2015.08.02

要注意!

DSC05299

昨日も暑かったですね~。

そんな猛暑の中、エア-チェックに来られたお客様ですがナント内圧が50kpa以下でした。

非常に危険な内圧です。

オ-ナ-さんも違和感を感じてソロソロとご来店されたので事なきを得たって所ですね。

原因はバルブコアの不良によるスロ-パンクチャ-。

この様な状態で走行を続けると低速で有っても界面剥離を起こす可能性が有ります。

例えばTBタイヤ等、後輪のWタイヤの内輪等は適正内圧から50%程度低下すると時速40kmの走行でも界面剥離を起す事があります。

原因はタイヤの異常発熱により接着面の凝集力が限界を超えて破壊に至る。

最近のビッグバイク用のタイヤはケ-ス剛性も高く、かなりの低圧でもビ-ド落ちも無く走行出来たりしますが・・・・

タイヤ内部の破壊は進みます。

またパンク状態で走り続けた場合、トレッド面に異常が見られなくとも内部は破壊が進んでいるので修理して再使用する事は大変危険です。

今回の場合はセ-フでしたが、暑いこの季節くれぐれも内圧管理は怠りなく!

 

2015.08.01

味見?

DSC01148

パワ-3がお気に入りのオ-ナ-さんですが・・・・

キャンペ-ン中という事も有りちょっと違った味も試してみよ-と^^

S20EVOとパワ-3は概ね同レンジのカテゴリ-に位置するタイヤではありますが性格は異なりますね~。

パワ-3はどちらかと言うとステア-特性が粘る傾向にある機種と組み合わせると軽快感が向上し、S20EVOはシャ-プなステア-特性の機種と合わせると安定性が向上する・・・ザックリですがそんな感じですね。

この特性は機種に限った事では無くライダ-の感性との相性という事にも成ります。

例えばSSモデル等でステア-レスポンスがシャ-プで全体にクイック過ぎると感じている向きにはS20EVOを合わせると穏やかな特性に補正出来る。

しかし、更に軽快感やステア-レスポンスを求めている向きにはdullに感じてしまうと行ったところ。

DSC01151

ドライグリップレベルはS20EVOの方が高く、2ポイントは能力が高い。

ウェットグリップはパワ-3が絶対的に高く比較する対象に成りません。

タイヤライフに関しては30%ほどパワ-3が優れており、コンフォ-ト性にも勝ります。

簡単な違いですが欧州におけるニ-ズと国内のニ-ズの違いと言って良いでしょう。

ところで海外(特に欧州圏)ではパワ-3とライバル関係にあるBSタイヤはT30らしい。

えっ?T30はROAD4が同カテゴリ-では無いの?って感じですがグランドツ-リングタイヤとしてROAD4は別格扱いの様ですね。

因みにGSX1300RとS20EVOの相性はライダ-の感性によって評価は違ってくると思います、

DSC01149

接地感や安定感も高くグリップレベルも高いのでねじ込んで走れるから楽しい・・・と感じる方と・・・・

軽快感が損なわれ長距離走行は疲れる、連続高速走行でタイヤセンタ-の摩耗が著しい・・・等と感じる向きも。

まぁS20と比較しS20EVOのタイヤライフは飛躍的に向上していますがそれでもパワ-3の70%程度。

どちらも一長一短がありますがライダ-の感性との相性という所が一番のチェックポイントと言えそうですね。

さてさてオ-ナ-さんは如何な評価を下すのでしょうか?もうパワ-3に戻ってこれなくなったりして・・・^^;

 

ブログランキングに参加しています!ポチっと応援、宜しくお願い致します(^.^)/

2015.07.29

PSS EVOウェットパフォ-マンス

4H1LYDUD

本来なら先月には到達予定にしていたPSS EVOの耐用マイレ-ジ1000km。

しかし、大雨や台風などでタイミングが合わず900kmで足踏み状態でした・・・・

このままではテストが進まないし昨日は天気予報を信じて急遽・・・・走行。

久しぶりに阿蘇方面を目指しましたが英彦山越をしたところで・・・・なんと全面通行止・・・・(>_<)

朝倉方面に迂回し小石原に到着したころには小雨がパラパラと。

松原ダム付近から本降りと成り、上津江から菊池までは土砂降りに成ってしまいました~~~。

IT2DV2ZT

でもねぇ図らずもPSS EVOのウェットテストを実施する事が出来ました。

改めてPILOT ROAD4のウェットパフォ-マンスって物凄ぇって思いましたが、PSS EVOの能力も想像していた以上に高いものです。

上津江村からオ-トポリスを経由して菊池渓谷に至るワインディングは超クネクネですからね-。

枯葉や砂利が流れ出した上に良いとは言えないアスファルトを確り捉えかなり良いペ-スで走っても不安は有りません。

標高も高く、温度の上がらない状態のまま内圧は相対的に上昇しているにも関わらず接地感は高く実グリップも良好。

ウェット走行も結構楽しい♪

他社同レンジのタイヤとは比較に成らない程レベルは高いですね。

まぁ他社同レンジのタイヤと比較してグル-ビングレシオは大きいと言う事も有りますが能力は高い。

DSC01143

ハイグリップタイヤのウェット性能はそれ程重要ではないと言う意見も有りますが、公道を前提とした場合望む望まざるに関係なくウェット走行を強いられることは有る訳で今回はその良い例と言えるかもです。

行った以上は帰らんば成りませんから。

NRRCUOCR

ところで・・・デジカメのバッテリ-が切れていて画像は全て携帯で撮りました。

菊池渓谷の素敵な景色を確り撮りたかったなぁ・・・・。

ブログランキングに参加しています!ポチっと応援、宜しくお願い致します(^.^)/

 

2015.07.14

RS10Hレンジ装着

DSC01051

少々フライング気味ではありますが・・・・

RS10Hレンジ当店初装着^^

最初のバイクがR1Zというのは何か因果を感じますねぇ。

と言っても昔々R1Zの最終モデルに採用されたラジアルタイヤに多少関わったと言うだけの話ですが。

それにしてもあれから20数年、ラジアルと言う構造は先祖がえりと言うかMC独特のものに成っています。

当時はなんちゃってラジアルなんて呼ばれていましたが現在ではMCラジアルとしては当然の構造。

カ-カスの構造は75°~65°位が標準的で中には45°でもラジアルと呼んでます。

DSC01053

あの頃に出た答えは正解だったと言う事ですね~!

因みに当時のMCラジアルは机上の空論と言う典型の様なタイヤで最終的に答えを出したのは生身のテストライダ-による官能テスト。

MCの性質上、特にフロントのフルラジアル化は難しいと思います。

昔、某欧州メ-カ-の日本向けのカタログに構造解説が記載されていてその内容がフロントもフルラジアルに成っていました。

ええ~~~!!なんて思いつつ、有りえないなんて突っ込み入れた事がありますが、日本法人の責任者がウチはフルラジアルだって激怒してましたね。

その後・・・・訂正されていましたけど・・・・これはイメ-ジです・・・なんて・・・^^;

ミシュランさんではありませんよ(~_~;)

※カタログ等に記載されている構造図はあくまでも分かり易い様にデフォルメされたイメ-ジなのでフルラジアルの絵が記載されている場合が多いです。

DSC01052

ところでRS10Hレンジの空気圧についてはメ-カ-の参考値は知らされておりませんが・・・・

先にも先祖がえりと申しました通り、20数年前のメ-カ-指定空気圧が目安だと思います。(あくまでも目安!)

R1Zの場合、フロント175kpa/リア200kpa。

PL法施行以前は車両メ-カ-もパフォ-マンス重視の内圧を指定していましたね。

ご安全に!

 

ブログランキングに参加しています!ポチっと応援、宜しくお願い致します(^.^)/

2015.07.11

RS10 Hレンジ

DSC01037

ブリヂストン期待の新製品RS10Hレンジが入荷致しました^^

首を長~~くしてお待ちのお客様。大変お待たせいたしました!

ところで110/70R17と140/70R17ですがデカいサイズと比較しグル-ビングレシオも一見バランスが良い様に見えますね。

フロントはブリヂストンのお家芸でもあるレ-ヨンカ-カスにナイロン&スチ-ルベルトで定番。

リアも同じくナイロンカ-カスにナイロン&スチ-ルベルトとこれまた定番です。

特に目新しい素材は使用されていませんがコ-ドの密度や撚りに工夫がなされている様で空タイヤの触感はしなやかですね。

DSC01036

タイヤの位置づけはS20EVOもレ-ス対応としていましたが、RS10もレ-ス専用と言う訳でも無くステ-ジは被る様な気もしますが・・・・

嘗てのプロダクションレ-スタイヤって感じの位置づけかもしれませんねぇ。

ライバルはズバリ、ピレリのディアブロロッソツ-レ-シングバ-ジョン。

梅雨明けと共にライトクラスのレ-スシ-ンも熱くなりそうですね-(^・^)

2015.07.08

ムルティストラ-ダ1200

DSC00987

遠路、久留米からご来店のお客様^^

ドカティの中で最も売れていたモデルですが、先月の統計ではスクランブラ-にその座を譲った様ですねぇ。

ところで最近、この手のモデルには電子制御サスペンションシステムが搭載されているのが当然の様になってきましたね。

ムルティストラ-ダはDSS(ドカティ・スカイフック・サスペンション)が装備されていて宙からバイクを吊り下げている様なスム-ズさを実現と謳っていますね。

因みに、この手のサスペンションシステムのO/Hは出来るのかと聞かれる事が多くなりましたねぇ。

結論から言うとシステムのO/Hを行う事は出来ません。

しかし、ショックアブソ-バ-のO/Hに関しては電子制御と言っても内容は同じなので問題ありません。

電子制御サスペンションシステムはレ-ス等のフィ-ルドでは一進一退を繰り返しているようですがそのノウハウはツ-リングモデル等にフィ-ドバックされている様です。

DSC00989

まぁ大まかで良いと言う所が実用に至る理由なのかもしれません。

2015年のS1000RRのレ-スベ-スモデルは電子制御サスペンションシステムは非搭載と言う事からもその辺の事情が垣間見えます。

話はそれてしまいましたが(何時もの事ですが・・・(^^ゞ

オ-ナ-さんはビッグショップが乱立?する福岡を通り越しわざわざ北九州の外れまでお越しに成られた訳で、その理由は信頼性と言う事の様です。

単にタイヤ交換と言えどもアルバイトのお兄ちゃんが行なう作業では如何かと。

タイヤ交換作業そのものはある程度の勉強と経験を積めば熟練工と大差ない作業が可能だと思います。

最近のタイヤチェンジャ-は高性能でもありますからねぇ。

しかし、その技術や知識が伝承されていない(伝承できる人が居ない)と言うのは事実で多くの現場の技術レベルはかなり低いと言えます。

ML1

4輪タイヤ業界と2輪タイヤ業界の大きな差でもありますね。

更に2輪の場合、タイヤ交換作業よりもホイ-ルの脱着に関して軸周りやブレ-キ周りの構造を理解している事が重要ですが残念ながら無知な作業者が多いのも確か。

アルバイトの方にその様なクオリティ-を求めるのがそもそもな話なのかもしれませんね。

タイヤ別の特性や構造や規格の違い、更にはバイクやライダ-との相性や適正空気圧など専門的な知識も必要です。

ディ-ラ-等は整備力は高くて当然ですが、残念ながらタイヤの知識は低い場合が多い様に思います。

無論そうではないディ-ラ-さんもがある事も事実ですが・・・。

例えばタイヤメ-カ-の社員ですら最近はサ-ビス研修程度しか作業経験が無くタイヤ交換が出来ないに等しい営業社員も居られる様で資格の取得も義務では無い様です(時代は変わりましたね)

それは会社の部門別のシステムですから止むを得ませんが・・・・。

DSC00990

超高性能なバイクのタイヤ交換ですから甘く見てはいけません、少なくとも足回りの整備力の高いショップに依頼される事が安心・安全の要だと思います。

それが快適で楽しいライディングを実現する肝であると思います♪

九州を始め全国にはタイヤに精通した優れたショップさんが展開されています、是非タイヤ交換はその様なお店で実施される事をお勧め致します。

ご利用ありがとうございました!ご安全に!!

 

ブログランキングに参加しています!ポチっと応援、宜しくお願い致します(^.^)/

2015.07.05

ピレリディアブロス-パ-コルサ!キャンペ-ン(^.^)/

DSC00502

安値、値崩れタイヤの代名詞と成ってしまったピレリ&メッツラ-ですが、この事が引き金と成り他メ-カ-も対抗策として廉価版タイヤの生産に踏みり量販店などでは販売価格のチキンレ-スの様相を呈していますね。

これが消費者にとって良い事なのか否かは賛否が有るでしょう。

しかし、考えてみれば中国工場生産のピレリ・メッツラ-は原材料も全て中国国内で調達していて原価はかなり低く価格的な競争力は高いと思われます。

むしろ台湾のナンカンやマキシス、韓国のシンコ-と比較して価格は高いのかもしれませんね。

そんな中、ピレリが中国企業に買収され株式も廃止と言う衝撃的なニュ-スが流れました・・・私もショック。

pileri01

ピレリジャパンによると体制や品質になんら変わりはないと。

しかし、中国企業に成ったと言う事そのものが市場に影響を及ぼしており国内の販売に関して強い向かい風に成っている様です。

そんな中、ピレリのMCタイヤのフラッグシップモデルと言っても良いディアブロス-パ-コルサは高値で販売されていて生産国も前後共にドイツ製。

事実、ディアブロス-パ-コルサV2SC&SPは高性能で同ステ-ジのタイヤ開発のベンチマ-クに成っていると言って良いでしょう。

DLやBSも何とか撃墜しようと躍起になっている様ですが指標としていても論理的なアプロ-チは対極にあり中々越えられない様です。

唯一MICHELINが論理は同じ所に置き全く新たな技術をもって同じ土俵に上がってきたと言えます。

DSC00920

恐らくPOWERCUP EVOはディアブロス-パ-コルサV2SPは超えたと思います。

しかし、ステ-ジの違いからV2SCと同等のタイヤは存在しないし今後も登場しないかもしれません。

その様にピレリのシンボリックな誇り高きス-パ-コルサが遂に値崩れ・・・・^^;

ピレリジャパン10周年記念キャンペ-ンと銘打って何とか逆風をやり過ごすと言う事かも知れませんね。

当然、本社との契約ノルマとか国内市場のピレリ離れの堰としての政策かもしれません。

何だかんだ言ってもディアブロス-パ-コルサシリ-ズは秀逸なタイヤである事は確かなので生産がドイツ製のモノを大前提に当店もピレリジャパン10周年キャンペ-ンに乗っかります!

例えば120?70ZR17&190/55ZR17の組み合わせで当店の通常販売価格と比較して工賃税込で13000円程安値になります

pire02

キャンペ-ン価格の対象はラインナップされているV2SP&SCの全サイズ。

期間は年内12月末まで・・・若しくはタイヤそのものに変化を感じたり生産国が変わった時点まで・・・・^^;

価格についてはメ-ルまたはTELにてお問い合わせください。

※タイヤ単品の販売は致しませんのでご了承ください。

 

2015.07.04

モ-タ-サイクリスト

DSC00680

先月つくば1000で実施されたス-パ-スポ-ツEVOのメディア向け試乗会の記事は全て目を通しました。

どのメディアさんの記事も概ね好評で特にバイカ-ズステ-ションさんの記事は予想に反して絶賛してましたね。

そして最後に目を通したのはモ-タ-サイクリストで梨本圭氏のレポ-ト。

他誌と比較し辛口の評価でサ-キットを攻めるにはグリップ不足、旋回性もイマイチと・・・・^^;

しかし、評価としてはス-パ-スポ-ツEVOの与えられた特性を良く解っていると言えますね。

評価と言うのはテスタ-の目線や比較対象によりますが、梨本氏の場合、恐らくMICHELINの新作ハイグリップタイヤの実力をホ-ムコ-スのツクバ1000で見極めようとやる気満々だったのだと思います。

私もこの時の事は記事にしましたがス-パ-スポ-ツEVOはレ-ス対応のタイヤでは無く個人的にはMICHELINの謳っているサ-キット50%公道50%とは思っていません。

サ-キット40%公道65%って感じかなぁ。計算は合いませんけど・・・・^^;

どちらかと言うとストリ-トファイタ-的な性格だと思います。

因みに梨本氏は比較対象をメッツラ-のレ-ステックK1に置いていましたがそれは違いますね。

またサ-キットを攻めるならCUPEVOだとも書いていましたが・・・・現地でその様に説明したと思います。

ス-パ-スポ-ツEVOはレ-ス対応のタイヤでは無いと。

DSC00683

だからこそ試乗車にネイキッドモデルも準備した次第。

比較対象はビレリであればディアブロロッソコルサ、BSならRS10です。

そのステ-ジの中に置いてサ-キット走行で見劣りするパフォ-マンスでは無く公道も含めたト-タル性能は一つ抜きに出ていると言って良いと思います。

パワ-ス-パ-スポ-ツEVOはそこを目指したハイスポ-ツタイヤと言う事ですね~。

 

ブログランキングに参加しています!ポチっと応援、宜しくお願い致します(^.^)/

2015.06.25

PSS EVOの評価

DSC00943

殆ど読むことのないバイク雑誌ですが今回は読みました・・・・^^;

と言っても全て送られて来たものですが取りあえずロ-ドライダ-、MOTONAVI、ビックマシンの3誌。

PSS EVOは大変高い評価でキャラクタ-も分かり易く解説されてます。

しかし、やはり構造の所は理解頂くのは難しい様でかなり・・・ボンヤリですね。

これはやむを得ないとは思います。

私の解説が悪いのかなぁ・・・・かなり噛み砕いて説明させて頂いたつもりですが・・・・

でもまぁ肝心なのは技術解説では無くフィ-リングが如何であるかがユ-ザ-さんにとって重要な事ですもんね。

でも何だか微妙に違った記事は悶々としますねぇ・・・・・・。

2015.06.18

バトラックスRS10Hレンジ発売!

DSC09673

最近、ライトクラスのハイレンジタイヤが活気を帯びてきましたね!

ブリヂストンからもRS10が来月から販売が開始されます。

サイズは110/70R17&140/70R17の2サイズ。

リアのサイズが150では無く140という所が狙いがはっきりしていると言うかトラックですね^^

社内テストでも好タイムを記録しているそうです。

250ccクラスの国内レ-スユ-ザ-への熱いメッセ-ジ、このクラスはワンメ-ク化しないでほしいですね。

ミシュランもCUP EVOlightなんて・・・発売しませんかね・・・・見てないのかなぁ業界の動向を。

« Previous | Next »