2015.11.17

3000km

DSC02234

パワ-ス-パ-スポ-ツEVOも走行距離3000kmに到達。

ステア-特性の大きな変化もなくナチュラルなキャラクタ-を維持しています。

若干、ウォ-ムアップ性が低下した傾向にありますが路面温度が低くなった影響もあると思います。

しかし、神経質な所は全くなく3000km走行程度で特性変化は軽微ですね。

摩耗の状態は残溝から見てリア側は40%程度で同レンジ他社比較でもかなり優秀だと思います。

対してフロントは25%程度とバランス的には見直しても良いのかも知れませんね。

摩耗肌は気温の低下と共に荒くなってきました。

ジャ-ナリストの方々から指摘があった様にリアと比較しフロントの接地感、グリップ感がやや低いと言うのもこの辺りのバランスの取り方に見直す余地は大いにありそうです。

もう少しフロントのハ-ドネスを下げてグリップレベルそのものを上げても良いかも知れません・・・が。

しかし、そうするとス-パ-スポ-ツEVOの売りの一つである軽快感や自立旋回性を損なう可能性もあるので微妙なさじ加減に成るでしょうねぇ。

DSC02235

ところで巷の一部ではMICHELINのラジアルタイヤは乗り心地がゴツゴツしているとの評価を耳にしますが、それは内圧の問題です。

私も車両メ-カ-の指定空気圧で走行しましたがケ-スのテンションが上がり過ぎちょっとした段差でもカツンと突き上げを強く感じます。

特に摩耗が進んでくると顕著。

そもそもMICHELINラジアルは公道走行前提の全てのカテゴリ-でコンフォ-ト性を重視しており乗り心地は秀逸です。

少なくとも多くのメ-カ-が指定する内圧は適正ではないと思います(あくまでも私的な考察)

それはモデルによっては高くも低くもあるのですが・・・・

例えばロ-ド3がOEM採用されているYAMAHAのMT07は他と比較してかなり低圧を指定しています。

またその数値は欧州などでは平均的な内圧です。

DSC02255

スポ-ツ系のモデルではタイヤの剛性そのものが高いため更に低圧設定である事も頭に入れておくと良いと思います。

因みにR1100Sの場合、フロントで210~220kpa、リアで200kpa~220kpaで走行しています。

公道走行の場合、この数値以下だと走り始めにステア-が粘る傾向にあり、またコ-ナ-リングではステア-が切れこむと言うかセルフアライニングトルクが上手く働かない。

気温の高い夏場はあまり感じないのですが路面温度の低いこの季節は顕著に感じますね。

それにしても暖冬とは言え、早朝は寒いですね~~特に山は手がかじかみます・・・・・。

ご安全に!

 

ブログランキングに参加しています!ポチっと応援、宜しくお願い致します(^.^)/

2015.10.27

佐賀からご来店^^

DSC02039

遠路、佐賀からお越しのお客様。

装着したタイヤはス-パ-スポ-ツEVOですが、最近はご指名が多いですね。

当店がメチャメチャ押しているイメ-ジですが決してそうではありません、購入されたお客様の評価が次のお客様へ波及していると言う所です。

ブログの記事としてはイマイチつまらないって感じですが・・・・^^;

しかし、ミシュランのハイグリップタイヤが久々に好調な評価を得ているのも確か。

DSC02037

アダプティブケ-シングテクノロジ-がハイグリップタイヤのスバルタンで気難しいと言う概念を払拭し間口を広げたと言って良いと思います。

ところでMT09のタイヤ交換も相当数に成って来ましたが新車に装着されているブリヂストンのS20とダンロップのD214。

どちらも専用のOEMタイヤですが耐用マイレ-ジ性能にはかなり差異がありますね。

S20に関しては4000kmに届かず3600km~3800km、D214がそれよりも30%程度勝っています。

ユ-ザ-別の使用環境の差異があるとしてもOEMの要件としてはかなり差がありますねぇ、現在は分かりませんがOEMのテストは60項目程度で銘柄が違っていても均一なパフォ-マンスを有している事が条件。

しかし、最近はテストそのものがコストカットの対象と成っている様で・・・・確りやっているのか如何かと思ってしまいますね。

指定内圧なんてその最たるもの。

ステア特性もかなり違うし、車両と同じくクオリティ-の2極化って所なのかもしれません。

DSC02036

大昔の様に多分に魚心あれば水心的な採用傾向があるのかもしれませんねぇ・・・・。

因みに耐用マイレ-ジ性能なんて実走テストはしていないのかも知れません。

昨今はコンプライアンスと言った所もあり公道での実走確認はやるなと言う話に成っているとも聞いております。

(社員はダメよって所)

兎に角も採用される車両によってOEMタイヤのクオリティ-も全く違ってきている様です。

本当の意味でのOEMと・・・・ホイ-ルカバ-との2極化って感じかなぁ・・・・。

なのでREPタイヤに交換する事で劇的にパフォ-マンスが上がる様ですね。

MICHELINス-パ-スポ-ツEVO、MT09とのマッチングも良好です、楽しいタイヤです♪

ご安全に!

 

ブログランキングに参加しています!ポチっと応援、宜しくお願い致します(^.^)/

2015.10.22

実証

DSC01977

やっぱ右肩上がりのアドベンチャ-バイクって感じですね~!ここの所毎日の様にって感じです。

ところで・・・・

アナキ-3に限っての話ではありますがメ-カ-の指定(国内)する空気圧と比較し当店の推奨する内圧では耐摩耗性に関して40%程度差が生じると言う結果が4名のお客様によって確認出来ました。

耐摩耗性のみを切りとってどちらの内圧が適正であるかと言う事にはなりませんが・・・・メ-カ-さんの指定内圧は高すぎると思います。

やはり設計上の想定マイレ-ジ性能を考えるとその数値に近い結果がト-タルパフォ-マンスに置いても適正と言えると思います。

テストピ-スが少なく精度の問題はありますが、ある程度確信が持てる内圧なので数値を公開しても良いのではないかとは思いますが・・・・

やはり具体的な数値の公開は根拠を無くした数字だけが独り歩きする可能性もあるし、個人のショップがやるべき事では無いとも思えます。

DSC01976

ましてアナキ-3のデ-タ-はお客様や知人のご協力によるもので私自身が実車して実走実証した結果ではありません。

総合的な操安性についてもあくまでも聞き取りからの推察です。

因みにタイヤの空気圧については自身が実走した銘柄については官能試験的な要素とオリジナルの計算式、そしてJATMAやETRTO規格と照らし合わせ機種別の数値を「約」ではありますが弾き出しております。

なのでその様な場合は大まかな数値を記載している記事もあります。

但しプラマイの誤差も出るし個人的な好み等とのバランスもある訳です。

あくまでも基準値の目安と言う事です。

なので当店をご利用頂いておりますお客様で有ればホロ-も含めてバックアップ出来るという限定的な条件があるのはご理解いただければと思います。

DSC01975

というか、足回りに関する様々なノウハウやデ-タ-は当店の商売道具でもありご利用頂いておりますお客様のメリットでもあります。

またお客さまがバイク仲間にその数値や結果を伝えることは何の問題もない話でごく自然な事だと思います。

要は不特定多数の方が閲覧できるネット上・・・特に当店の様な専門店が全てを公開する事は如何なものかと・・・・

誤解を招く事もあるだろうし、何と言っても私はメ-カ-ではありませんからねぇ。

まぁケ-スバイケ-スって所ですね・・・^^;

今回のオ-ナ-様からも大変貴重なデ-タ-を得ました、有難うございますm(__)m

DSC00256

ところでツクバのイベントレ-スでCUPEVOが頭取りましたね!コ-スレコ-ドも更新した様です。

別のクラスでも準優勝とまずまずのデビュ-、勝てるタイヤと断言していただけに・・・・ホッとしました(^○^)

おめでとうございます!

 

ブログランキングに参加しています!ポチっと応援、宜しくお願い致します(^.^)/

2015.10.02

撤退

bs001

9月25日、ブリヂストンは2015年をもってス-パ-フォミュラ-のタイヤサプライヤ-契約を終了すると発表。

つまり撤退すると言う事ですがF1、MotoGPに続く話で残念ですね。

ス-パ-GTや全日本ロ-ドは継続するようですがモ-タ-スポ-ツは全体として縮小の方向であることは確かの様です。

bs002

会社として色んな問題も抱えている様ですから無駄遣いは出来ないと言う所でしょうか。

そんな中、親子バイク教室の協賛を続けて下さっている事は何とも有り難いお話です。

まぁ規模は違いすぎますが(^^ゞ

因みにス-パ-フォ-ミュラ-の次期タイヤサプライヤ-はYOKOHAMAの様です。

 

2015.09.30

ROAD4トレイル

DSC01747

アドベンチャ-モデルのオ-ナ-さんのタイヤ選択はON/OFFタイプとONタイプが選択できますがビックオフロ-ダ-専用設計のONタイプをリリ-スしているのは今のところMICHELINだけですね。

どちらを選ぶかは用途要件に因るところで有りますが関東等の都市圏ではONタイプが人気の様です。

当店ではどちらかというとON/OFFタイプのアナキ-3を選択される方が多いですね。

メッツラ-は完全OFFタイプのカル-もラインナップしていますが、ビッグオフロ-ダ-で本格的にOFFを走っているライダ-も居られるようです。

因みにMICHELINも欧州では同タイプのタイヤを販売している様です。

ところでタイガ-800はROAD4トレイルの装着は2度目に成りますが走行距離は14000km弱。

DSC01749

偏摩耗も無く、頑張れば(何を?)もう1000km程度は行けそうです。

まぁ能力的にはかなり低下しているのは間違いないので無理矢理引っ張るよりはこの辺で交換するのがベストでしょう。

空気圧管理が偏摩耗や耐摩耗性に大きな影響を与えるのは言うまでも有りませんが、高すぎても低すぎてもあきまへん。

国内の車両メ-カ-の指定する空気圧では30%以上摩耗が早くなると言うデ-タ-もあります。

まぁ・・・・あまり距離が伸びるのは販売店泣かせではありますが・・・・^^;

DSC01748

 

そう言えば某大学にお勤めのお客様が興味深い検証をされていましたね~。

空気圧による燃費とタイヤ摩耗のコストを比較しト-タル的に適正空気圧(ウチの推奨値)が最も効率が良いと言う結果を導き出しておられました(^O^)

タイヤメ-カ-では先ずやらないテストですが面白いですね!

テスト内容もコストカットの対象となる昨今、市場からのキックバックデ-タ-は貴重かもしれません。

ご安全に!

 

ブログランキングに参加しています!ポチっと応援、宜しくお願い致します(^.^)/

2015.09.23

ト-タルパフォ-マンスコンセプト

evo01

ミシュランのモノづくりの哲学とも言えるト-タルパフォ-マンスコンセプト。

しかし、このコンセプトを強調するが故にタイヤの横顔がぼやけてしまっている所があるようです。

(実際のパフォ-マンスがぼやけているのではなく商品としての印象がぼやけていると言う意味です)

例えばパワ-ス-パ-スポ-ツEVOの場合、ハイグリップレンジのタイヤであってもウェット性能やコンフォ-ト性も十二分に担保していると言う事ですが・・・・

それは相対的に他社同レンジのタイヤと比較しドライグリップレベルが劣ると捉えられているようです。

確かにステア-特性は比較的穏やかですがクイックタ-ン特性はこのクラスで最高の応答性を示します。

因みに私は個人なので他社比較を記事にしても公正取引法に抵触する事は無いと思うので少しだけ・・・・。

ス-パ-スポ-ツEVOと同ステ-ジにあるタイヤはBSであればRS10、ピレリであればディアブロロッソコルサです。

フロントのグリップ感や接地感はロッソコルサが最も高く、2次旋回時、リアのグリップレベルとライントレ-ス性はス-パ-スポ-ツEVOが最も高い。

DSC00219

例えはサ-キットの様にレイトブレ-キからフロントをクリッピングにねじ込んでいくような場合はロッコルの方が得意と言えます。

しかし公道におけるツイスティ-ロ-ドではレイトブレ-キからフロントに大きな荷重を残しつつ・・・なんて事はリスクが大きくフロントタイヤの自立旋回性が曲率を左右する事に成ります。

ス-パ-スポ-ツEVOの場合、比較的低負荷でコ-ナ-に侵入しブレ-キをタイミング良くリリ-スする事で素直に回頭する特性が与えられていてこの事はフロントとリアの剛性バランスやタイヤの寸法からも見て取れます。

つまりスロ-インファ-ストアウトを軸とした特性が与えられているのがス-パ-スポ-ツEVO。

故にトラックでは一発のラップタイムに劣る所も有るかもしれません。

が・・・しかしロッコルの特性は物理的にパフォ-マンスを発揮する距離は少なくなるのが当然で同じトラックのパフォ-マンスは時間ごとにス-パ-スポ-ツEVOが勝る事に成るとおもいます。

双方レ-シングタイヤでは無いので優劣を決めるのは難しいと思いますがスプリントレ-スならロッコルが有利で耐久レ-スではス-パ-スポ-ツEVOが勝ると言ったイメ-ジでしょうか。

またこれを公道に置き換えた場合、耐マイレ-ジ性やウェット性能、ラバ-の温度依存性やステア-特性はス-パ-スポ-ツEVOが圧倒的にパフォ-マンスが高いと言う事に成ります。

特にウェット性能は絶妙のネガティブ比と配置によりハ-ドネスの低いハイグリップラバ-の剛性を担保しフルバンクでのドライグリップ性能とを高い次元で両立しています。

つまりカプセルグル-ブ(の様な・・・)が確り機能していると言えます。

DSC00369

因みにRS10はこの両者の中間的存在でタイヤの特性にOEM的要件が多く搭載されていると言えます。

余り公表すべきでないデ-タ-かも知れませんが某サ-キットのリッタ-SS(ドノ-マル)のラップタイムはベストタイムは流石にロッコル、対して20ラップでの平均タイムとト-タルタイムが最も良いのがス-パ-スポ-ツEVOでした。

しかもベストタイムの差は0,5%、20ラップのト-タルタイムの差は0,7%勝ると言う結果です。

RS10は残念ながらトラックでの比較は行っておりません。

このデ-タ-はあくまでも個人的なものでMICHELIN社とは一切関係なくデ-タ-の詳しい内容も渡しておりません。

この手の仕事の要望は無いので趣味の所でやってます(^O^)

このレンジのタイヤはコ-ナ-リングでのパフォ-マンスが比較されるのは宿命ですが、3者3様のハイグリップタイヤであり好敵手である事は間違いないと思います。

ワ-クショップでは伝えきれませんでしたがス-パ-スポ-ツEVOの横顔は・・・・こんなお顔です^^

2015.09.13

僅か9%の差

DSC01595

ROAD4GTが正式に発売される前からモニタリングにご協力いただいたオ-ナ-様。

耐用マイレ-ジも終了し、今回は3セット目の装着です。

元々あまり高い空気圧は好みでは無いオ-ナ-さんで最初の1セットは前後共に欧州で推奨されている内圧に設定していました。

2セット目は私の推奨する欧州での推奨空気圧より9%高めの内圧に設定。

これはGTスペックの推奨内圧で有りますが結果は走行距離で60%も伸びると言う結果に成りました。

僅か9%の違いはかなり大きな差を産み出す訳で空気圧の設定と管理が如何に重要かと言う事が良く解る結果となりました。

因みに内圧は高ければライフが伸びると言うものでは無くあくまでも適正値に設定する事が肝心です。

DSC01596

最初に設定した内圧はレギュラ-のROAD4では適正であってもGTスペックではやや低い内圧です。

GTスペックの場合、例えばK1600GT等ではリアの内圧が290kpaでは低くR1200RTでは高いと言う話です。

国内で正規に販売されている車両の指定空気圧はJATMA規格に基づく最高空気圧で車両とタイヤ銘柄の組み合わせによっては高くも低くも有ると言う事です。

DSC01597

数値を持って高い低いを論ずるのはロジカルではありません。

またOEMタイヤとリプレスタイヤは同サイズ同規格であっても適正内圧は異なる場合も有ると言う事です。

ご安全に!

 

ブログランキングに参加しています!ポチっと応援、宜しくお願い致します(^.^)/

 

2015.09.11

シャラマッハ波 その2

DSC01421

とても珍しい事にピレリジャパンの方がご来店に成りました。

かれこれ10年ぶりでは無いでしょうかねぇ。

恐らくは今回、新発売と成ったレ-ステックRRの技術解説の中のシャラマッハ波と言うモノが良く解らないとブログの記事にしていたので説明に来られたのかもしれません。(ブログ見てるのかな?)

まぁ営業の方なので漠然とした内容と動画でしたけどヒントは頂きました。

私なりにシャラマッハ、つまり剥離層に関連して考察してみました。

つまりは「シャラマッハ波」と日本語にするからややこしい訳で・・・・

横文字では「Schallamach waves」そのまま剥離層の波と言う事。走行負荷によるトレッドの不安定性によって生じる表面のシワの事ではないかと思います。

これは表面の不安定性が特定の臨界拡張比率で起こる現象で、ある波長を持つ表面波として生じる現象・・・・と言われています。

DSC01423

つまりこの表面波がシャラマッハウェ-ブで軟らかいゴム程影響を受けやすく摩擦力の大きい接地面に作用し具体的にはタイヤクラウンのトップに大きく作用する。

この事が偏摩耗に引き起こす原因と成るので周方向に対して深い角度のグル-ブは不利でありまた表面波が集中するクラウントップ個所のグル-ブは分断する。

要はグル-ブは入れないと言う事、これによって偏摩耗をセ-ブするという事でしょう。

まぁシャラマッハウェ-ブを何処かの科学者が計測可能にし理論付けて立証したと言う事でしょうか?

そもそもタイヤのセンタ-に浅い角度のグル-ブを施すと全周にウェ-ブが出やすく、それが鋭角であれば凹の鈍角であれば凸の摩耗が出やすい。(対負荷方向)

その事は周知の事象で特に新しい考え方ではありません。

但し、その事象を物理的根拠に基づいてデザインした・・・・と言う事なのかもしれませんね。

私の考察が正解かどうかは分かりませんがメッツラ-社の言うシャラマッハ波とは概ねこの様な事ではないかと思います。

なのでROAD4のフルディプスサイプのテクノロジ-は凄いって話にも成ったりします。

2015.08.28

辛抱たまらん!

DSC01431

今年の春ごろタイヤ交換をしたばかり、更に諸事情でディ-ラ-さんにピットインしたままだったので殆どタイヤは摩耗しておりません。

しかし、オ-ナ-さんはパワ-ス-パ-スポ-ツ「EVO」が気になって仕方が無いようです。

見て触って唸っておられましたが・・・・。

おまけに発売即欠品というミシュランさんのお家芸も購買意欲に火を付けたかも??

当店に在庫している希少な1セットはだれにも渡さんと・・・・^^;

柳川のブルタ-レさんに先を越された雪辱?も手伝って・・・も-辛抱たまらんので交換してちょ-・・・・みたいな。

DSC01433

でもってパワ-ス-パ-スポ-ツと見た目は全く変わらないパワ-ス-パ-スポ-ツEVOに交換。

ご本人・・・ご満悦^^

まぁ見た目の違いはシリカ系のラバ-を染料で染めた黒とブラックカ-ボン系の漆黒の色との差はありますが・・・・

それを見つつ、う-んイイね-なんて・・・あまりもマニアックな話ではありますね(~_~;)

オ-ナ-さんは早速テストツ-リングに出かけられた様で想像以上のエヴォリ-ションに大満足の様ですね♪

MICHELINのス-パ-スポ-ツは欧州でもピレリのロッソコルサと比較対象とされていましたが、今となっては比較すべくも有りません。

まぁロッソコルサのネガ潰しって開発指標も有った様なので当然超えて来たという所でしょう。

DSC01432

ところで久々に問い合わせが多いMICHELINのハイグリップレンジのタイヤですが安定して供給できるのは9月中旬ごろからです。

ポツンポツンと入荷して来るサイズも有りますが・・・・ホンマに少量です。

プレミアムグッズのプレゼントキャンペ-ンも予定(密かに実施中)してますが、タイヤ供給が安定していないので告知も出来ません^^;

因みに個人的には主砲に成りえると考えているCUP EVOは年内供給は難しい様ですねぇ・・・・。

フランスさんの事情と言うより思惑を感じますが・・・・

DSC00256

CUP EVOは待ち望んでいたとってもヤンチャなタイヤです、宮城光氏も立場を忘れて絶賛してました^^

もう待ちきれません・・・・・。

 

ブログランキングに参加しています!ポチっと応援、宜しくお願い致します(^.^)/

2015.08.18

シャラマッハ波

metcrr

メッツラ-から新発売と成ったレ-ステックRR

マン島TTのチャンピオンタイヤとして評価も高いようですね。

デュアルコンパウンドのレイアウトはミシュランの2CTプラスと良く似た考え方を採用しています。

まぁカタログの解説しか見ていないので詳しい事は分かりませんが・・・

その中でトレッドパタ-ンはシャラマッハ波を分断するデザインとしていますが解説が良く解りません。

シャラマッハ波、若しくはシャ-ラマッハ波と言うのはタイヤの回転速度と空力音のメカニズム解析の理論の中で聞いた事がある様な・・・・?

そもそもシャラマッハ波は高速で回転するタイヤのエラストマボリュ-ムに関連する剥離層の話では無かったかと思いますが・・・

またタイヤの回転数は速度では無いので音速を超えると言う意味とは物理的に違うと聞いたことも有ります。

なので残念ながら良く解りません。如何いう事なのでしょうか??

気に成る・・・気になって仕方が無い・・・・(-_-;)

« Previous | Next »