注品の意味は如何に・・・みたいな。

兎も角、全長400mmのロングなショックアブソ-バ-、かなりレイダウンされて装着されています。

ツインショックとは言え取り付けはリアホイ-ルを周りを半解しリアブレ-キのキャリパ-サボ-トを交わすなどの手間が掛かりますが・・・

DSC04582

と言うかショックアブソ-バ-の下側の取り付けボルトの頭は完全にキャリパ-サポ-トと干渉しておりガッツりカジってます。

これでいいのか? 機能的には問題ありませんが、なんだか気持ちが悪いので追加工。

ビシャっと装着完了^^

DSC04585

ところでフロントフォ-クの取り付け長の変更と、フロントフェンダ-も交換のご依頼も頂きましたが・・・・。

見た目はスタビをちゃちゃっと外してちゃちゃっとフェンダ-換装ができそうですが・・・少々手間が掛かりますね。

またフロントフォ-クの取り付け長変更もメ-タ-周りを解かないとクランプボルトにアクセスできないんですよね~。

フロントフォ-クはモディファイ済みなのでリアのブラックナイトロンを合わせる形てセットアップ。

え~感じに仕上がったと思います♪ ご安全に!!

 

ブログランキングに参加しています! ポチっと応援、宜しくお願いいたします(^^)/


バイクブログ参加中→

2016.08.20

10月23日(日曜日)親子バイク教室参加者募集!

CRW_0025_RJ

ちょっと早いのですが秋の親子バイク教室の参加者募集を開始いたします。

今回は日曜日開催と言うこともあり、早めのお申し込みが良いと思います。

親子バイク教室はAM9;00、10:00、11:00の3ク-ルを実施致します。

募集人数は各6組、合計18組になります。

講習時間40~60分

CRW_0061_RJ

【参加資格】

5歳以上のお子様で自転車に補助輪なしで乗れる事。
※年齢の上限は設けていませんが、中学生程度までが限界だと思います。
必ず保護者同伴で参加できる事。
ヘルメットやプロテクタ-はこちらで準備しておりますので、長袖、長ズボン、スニ-カ-等、バイクに適した服装でお越しください 。

参加料は1名1組3700円、同日に2回以上受講される方は2回目以降3200に成ります。

主催北九州カ-トウェイ

参加申し込みは北九州カ-トウェイ迄、直接お願い致します。

北九州カ-トウェイ TEL093-741-2005

http://kitakyushukart.co.jp/k2.htm

以上、たくさんのご参加をお待ち申し上げております。


バイクブログ参加中→

なんじゃ・・・こりゃ。

DSC08780

日本近海に台風が3個発生したようですが・・・・この進路は・・・・なんじゃこりゃ・・・・ですね-。

台風が混雑してます(*_*;

310261-WID

珍しくないですか?台風10号ライオンロック、なんか強そうな名前ですもんね~。

んん~~しかも22日に九州最接近の予想ですね。 この辺りにも影響はあるでしょうねぇ・・・残念ながら・・・・

また延期かな~進水式。


バイクブログ参加中→

Next »