2016.03.10

アナキ-ワイルドその1

ktm00

MICHELINから満を持して発売されたアナキ-ワイルド。

今回は実走評価とメディア向けの試乗会で栃木県のプル-ビンググラウンドに出張って参りました。

残念ながら現地は雨・・・しかも気温4℃と言う寒さの中で一通りのメニュ-をこなして参りました。

DSC03071

高速周回路、ハンドリングコ-ス、ブレ-キングコ-ス、バンブセクションに・・・・登降坂路60、50、40、30%の4種類を含む
オフロ-ドコ-ス。

しかもバイクはKTMのアドベンバイク、足が全くつかないのでスタ-トは・・・ほんま自転車乗りですよ・・・・^^;

走行モ-ドも数種類ありますが、初めて乗るので何が何だか・・・・。

DSC03061

高速周回路の走行はバンク手前で180km位出ていますが・・・流石にブロックタイヤは白線を踏むと滑ったりします・・・。

DSC03067

タイヤの詳細についてはマスコミさんの記事が出てから書きたいと思いますが、ビッグオフロ-ダ-向けのアドベンタイヤは想像以上のパフォ-マンスでBMWインストラクタ-の山田純さんや松井勉さんも絶賛してましたね。

DSC03087

それにしてもそもそもオフロ-ドタイヤのテストや評価は専門の連中がやるのが当たり前なのですが、今回は舗装路のパフォ-マンスの評価も含む内容なので・・・・止むなく・・・嫌々・・・でしたが・・・・。

DSC03065

実際走ると意外に楽しかったですね~。

またメディアさん向けの技術解説、囲み取材など個別対応させていただきましたが、オフの方々はディ-プでしかも熱心ですね。

DSC03082

エンジニアとしてではなく一ライダ-としての意見を聞きたいとか、専門用語の解説の解説とか・・・^^;

OFFの仕事はとても新鮮でした。今回はかなりメデアに顔が出そうですが・・なんかそれは嫌だなぁ。

とっても疲れたし寒かった・・・・。

 

2016.02.28

アナキ-ワイルド新発売!

DSC02977

MICHELINはビッグオフロ-ダ-向けトレイルタイヤを3月1日から発売すると正式に発表。

トレイルタイヤと言えばSTDなまたはOEM的なオフロ-ドタイヤを思い浮かべるかもしれませんが・・・

OFFタイヤのカテゴリ-の中に置いて例えばMXやEDタイヤはOFF性能に特化したもので直接的摩擦力がグリップ力の主な柱です。

トレイルタイヤに置いては土噛性、土衝性、排泥性の他にヒステリシスロスや粘着摩擦等の能力も担保しなければ成りません。

DSC02976

OFF性だけを考えれば敢えてラジアル構造を与える必要はありませんが舗装路の走破性、スタビリティ-と言う点に置いて重要な要素と成ります。

OFFでのコ-ナ-リングとONでのコ-ナ-リング安定性を両立したスクエア-エッジとブロックブリッジの組み合わせやカ-カスアングルなどもワイピングアクションを有効に活用する為の最新のテクノロジ-が惜しみなく投入されています。

詳しい解説はまた後日と言う事で・・・・最新の動画をご覧ください。

2016.02.27

PowerCUP EVO to GSX-R1000

DSC02966

何故か最近GSX系のお客様の構成比が凄く高い様な・・・・気がします。

好きなバイクの一つなので触るのはとても楽しいから良いのですけどね-。

ところでMICHELINのCUP EVOは発売されてから時間も経つのですが、実際にはモノが極端に少なく・・・・

確保するのも大変です(でした)故にメ-カ-さんもドカンとPR出来ないと言う事情もあったようです。

因みにCUP EVOはレ-スにも充分対応できるポテンシャルを持ちつつ問題なく公道でも使用できると言うMICHLINの謳うト-タルパフォ-マンスのハイエンドモデルと言っても良いでしょう。

ttl_1

昨年、筑波のイベントレ-スでもピレリのス-パ-コルサV2と対等に渡り合い競り勝ったと言う実績もあります。

私もテストでは3強と呼ばれるこのカテゴリ-のタイヤを比較しましたが、見劣りするところは全く無いし、それどころかタイヤライフは他社の200%と言うビックリする結果が出ています。

サ-キット走行も含めてのライフなので立派なものです。

更にパフォ-マンスは最後まで殆ど変らない。(ライフが短いカテゴリ-であると言う事もあります)

DSC02968

今回、CUP EVOを装着したGSX-R1000は実走評価でお借りした車両でもあり、オ-ナ-さんも同じタイヤじゃないとヤダ!

なんて物凄く気に入っていたので・・・・^^;

因みにオ-ナ-さんはMINE選手権の元チャンピオンでもあります。

DSC02967

借りもある事だし、メ-カ-さんに無理を聞いてもらって・・・・何とか手配出来たものであります。

そんなCUP EVOも現在はメ-カ-在庫も充分?な様でやっと通常流通出来る様になったみたい(何の連絡も有りませんが)

このタイヤはファンライドトラックってユ-ザ-さんにもお勧めですよ~!

ご安全に!

 

ブログランキングに参加しています!ポチっと応援、宜しくお願い致します(^.^)/

2016.02.25

S21 to GSX1300R

DSC02919

GSX1300RにS21を装着。

因みにお客様の年間走行距離は半端無いのでおおよそのタイヤライフは直ぐに結果が出ると思います。

何と言うか、S20からS20EVOに換装された時もメ-カ-のカタログデ-タ-にほぼピッタリの結果でした。

それから言うと今回のS21は9000km~10000kmと言う数値に成りそうですね。

DSC02921

これはMICHLINのパワ-3に並ぶマイレ-ジ性能と言う事に成りますが・・・・。

ステア-特性やドライ・ウェットのグリップ性能、乗り心地やノイズ等のコンフォ-ト性等々・・・気に成りますね~。

DSC02920

やはり自分で乗ってみなけりゃ分からないので来月早々テストして見ましょうね~~~♪

パタ-ン的には中々男前だし、最近は問い合わせが最も多いタイヤですね。

まぁ刀をモチ-フにしたと言う飾りのサイプは余り好きではありませんけど・・・・切れ味って事らしいですね。

ご安全に!

 

ブログランキングに参加しています!ポチっと応援、宜しくお願い致します(^.^)/

2016.02.21

ピレリディアブロロッソⅢ

pirelli-diablo-rosso-iii-1

ピレリからディアブロロッソⅢが発売に成りますね。

カテゴリ-は恐らくBSのS21やMICHILINのPP3と思われますが、プロモを見るとちょっと違うような気もしますね。

ロッソⅡとは少しステ-ジが違ってる様な・・・・ロッソコルサの後継?

ロッソⅡは業界・市場共に評価はイマイチ・・・・ですから名誉挽回と言ったところでしょうか?

製造国が気に成りますね・・・どっちでしょうか・・・・。

にしてもピレリのパタ-ンデザインってセンス良いですよね・・・・これ大事です。

まぁ性能はグル-ブデザインの良し悪しで決まるものではありませんけど・・・・。

2016.02.14

メッツラ-ロ-ドテック01

metzeler-roadtec-01

メッツラ-社から3月下旬にリリ-スされるNewタイヤ、ロ-ド4い・・いやロ-ドテック01・・・^^;

開発指標のとても分かり易いモデルですね。

rd01

結局こうなってしまうのは致し方ありませんが、それにしても似てますね。

それ程、脅威と言う事でしょうけど、今回はシャ-ラマッハ波は無視で良いのでしょうね。

2016.02.04

BMW TVS Akula310

TVS-AKULA310-Concept-1

BMW G310のコンセプトモデル。

このまま市販されるのかは分かりませんが、世界は動いているようですね。

WSS300を見据えてのモデルかもしれません、正面から見ると・・・おっ!かっこいい!!

と思いましたが、横から見ると・・・・ちょっとですね・・・・^^;

TVS-Akula-310-7

WSS300そして日本ではJP250と正常と言うか適切と言うかこのクラスが盛り上がると良いですね~。

私も若かったらなぁ。

ブログランキングに参加しています!ポチっと応援、宜しくお願い致します(^.^)/

2016.02.01

エア-漏れ

DSC02749

週末は積雪などの悪天候でディレイと成っていたお客様ががどっとご来店されて・・・・

超忙しい週末と成りました・・・・正にドット混む・・・^^;

そんな中、以前当店でタイヤを交換されたお客様から連絡を頂きました。

ビ-ド部分からエア-ガ漏れている様だと。

何とか時間をやりくりし対応させていただきました。

一般の方はビ-ドからエア-がもれていると成るとタイヤの不具合や作業の不手際を想像される場合が多いですね。

その場合は交換直後にエア-漏れが起るので数カ月も立っている場合はホイ-ル側に原因がある事が多いです。

今回もアルミリムのビ-ドシ-ト部に錆が浮いており、タイヤのビ-ドソ-ルとの密着を阻害していたものでした。

年数を経たホイ-ルの場合、タイヤを組み立てるときにクリ-ンナップを行っても後から錆が浮いてくることは良くあります。

またホイ-ルのビ-ドシ-トの錆や傷、塗装面の損傷によってエア-リ-クが起ることもあります。

再塗装の場合は特に見た目に不具合は無くてもエア-漏れの原因となる等、意外とデリケ-ト。

今回はビ-ドシ-トの錆を除去しシ-リング剤を追加して取りあえず気密性は確保できました。

ttr007

因みにホイ-ルのビ-ドシ-トやタイヤビ-ド部の公差によってエア-リ-クを起したり逆にビ-ドが上がらないと言う事もあります。

また欧州メ-カ-の中南米生産のバイアスタイヤはビ-ドの形状や仕上げ、公差及びビ-ド部ラバ-の粘弾性等からホイ-ルビ-ド部の不具合の影響を受けやすいと思います。

国産メ-カ-のバイアスタイヤではほぼ見られませんが・・・。

この辺はやはり国内メ-カ-の考え方の違いと言っても良いかも知れませんね。

全ての製品に必ず起こると言うものではありませんが・・・確率は洋モノやアジアンメ-カ-の方が高いですね。

ご安全に!

 

ブログランキングに参加しています!ポチっと応援、宜しくお願い致します(^.^)/

2016.01.30

S21を見てみよう!

DSC02734

先行予約していたバトラックスハイパ-スポ-ツS21が入荷致しました(^.^)/

入荷したと言っても零細な小規模小売店なのでごく少量ですけど・・・・

では実際に現品を見てみて私なりに少々考察してみました。

フロントのラジアスはS20EVOと比較して見た目にラジアスが小さくなったことが確認できます、リアも噂で聞いていた様にラジアスは逆に大きく取られています。

DSC02739

フロントのコ-ドはS20EVOと同じくレ-ヨン+スチ-ルが採用されていますがリアはレ-ヨンに変わってナイロンが採用されてます。

さて舐めまわす様に見てみると、グル-ブは14%程度深くなっています、触感ではありますがリアタイヤのセンタ-に採用されているラバ-はS20EVO比較でハ-ドネスは高められている様です。

恐らく溝深さで14%、ハ-ドネスで16%・・・ト-タル30%で耐摩耗性の向上を狙っているのかな?

DSC02737

因みにフロントのラジアスを小さくしてリアを大きく取ると前後ラバ-のグリップレベルのバランスの取り方や、劣化による摩擦力低下等によって中高速域ではプッシュアンダ-が発生する可能性があります。

逆に低中速側での操舵性は軽快感が向上し、リアのオ-バ-タ-ニングモ-メ-ントが上手くシンクロすれば安定感を両立する事が出来ます。

バトラックスS21はS20EVOよりもラグジュアリ-側・・・つまりツ-リングスポ-ツと言った方向に振られたのかもしれませんね。

カテゴリ-としてはミシュランのパワ-3やメッツラ-のM7RRと言ったところにより絞り込んだのかも。

DSC02738

加硫時間や温度も・・・・変更したのかも・・・・これはコストですから何処もやってると思いますが。

営業的な戦略から見るとバトラックスRS10のポジションをよりハッキリさせたいと言う意図も見え隠れしたりして・・・・。

個人的にはS20EVOは良くできたタイヤでBSのラインナップ中では最も好みのタイヤですが、世界的に見ると多少ぼやけたポジションでニ-ズに見合ったものに見直されたと言う事なのかもしれません。

一つ疑問なのは技術説明会でBSのエンジニアがサ-キットのラップタイムについて語っていたところ・・・・。

タイムよりフィ-リングが重視されるべきレンジのタイヤでS20EVOと比較し良くなったと評価するのは如何なのでしょう?

まぁ実際に乗ってみないと何とも言えませんが・・・・・。

メガツアラ-のオ-ナ-さんにとってはS21は行けてるのではないかと思います。

後はコンフォ-ト性が如何かな???楽しみですね~~~♪

2016.01.29

BATTLAX HYPERSPORT S21

S2101

2月1日よりBATTLAX HYPERSPORT S21が発売に成りますね!

発売を前にして各地では販売店向けの商品説明・技術講習会が開催されていたようです。

私にはお声が掛からなかったので商品説明の紙を見ただけですが・・・・。

先ずは・・・

BATTLAX HYPERSPORT S20EVO対比でコーナリング性能を向上させ、また摩耗ライフを約30%向上させたらしい。

開発に関しては同社のULULTIMAT EYE(アルティメット アイ)をMCタイヤとしては初採用したとの事ですね。

因みにアルティメットアイとはタイヤの接地面挙動を計測・予測・可視化するブリヂストン独自のタイヤ開発技術。

従来は、SCによるシミュレーション→試作品作成→(ラボ)室内計測→実車官能テストを経て性能確認と言う流れ。

ULTIMAT EYETMは、実車と同等の高速走行状態を室内で再現し、タイヤ接地面における挙動を可視化し従来の実車テストに加えて、科学的な根拠に基づく精度の高い解析や性能確認を行うことが出来るとの事。

この計測・解析を行う試験機は、時速400km、バンク角60度まで対応可能・・・らしい。

アルティメットアイは世界にブリヂストンだけの試験機と謳っていますがそりゃそうです、多くのメ-カ-の試験機は殆どが独自のものですからねぇ。

アルティメットアイそのものを見た事が無いので何とも言えませんが、先ず接地面の所はア-ル(直径2m程度)の付いたドラムと実際には平面の路面では異なるのではないか(まぁ大きな意味では路面にもア-ルは付いていますが・・・)

見た限りでは駆動力はドラムとホイル両方にはある様ですが従輪(フロント)と駆動輪(リア)との挙動の差異はどのようになっているのか?

等々少々私の頭では理解が出来ない所もあります。

因みに某欧州メ-カ-は同じ様に可視化する為にベルトコンベア-の様なフラットなドラムを採用したものもあります。

路面の摩擦係数も可変させ駆動に付いても従輪と差別した試験を行っています。

試験装置についてはタイヤメ-カ-の提案を受けて試験機製造メ-カ-が具現化するわけで例えば安川電機とか三菱とか・・・なので欧州の1社を除いてタイヤメ-カ-が製造したものではないと思います。

まぁそんな事は一般のユ-ザ-さんにとって関係のない事ではありますが気に成ります(^^ゞ

ところでS21はS20EVOと比較しフロントタイヤのプロファイルはラジアスを小さく取って操舵性のハイレスポンス化を狙った様です。

欧州メ-カ-の多くがこの傾向にありキャンバ-スラストの増大が狙いです。

s2102

※キャンバ-スラスト(横力)とはコニシティ-ホ-スと同じ理屈で円錐状のものを転がすと外径の大きい方が小さい方に向かって旋回するって物理です。

S20EVOはスポ-ツタイヤとしては比較的、ラジアスは大きく取っており適度なオ-バ-タ-ニングモ-メントを利用しそれを接地感に置き換えている。

敢えてS21ではそのキャラを払拭したのは摩耗によるステア-変化を嫌ったのでしょうね、タイヤライフの向上もS21の売り文句ですからフォ-ルトトレラント的な考えが働いているとも言えるのかもしれません。

リアに関してはフロントとは逆にラジアスを大きく取っていると言う話も聞きましたが実際には如何なのかは確認できていません。

もしそうだとしたらフロントとのバランスをリアで辻褄を合わせると言ったところでしょうか?

どちらにしても欧州ナイズなS21の実力は如何にって所ですね。

 

ブログランキングに参加しています!ポチっと応援、宜しくお願い致します(^.^)/

« Previous | Next »