2017.06.14

ハ-ドネス

この間POWER RSのライトクラスサイズについてトレッドラバ-の硬度がうんぬんなんて書いたらPOWER RSはハイグリップタイヤでは無いの?なんてご質問が・・・(^^;

ここではハ-ドネスはタイヤのトレッドラバ-の硬度の事と考えてください。

一般に硬度はデュロメ-タ-で計測し単位はHAになります。例えば硬度HA50はHA70より柔らかいという事に成りますが・・・

柔らかいイコ-ル摩擦力が高いという事ではなくハ-ドネスが低くても摩擦力が低い場合もあるし硬度が高くても摩擦力は高い場合もあります。

タイヤのグリップはケ-スも含めた総合力であってトレッドゴムの硬度の高低は一つの目安。

グリップ力へのアプロ-チは様々な要素の上に成り立っています・・・が・・・・

グリップ力の大小は天然ラテックスの素性に寄るところも大きい様です。産地で摩擦力は異なると言われています。

なので同じ銘柄のタイヤでも材料調達の都合で主材料のゴムの産地が変われば能力が異なる可能性は十分にあり得るという事ですね。

なのでPOWER RSのライトクラスサイズのレベルをデュロメ-タ-の数値だけで知ることは出来ません。

まぁ少なくともスパコルと同じセグメントではない事は申し上げておきます。

 

2017.06.12

POWER RSライトクラス発売開始

いよいよリリ-スが始まったPOWER RSのライトクラス適応サイズ。

取りあえず110/70R17と140/70R17サイズが入荷いたしました。

このサイズについてメ-カ-さんからは特に詳しい案内は頂いておりませんが・・・如何なのか?

グル-ブデザインは同じですが構造やラバ-は専用のモノだと思いますが・・・・。

理屈から考えてもラバ-は当然異なる筈で傾向はどっち向いてるのでしょうかねぇ?

構造はこのサイズでACTは難しいと思うし必要性も如何かと言う話ではありますね。

難しいと言うのはACTの特徴的な特性が実現し難いと思います。

あくまでも触診ですが先ずはケ-スの構造は他のビックサイズとは異なる感じ。バイアスチックな感じがします。

トレッドラバ-の硬度は他のクラスよりソフトな方向の様ですが・・・それでもピレリのスパコルと比較するとかなりハ-ドですね。

セグメント的にはS20EVO(H)やα14と言う事に成るのでしょうけど。んん~見た目では判断できませんが・・・

さて他のサイズと同じようにミラクルなパフォ-マンスを発揮する・・・のか?? な-なんて印象です。

印象的には各部の数値や形状はPILOTストリ-トラジアルと似てますね。あくまで触感と数値から見た感じではありますが、走ってみなけりゃ分かりませんね(^^ゞ

2017.06.11

シティグリップ

ウチでは滅多に出ないシティグリップ。

交換作業をしていて何だか違和感があるよね~なんて思ってましたが・・・あらま・・・・

サイドウォ-ルのレタ-が逆なんですね・・・・知らんかった。 まぁこのカテゴリ-のタイヤとは縁が遠いですもんね・・・(;’∀’)

2017.06.01

AG

AGとは農業車両用タイヤの事でアグリカルチャ-の略です。

オ-トバイ用はMCでモ-タ-サイクルの略、それぞれカテゴリ-別に区分けされております。

因みに同じメ-カ-でも取り扱う会社は別で基本的にも当店ではMCの取引しか御座いませんが・・・・

常連のお客様からご依頼があると断りづらいのですよねぇ。多分、専門の販売店の方が価格も安いのではないかと思いますが・・・。

今回はチュ-ブ交換。 でももうタイヤは限界だと思います・・・(;’∀’)

ご安全に!

2017.05.24

VANラジの空気圧

当店でもたま-に4輪タイヤの交換を承っておりますが、VAN用ラジアルタイヤの空気圧設定は同じサイズでもLI値とプライで変ります。

数値はタイヤメ-カ-が明確に表記してますね。

例えば今回交換した195/80R15 103/101Lであれば最大空気圧は350kpaに成ります。

同じサイズでもPR/LIが107/105Lに成ると450kpaが最大空気圧に成るわけで・・・・

無論、車輛の許容する最大積載時の空気圧に成りますが、空車であれば当然タイヤ内圧は低くなります。

条件によってタイヤの内圧は変わるという事で分かり易いですよね、明確だし理屈でもあります。

何故MCタイヤに成ると不明瞭な話に成るのでしょうねぇ???困ったものですね~。残念!!

 

ブログランキングに参加しています! ポチっと応援、宜しくお願い致します(^^)/

 

2017.05.23

POWERスリックEVO

最近、ファンライドユ-スの方々の支持を得始めているPOWERスリックEVO。

まぁプレジャ-なRACINGタイヤではありますが、その実力は選手権レベルでも通用するものです。

スリックタイヤは能力は高いが神経質で使いずらい、STDの車体だったらパタ-ン付きが適しているとも言われておりますがPOWERスリックEVOはファンライドレ-シングタイヤで公道タイヤと同じ規格が担保されています。

因みに公道走行は不可ですが・・・・。

タイヤウォ-マ-も特に必要なく無いより有った方がエエかもレベル。

空気圧も他社のガチRACINGの様に極端な低圧仕様ではなくPOWER RSと同じ程度。

コンパウンドは1種類で多くの条件をカバ-します。一般のユ-ザ-さんが使いやすくイベントレ-スやサ-キットのスポ-ツ走行を楽しむためのトラック専用タイヤです。

ス-パ-コルサv2scよりも使いやすいと思います。只ねぇサ-キットまでトランポで運ぶ手間は掛かりますけど。

今回は鈴鹿の走行会に向けてPOWERスリックEVOを装着!

200/55ZR17極太スリックタイヤは迫力満点! パタ-ンが無いのにカッコええ~~~(*‘∀‘)

ご安全に!

 

ブログランキングに参加しています! ポチっと応援、宜しくお願い致します(^^)/

2017.04.28

やっぱり謎の指定空気圧

4輪タイヤの設計に携わっている知人と久々に話をする機会が有りました^^

その彼もバイク好きで普段はCBR1000RRに乗っていてNewCBR1000RRを注文したらしい。

ところでやっぱりと言うか話は巷のタイヤ空気圧について少々意見交換をしましたが・・・・

4輪の世界でも空気圧パンパンな風潮は変わらないようですね・・・・・

例えば同じ軽自動車でもパジェロミニとスズキハスラ-の適正空気圧は180kpaに対して250kpaと全く違う数値に成ります。

まぁそりゃあそうだって話なのですが、構造も違うし目的とする使用要件、そもそもセグメントの違うタイヤが装着されています。

しかし巷ではそ-ではなく同じ扱いだったりします。

ところで知人もバイクの世界の空気圧について機種も違いセグメントも違っているのに何故250/290kpaが基準の様になってるの?って。

しかもタイヤの製造も設計も開発もしていない車両メ-カ-が空気圧を決めてるなんて不思議だねって話。

まぁJATMAの規格、しかも最大空気圧に沿った数値を指定しているわけで・・・コストやコンプライアンスも絡めた企業の都合って所でしょうか。

更にタイヤの開発も設計も製造もしない車体メ-カ-さんの都合の良い空気圧に沿ってタイヤを開発するメ-カ-も出て来たし。

要は車輛メ-カ-さんの気持ちを尊宅したって所でしょうかね・・・・(^^;

RACINGスリックもRACINGレインもそれぞれ適正内圧は違います。それぞれ使用条件によっても違いが出てきます。

ストリ-トタイヤにも同じことが言えるわけで・・・なんとも困った話だね・・・みたいな。

おしまい。

2017.04.27

自動車タイヤ新聞

色々な業界にはそれぞれ業界紙なんてものが有ります。

一般の方々が目にすることは少ないと思いますが・・・・

タイヤ業界、広い意味ではゴム業界にもゴム報知とか月刊タイヤとか自動車タイヤ新聞成るものがございます。

その業界紙のSNSに記載されたので・・・貼っておきます(^^)/

【ミシュラン】スポーツライドを楽しむ二輪車用タイヤ

2017.04.24

PowerRS to ブラックバ-ド

以前、マルケジ-ニに換装されたお客様ですが久々?にタイヤ交換。

最新のPowerRSをご指名に成られましたがリアの標準サイズ190/50ZR17の入荷タイミングがご希望の交換日と合わず190/55ZR17を装着。

現在は190/50ZR17の出荷も始まり在庫もしているのですが、オ-ナ-さんも一度190/55ZR17を試してみたいとの事で装着しました^^

因みに後付けのリアフェンダ-(インナ-)はモノによってはクリアランスが狭くタイヤと接触する場合が有ります。

特に90年代から2000年代初め頃はクリアランスが狭い方が見た目にカッコ良いとか空力的に有利とか・・・・

根拠は兎も角そんな流行りの様なものが有ってクリアランスが狭いフェンダ-が多かったですね。

ブラックバ-ドも当時の車両なので例にもれずそのまま190/55ZR17を装着するとタイヤとフェンダ-が接触するので装着には工夫が必要です。

ところでタイヤのサイズも表記と実寸が異なる場合が多くトレッド幅や直径はJTMAの規格上も許容範囲が示されており表記と実寸の差を認めています。

またカタログに表記されている寸法も実寸と異なる場合が多く概ね標準の寸法が記載されています。

なのでドカティやMVなどフロントフェンダ-のクリアランスが狭い機種は同サイズタイヤを装着しても銘柄によってはタイヤと接触する場合が有ります。

そんないい加減なことでいいのか!って私も思ったりしますがタイヤはゴムの圧力容器なので業界では昔からの慣習と成っているようです。外径成長もするし・・・動的な寸法と静的な寸法も違うし・・・変形もするし・・・伸縮するものですから。

RACINGタイヤの場合はタイヤの寸法がレシオやディメンジョンに影響を及ぼすので各部の実寸が公開されている場合も多いのですが・・・・。

一般公道用のタイヤについても当然影響はある訳で各部の寸法設定でタイヤの特性も変わります。

トレッドアングルや幅、展開寸法やハイト、前後タイヤのサイズバランス等々・・・

寸法だけ見てもそのタイヤのキャラクタ-はある程度分かるしその狙いも読めたりします。

そもそも狙った特性を与えるためのアプロ-チは色々とある訳で最近の良い例がα14とPowerRSでカタログを見る限り同じセグメントのタイヤで特性も同じところを狙っていますがアプロ-チは全く異なります。

まぁあまり書くとまた訂正を求められるかもしれませんので・・・・詳しい事は・・・・止めときます。

PowerRSはある意味辿り着いたと言っても過言ではないス-パ-ストリ-トタイヤ。

ブラックバ-ドにもきっと違う景色を見せてくれると思います。ご安全に!!

 

ブログランキングに参加しています! ポチっと応援、宜しくお願い致します(^^)/

 

2017.04.22

訂正

久しぶりに自宅上空に引かれた飛行機雲を観ましたね-♪

黄昏時の飛行機雲は旅情を誘いますね・・・・何処か遠くへ行きたい・・・・みたいな。

ところで4月18日のブログの記事中、α14の適正空気圧についてフロント250kpaリア290kpaが適正内圧で例えばMT07のメ-カ-指定空気圧が225/250kpaの場合、250/290kpaに設定変更するウンヌンと記載しました。

これはダンロップ販社の営業の方に確認した話で「その様です」と伺いましたが事実誤認の様です。

この記事を読まれたメ-カ-の方から販社を通じて訂正を求めるお話を頂きました。

α14に関しては車両メ-カ-の各車両に指定されている空気圧が適正値とのことでソロ・タンデム・フル積載またサ-キット走行においても指定空気圧に準じるという事でした。

因みにR1100Sのソロでの指定空気圧はF225kpa/R250kpaですが車重や出力がほぼ同じと言って良い車格のR1200RSは全ての条件でF250kpa/R290kpaが指定空気圧となっています。

この場合α14を装着するとそれぞれ異なった数値を適正としていると言う解釈に成りますね。

私にはこの理屈は理解できませんがメ-カ-さんが言って居られるのですからα14に限って言えばそれが正解と言う事でしょう。

それにしても販社の方にお伺いした話を基に私的考察を加えた話だったわけですが・・・

個人のブログにメ-カ-さんが訂正を求める・・・プレッシャ-ではありませんと仰ってましたけど・・・

まぁなんだ、ご安全に!

Next »