« | »

2018.09.16

POWER RS to GSX-R1000

福岡からご来店のお客様、3年ほど前に健脚を行った車両ですが点検もかねてクイックキャンペ-ンをご利用頂きました。

年数は経っていますが走行距離は僅かです。

フロントフォ-クに関しては若干のリ・アジャスティングでOK。

リアに関しては状態を確認する為、極端にアジャストして生きているのかダメなのか・・・・結果は微妙(^^;

全く減衰が変化しないわけではありませんが・・・そろそろ限界かも知れませんねねぇ。

兎も角もセットアップ、お客様の評価は随分改善したとの事で及第点。まぁPOWER RSも効いているとは思いますが。

ところでお客様からのご質問でPOWER RSの位置付けは?スパコルSPのようなハイグリップタイヤなのか? みたいな。

何度も記事にしておりますがPOWER RSは公道大前提でストリ-トで必要とされる要件を最大限にまとめたハイスポ-ツタイヤです。

サ-キットでもそれなりのパフォ-マンスを発揮しスパコルSP並みの能力は発揮しますが持続力は高くありません。

サ-キットに特化したキャラではないのでやはりタレが早いのは止むをえません。

なのでサ-キットに重きを置いたモデルで公道も走行可といったセグメントのタイヤとはキャラが全く違います。

故に極特殊な条件での使用ではネカも出るという事でもあります。要は大多数のユ-ザ-のニ-ズに向き合い開発しているという事です。

例えば公道を前提とし低ミュ-路での摩擦力、温度依存度、耐摩耗性、コンフォ-ト性、性能保持力、ウェット、癖のないニュ-トラルなハンドリングなどに優れる。まぁロッコルⅡの様にスパルタンではないので物足りないという向きもあるでしょう。

それでも走行会レベルでは過不足なく十二分に楽しめるタイヤです。あくまでも公道重視で誰にでも操れる気難しさのないハイスポ-ツタイヤそれがPOWER RSです。

POWER RSクイックキャンペ-ンご利用、有難うございました!http://blog.reira-sports.com/?p=29193

 

ブログランキングに参加しています! ポチっと応援、宜しくお願いいたします(^^)/

コメント

No comments.

Comment feed

Comment





XHTML: You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

CAPTCHA