2020.01.19

POWER5メディアの評価

各雑誌でPOWER5のインプレが記事に成っていますが、んん~・・・・・。

多くの記事の内容はPOWER RSを上回るパフォ-マンスの進化というような内容ですが少し違うかなぁ~。

そもそも向いてる方向が異なります。

POWER RSはハイパ-スポ-ツとしてのサ-キット走行も含めたパフォ-マンスとストリ-トでの使いやすさの両立を目指したものですがPOWER 5はストリ-トでの要件を100%としてストリ-トで必要のないパフォ-マンスは削除し公道要件に特化したモデルです。

なのでドライでの絶対グリップや応答性はPOWER RSに劣ります、大してウェットグリップやコンフォ-ト性、耐摩耗性はPOWER RSを大きく上回ります。

ハンドリングもPOWER RSはクイックでPOWER 5は何方かというとマイルドです。似て非なるものと言えばよいのかな・・・(^^;

幅広い機種との相性や誰にでも扱いやすくあらゆる走行環境でも安定したパフォ-マンスを損なわない安全安心を柱としたストリ-トスポ-ツタイヤです。

評価はジャ-ナリストさんの感性や経験値によるところも有りますが松井勉さんのインプレが一番キャラをよく伝えられていると思います。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191223-00010000-bikeno-bus_all


バイクブログ参加中→

カ-ト導入・・・

ヘルニアが疑われる・・・きなこ。

医師からは安静にと言われていて暫くはお散歩も禁止なんですね~。

でもねぇ、少し調子が良くなってきた様でかみさんが外から戻るとピョンピョンはねて大はしゃぎ(^^;

散歩にも行きたい様で・・・・

珀だけを散歩に連れて行こうとすると物凄くいじけてしまいます・・・・如何したものかと・・・・。

でもって思案した結果カ-トを導入^^

でもねぇ、やはり自分の脚で歩きたいようでカ-トの淵に顎を載せて遠い目をしています・・・・。

もう暫く辛抱してね。


バイクブログ参加中→

POWER 5ストリ-ト編

大枠のインプレッションはテストコ-スの評価と大きな違いは無いもののMICHELINがストリ-トスペシャルと謡っていることがなるほどと理解できる。

ストリ-ト評価を実施した日は路面温度が5℃以下で山口の山中ではみぞれ交じりの小雨が・・・・(;’∀’)

な~しかっちゃ!

なんて思いつつ様々な路面状態が点在するMyテストコ-スをじっくりと走行。

まずハイスポ-ツセグメントに良くみられる極低速付近で安定性が無くフラフラするというような点は皆無、仮に渋滞に捕まったとしても余計な神経を使わずに済む。

冬場にこの様な状態を強いられて突然と流れ出す、もしくは脇道に逃げてそのままペ-スアップしてもウォ-ムアップ性は抜群でタイヤそのものが低温でも十分グリップ力を発揮する。

これは近年進化が著しいナノシリカとカップリングテクノロジ-の恩恵と言えるでしょうね、安全性という点では特筆に値する。

ステア-特性は市街地でもワインディングでも低速から中速まで軽快且つ安定性に富み接地感も高く安心感が非常高い。

運動性そのものはCUP2とは対極にマイルドなものでツ-リングでも疲れ知らずでワインディングでもフレンドリ-なもの。

ここからがPOWER 5のもっとも優れたところですが荒路、酷路での走破性は抜群で細かなギャップやバンプの減衰性はすこぶる高くエンペロッピングパワ-はこのセグメントのタイヤの中では比類なきもの。

グル-ビング路面でもレ-ルインは皆無。

またそのような条件下でもグリップレベルは一定を保ちコ-ナ-リング中のギャップバンプもサラっといなす。

ウェットでもドライの接地感はそのまま持続し濡れてんの?って位ウェット性能は抜群です。

絶対的なグリップレベルを追求したモデルではなくあらゆる条件下でも安定したパフォ-マンスを持続する能力の高さこそがPOWER 5ではなかろうか?

またライトクラスからメガスポ-ツまでフィットするパフォ-マンスも特徴と言えるでしょう。

やんちゃ坊主かというと大人しいといった方が良いかもしれませんがジェントルなハイスポ-ツタイヤですね~。

実は第一印象でチラと脳裏をかすめたのは・・・似ている・・・・何処かのあのメ-カ-のタイヤととってもよく似ている・・・(^^;

人気の高い我が国が誇るメ-カ-のスポ-ツタイヤですが前後のバランスや公道ではこうあるべきという姿勢が似ている。

真似たのか結果としてたどり着いた答えが同じような場所だったのか私には分かりませんが良いライバルに成りそうですね!

 

ブログランキングに参加しています! ポチっと応援、宜しくお願いいたします(^^)/


バイクブログ参加中→

2020.01.18

午後は開店休業かな・・・(^^;

雨がひどく成って来ましたね-。

午前中にご予約頂いていたお客様はこの雨の中ご予約の時間より1時間近く早くご来店。

雨雲レ-ダ-を信じて雨のやみ間に・・・・確かにその間は雨は上がってましたけど。

最近は本当に便利なったというか色んな情報がスマホ一つで手に入れられるという・・・少し前の時代ならSFですよね(^^;

まぁどっちにしても午後からは開店休業必至ですね。。。。。


バイクブログ参加中→

POWER2CT今年もキャンペ-ン継続中~!

未だに人気が衰えない超ロングセラ-タイヤ、もうすぐギネスに登録されるとかされないとか・・・・嘘です(^^;

ギネスに登録はされませんが地道な仕様変更を重ねながら現在に至る不朽の名作。

今年もキャンペ-ンを地道に継続いたします(^^)/

POWER2CT
A)120/70ZR17 & 180/55ZR17 B)120/70ZR17 & 190/50ZR17 C)120/70ZR17 & 190/55ZR17
上記何れのセットも工賃税込みで47800円!!


バイクブログ参加中→

週末なのに・・・

 

 

雨ですね~、お引き渡しにお預かり・・・・タイヤ交換のご予約等々・・・・・一週間ずれるかもですね~。

恨めしい雨じゃっど。


バイクブログ参加中→

WR250X健脚完了

大分からご来店のお客様、以前ZX10Rの健脚を承りましたが今回はWR250Xの健脚。

かなり手が入った車両でホイ-ルもゲイルスピ-ド、フォ-ク周りの補強パ-ツやリアには汎用品をカスタムしたOHLINSが装着されています。

今回はフロントフォ-クの健脚とステム周りのメンテナンスになります。WR250Xの健脚はこれまで数台実施しているのでデ-タ-は豊富です。

リアに装着されているOHLINSの感触は初めてなので手押しで確かめつつフロントの仕様をプランニング。

前後のバランスはとても重要なので補強が入ったフォ-ク周りも考慮してこれまでのWR250Xとはやや異なる仕様に変更。

セットアップの範囲を更に追い込める余裕を与えた上でベ-スとなるセットアップ。ディメンジョンも変更し健脚は完了。

ところでステム周りのメンテですがベアリングはテ-パ-ロ-ラ-が採用されています。

にしてもこんなにグリスをケチらなくてもって感じ。クリ-ンナップした上でたっぷり塗布・・・・良い加減に締結して完了です。

良い感じに仕上がってますよ!ご安全に!!

 

ブログランキングに参加しています! ポチっと応援、宜しくお願いいたします(^^)/


バイクブログ参加中→

2020.01.17

CUP EVO如何でしょう・・・

2月末までは現行モデルの中ではMICHELINのハイエンドモデルですが・・・・

目の前にCUP2が立ちはだかり・・・・何だか悲し気なCUP EVO(^^;

ハイグリップタイヤとして評価も高くイベントレ-スでも勝利を収めていますがサ-キットでは超少数派。

まぁそんなCUP EVOの在庫が1セットございます。

サイズは120/70ZR17&190/55ZR17です、この際買って頂ける方が居られましたら工賃・税込みで55000円!!

前後サスのクイックアジャスティングもオマケいたします。如何でしょうか・・・・・宜しくお願いいたします。


バイクブログ参加中→

準備中~♪

何時もの朝トレコ-ス沿いのソメイヨシノも春に向けて着々と準備を進めていますね^^

といっても準備完了まで2ヶ月位かかりそうですが・・・・。

待ち遠しいですね~、今日は冬らしく寒いし。まだ1月・・・・春まで先が長いですねぇ。

釣りにも全く行けてないし冬はつまらん。


バイクブログ参加中→

CUP2インプレッションNo,2

先ずはNo,1でコメントした通りセミレ-シングと言っても間違いではないこのセグメントのタイヤとしては低温側でもコンパウンドは十分に活性し・・・

まぁミシュランのストリ-トタイヤらしからぬガッチリとしたグリップ感。

実グリップレベルも岡田忠之氏をもってビックリしたと言わしめるほど路面に張り付くような強力なものです。

故に市街地では多少ステア-に重さを感じるかも知れません。

しかし一度ワインディングやコ-スで積極的に操作すればフロントは低中高速域のどの場面でもニュ-トラルで軽快且つ適度な安定性を損なわない。

切り返しもバンキングレスポンスも俊敏でフルバンクまで一気に倒し込んでも限界付近でピタっと安定する。

メリハリの効いた操作は必要ですがロ-ドゴ-イングスリックタイヤと評しても過言ではないパフォ-マンス。

旋回は回頭性に関してニュ-トラルですがクリッピング以降の2次旋回ではリアタイヤの垂直軸が外側に振り出されたような感覚でとてもタイトに旋回する。

またかなり強くブレ-キングしつつバンキングを開始してもこれまたニュ-トラルさは損なわれずタイトな進入も問題なし。

立ち上がりはアクセルで旋回する感覚でトラクションの与え方次第でラインの自由度もフレキシブル。

例えばスイングア-ムのタレ角を増やしアンチスクワット効果が高まったかのような感じと言えばよいのかな。

またこのクラスにしてはコンフォ-ト性も優秀で小さなバンプやギャップの吸収性は良好、が縦方向の段差などはタイヤ剛性が高いが故にやはりドンとした衝撃は受けることに成ります。

それでも外乱の収束性は高く特筆すべきはコ-ナ-リング中のかなり深いバンク時でも同じく外乱の収束性は抜群。

それらも含めたコ-ナ-リング安定性、バンク保持性は素晴らしい。

基本、公道走行可としたファンライドモデルですがファンライドを超えたファンライドと言って過言ではありません。

トラックでも高い戦闘力を発揮するのは間違いないと思います。

サ-キットを走るならRACINGタイヤだろうと言っていたミシュランさんがねぇ・・・・と言いたくなるハイエンドモデルですね。

耐摩耗性に関してはスパコルより多少優れる程度で期待は出来ないと思います。

具体的な距離数は特にこのクラスは使用環境によるところが大きいので数値を具体的にというのは控えるべきかと。

個性は主張してきますがフレンドリ-なモデルでも有ります、がしかし機種とのマッチングに関しては限定されると思います。

現行モデルのCUP EVOよりも更にトラック要件にシフトしているが故にのお話ではありますが・・・・

まぁSSモデルであれば問題はありません。MyS1000RRともNewZX10Rとも抜群の相性でしたよ~。

ご安全に!!

 

ブログランキングに参加しています! ポチっと応援、宜しくお願いいたします(^^)/


バイクブログ参加中→

Next »