Home > 4月, 2019

2019.04.19

晴れのち曇り

何時もの朝トレコ-スは行きは良く晴れていたものの戻る頃は曇ってきました。

平和公園は緑も茂り八重桜は満開ですね、朝日に照らされて見目麗しき♪

ところで今年前半の出張もようやく終わり・・・連休前にやっと平常運転。

因みにCUP EVOのサ-キット走行の確認、適正空気圧やその他諸々の確認に行ったのですが、ドSTDの390デュ-クはフロントが高くてフラフラと・・・

リアのバリアブルピッチのスプリングもストリ-トでは悪くはありませんがサ-キットでは早々に線間密着を起こして尻下がりでパツンパツン(^^;

まぁタイムはそこそこ・・・今度は足回りを確り合わせ込んで走りたいですね~。

肝心のCUP EVOは想像以上に優秀です、ストリ-ト要件を落とし込んでいる割にトラックでのパフォ-マンスはSPタイやに匹敵するほどというか十分にコンベティブ。

詳しくは後日レポ-トしたいと思います(^^)/

バトラックスS22私的インプレッション

各メディアさんでもS22のインプレが掲載されていますが・・・いやぁ私の印象とはかなり違っていて書きづらい・・・(^^;

先ずS22のタイヤケ-スはS21と同じでありアップデ-トされたのはトレッドデザインとコンパウンドのみ。

試走する前からS21とそんなに変わるものなのかとの疑念はありましたが、やはりというか基本的なキャラクタ-に大きな差はないとの印象です。

確かにトレッドラバ-の変更でグリップ感、接地感は1,5ポイント程向上しており市街地でのハンドリングは軽快且つ安定感が上手くシンクロしており好印象。

やや軽快過ぎるフロント側のステア-特性をラジアスを大きく取ったリアが適度に規制しておりオ-バ-タ-ニングモ-メントが上手く機能してると言えます。

これはグリップレベルを底上げされたコンパウンドも相まって秀逸。

ワインディングでも低中速域でサラっと流すレベルであれば軽快感と安定感が程よくバランスしており安心感も高い。

グリップレベルも粘着感が有りS21と比較してもググっとなっ!てな感じですね。

しかしある程度追い込んだ操舵を行うと例えばバンクし始めはフロントが敏感に応答し旋回しようとするがリアが粘り結果バンキングスピ-ドは遅れキャンバ-スラストが最大に至るにル-ズですねぇ。

バンクしてしまえば保持性も高く安定性も高い。

しかし旋回曲率は大きく決してクイックではない、よく言えば穏やかですがこのセグメントとして評価すればdullですね。

切り返しも鈍く重ステです、兎に角リアが粘りすぎ。

またBSさんの解説にあったバンク時の接地面内に常に溝が存在しその溝によってトレッドが撓みプロファイルが尖る方向で変形し結果旋回性を高めるウンヌンは全く確認できせんでした。

むしろ接地面内にある溝が撓み接地面が斜め後方に微増に延びるとともに溝によってねじれたトレッドがねじれの寄り戻しによってS21で発生していたプッシュアンダ-とフロントの巻き込み感を制御している・・・

また凝着摩擦力を高められたコンパウンドも相まって旋回時の安定性に寄与していると・・・感じました。

しかしプロファイルの変形コントロ-ルはケ-スそのもので行うべきで僅か4mm弱の溝でどの程度変化させることが出来るのか?

またこの様な手法だと磨耗による特性変化は大きくなるのではないか?偏摩耗の原因にもなるのではないか等々疑問が残る。

そもそも溝がショルダ-まで配置されたツ-リングモデルは同じ効果を狙っているのか、もしも効果的なのであれば更に上位のRS10やRACING SLCKのショルダ-にある程度のグル-ブは有効なのか・・・等々私のボンクラな能では理解が出来ません(^^;

そもそもプロダクションレ-ス等のレギュレ-ションによる溝付きタイヤの場合でグル-ブに工夫を施すのは分かりますが。

総評してドライでのステア-はdullで旋回曲率は大きい、ライントレ-ス性は一発で決めないと自由度は低い。

よく言えば穏やかで扱いやすい、市街地やツ-リング途中のワインディングを流す程度であれば非常に優秀。

また尖がったSSモデルに装着しマイルドな感じにすることも可能でネガをポジに置き換えるといった・・・ちょっと違った意味合いで優秀ともいえると思います。

しかし!ウェット性能はとても優秀でリアのワイドなラジアスとアップデ-トされたコンパウンド、そしてショルダ-に追加されたグル-ブはウェットでのブレ-キング性能は恐らく同セグメントの中でもトップクラス。

またウェットでのコ-ナ-リング性能はドライではdullな点が逆に利点となりニュ-トラルでコントロ-ル性も高いものにしています。

ウェット性能はかなりのハイレベル。

セグメントは異なりますがロッソコルサⅡとは真逆の特性といってよいですね。

またロッソⅢやPOWER RSを凌駕したというのは聊か言い過ぎだと思いますよ~、まぁウェットは負けてると思いますが・・・。

グリップレベルがとっても高い良くできたスポ-ツツ-リングタイヤ的な・・・私はそんな印象です。

あくまでも個人的な感想で、感じ方には個人差がある事を前提としたインプレでございます(^^;

 

ブログランキングに参加しています!  ポチっと応援、宜しくお願いいたします(^^)/

2019.04.18

ROAD5 to MT09トレ-サ-

MT09&MT07の販売は好調の様ですね!当店にご来店のYAMAHAユ-ザ-さんの中では最も多いと思います。

デビュ-時の戦略が功を奏したようですね、手ごろな価格とプライス以上の高性能とイメ-ジ戦略。

但しコストカットのしわ寄せは足に来ているのは確か(個人的感想です)

なのでオプションをご準備しておりますって所だと思いますが・・・フロントフォ-クに関してはウチの健脚で十分対応できます。

リアに関してはお客様も心配しておられましたがリンク周りのメンテは必須かと。

ほぼすべてのMT系のリンクシャフトは電蝕を起こしてます、またOHLINS投入もお値段以上の効果は太鼓判。

オプションよりもクオリティ-はかなり高いと思います。

お客様ご指名のROAD5を交換しつつ・・・そんなお話をさせていただきました。

ところで新規車両の開発費の中で約50%を占めるのがOEMタイヤの開発費、ホントかよって思われるかもしれませんが概ね間違いありません。

車両メ-カ-の関係者の中にもコストがかかる割にOEMタイヤの評価は低く・・・そうであればREPで対応したほうが良いのではないかとの意見もあるようです。

今回のお客様もまだまだバリ目のOEMはもう我慢がならんと交換に至った訳で・・・・(^^;

かなりの費用を掛けて構造やラバ-を変更し・・・結果・・・残念になるのも如何なものかと思っちゃったりしますねぇ。

因みにMT09のOEMと比較しROAD5は比較にならない程幸せになれると思います!ご安全に!!

 

ブログランキングに参加しています! ポチっと応援、宜しくお願いいたします(^^)/

 

2019.04.17

R80 健脚

オ-ナ-さんご自身が手を加えられたR80、とても美車ですね~。

フロントフォ-クはショウワ製で有名なサスペンションチュ-ニングショップでモディファイされている様です。

が・・・しかし、どうも動きが渋く・・・更に入りがとも悪いと。

リアはOHLINSのショックアブソ-バ-にレ-ト違いのナイトロンスプリングを組んだハイブリット?

この状態からリアのセットアップとフロントフォ-クの健脚を承りました。しかし、この年代の健脚って迷いますねぇ。

この年代のこのセグメントにそぐわしい上質な脚に仕上げるという事に成りますね。ソフトでしなやかで・・・・みたいな。

先ずリアに関してはソフトすぎる気もしますが圧側、伸び側の減衰調整の見直しでバランス的にはナイトロンのスプリングを生かす感じ。

そしてフロントフォ-クですがスプリングはオ-ナ-さんのご希望でバリアブルピッチからシングルレ-トに換装。

既に組み込まれているナンチャラバルブを残したままウチのモディファイを実施し組み立て、車体に装着・・・

これが・・・ストロ-クが超渋い・・・戻って来~いって感じ (^^;

またまたバラして各部のチェック、どうやら悪さをしているのはナンチャラバルブの様で取り外して組み立て。

チェック・・・チェック・・・間違いなくこのバルブが原因ですね、動きが渋く入りも悪い、突っ張った感じというのはコレっすね。

バルブを取り除いて再構築、車体に装着し確認。とってもよく動くようになりました、しなやかに動くし。

前後のバランスも良いと思います。やはりフリ-バルブタイプはシンプルに考えることが肝心ですね。

R80健脚完了です!ご安全に!!

 

ブログランキングに参加しています! ポチっと応援、宜しくお願いいたします(^^)/

2019.04.16

臨時休業のお知らせ

明日17日~明後日18日まで出張のため臨時休業に成ります。今年前半は最後の出張に成りますが・・・

19日からは平常の営業に成ります。

ご不便をお掛けいたしますが宜しくお願いいたします<(_ _)>

やっぱりロッジ♪

昨日は久しぶりに門司のステ-キハウスロッジに肉ば食べに(^^)/

もう30年のお付き合いに成りますがやっぱ美味しいな~、お店の場所が変わって遠くなってしまったのが残念。

ご近所の時はしょっちゅう行ってましたけど・・・まぁ門司もそんなに遠くはありませんが・・・・

ある意味遠い。

 

Z1000健脚完了

遥々香川からご来店のお客様、フェリ-ですかとお伺いしたら香川からだと逆に遠いのだそうで高速道路をひた走ってご来店に成られたそうです。

承った健脚メニュ-はフロントフォ-クのモディファイとリアにOHLINSの装填。

因みにZ1000のフォ-クは片側バネだけ使用のBPF、BPFの中でも最大の強敵です・・・(^^;

またインナ-チュ-ブにも浮錆が有りかろうじて手研磨で何とかできるレベルでしたが微妙ではありますねぇ。

見た目はピッカピカに成りましたが触診ではわずかな凹凸が感じられますが・・・恐らく大丈夫だと思います。

ところで片側のみ減衰機能が搭載されたBPFは手押しのチェックはかなり想像力を膨らませないとなりません・・・・

まぁそれも経験ですが・・・片側のみの減衰という事を頭に叩き込んであれやこれや、良いデ-タ-も取れました。

リアに関してはオ-ナ-さんが確りメンテナンスされているようで全く問題なし、分解チェックの上グリスアップを実施して組み立て。

前後を車体に装着後、改めてセットアップ。

姿勢に関してはこれまたオ-ナ-さんが変更されているのでその姿勢で維持。要点はしっかり押さえられていますね。

但しフロントのプリロ-ドは掛け過ぎなので適正に調整、Z1000健脚完了です! ご安全に!!

 

ブログランキングに参加しています! ポチっと応援、宜しくお願いいたします(^^)/

2019.04.15

S22第一印象は・・・

扱いやすいと言えばその通りですがハイパ-スポ-ツとしては物足りないという印象。

グリップの良いツ-リングタイヤ・・・的な(^^;

まぁ詳しくは後日レポ-トしたいと思います。つか・・・やっつけられてはいませんねぇ・・・・。

POWER RS to CB400SF

最近、少しづつではありますが増加傾向にある若いお客様^^

S22とPOWER RSで迷っておられましたが・・・POWER RSに決定。

何方が如何とは言えませんがテストコ-スやサ-キットの試走で私自身CB400SFをライドすることも多くPOWER RSとの相性も適正空気圧もしっかり確認済みなのでアドバイスできるという点ではメリットは大きいと思います。

因みにHSR九州の走行では同じHONDAのCBR400RよりもCB400SFの方が追い込んだ走りが可能です(個人的意見)

まぁ指定空気圧が異なるので単純比較は出来ませんが・・・・同じミドルクラスなのに如何してこんなに指定空圧が異なるのか謎ですけどね・・・設定された時代ですかね(^^;

CB400SFが誕生した時代背景や進化の道のり等、完成された素晴らしいス-パ-ミドルだと思います。

兎も角も私の個人的デ-タ-もご提供、CB400SF&POWER RSには最適な空気圧だと思います。ご安全に!

 

ブログランキングに参加しています! ポチっと応援、宜しくお願いいたします(^^)/

2019.04.14

S22

エス姉々・・・じゃなくてエス兄々・・・でもなくてS22   うちな—かっ! (^^ゞ

それは兎も角、BSの方からS22の技術解説(の様なもの)を伺ってその横顔も詳しく解説して頂きましたが。

ボンクラの私にはその理屈と理論がどうにも理解できません。

ショルダ-付近に新たに設けられた溝が接地時には撓みプロファイルが尖った方向に変化し旋回性が高まる・・・らしい。

??????

接地面のグリップ域とスベリ域の比率を最小限にしグリップを向上・・・したらしい。

?????

なので実際に走ってみるのが一番という事で履かせました。にしてもS22の価格はかなり高くなりましたね。

ウチの売価でRS10よりも高価、無論POWER RSよりもお高い(^^;

まぁなんですがトレッドデザインがツ-リングタイヤ風ですねぇ、が・・・羊の皮をかぶった狼なのかもしれません。

兎も角、走るぞ~(^^)/

Next »