2018.06.27

風の公園

何時ものコ-スの途中にある風の公園。とても景色の良いところですが物凄く狭い道を通らなければなりません。

ぱぁ~っと開ける感じも良いのですけどねぇ。

何時もバイクは居ませんが磯釣り師の車は沢山止まってます。釣れそうな場所ですもんねぇ。

まぁ私はここで一度も釣れたことは有りませんが・・・・(^^;

そして別の場所・・・こちらは何時もは賑わってますが、この日は車もバイクも全く居ません。

おばぁちゃんの電動車椅子が1台だけ。 早朝の散歩の様でしたけど・・・これがビックリ!

車椅子を駐車場の脇に止めたおばぁちゃん、椅子から降りてよたよたとガ-ドレ-ルの方へ・・・・

何をするのかと見ていると、ガ-ドレ-ルに手を掛けて・・・・ひょぃっと・・・・飛び越えちゃいました(;’∀’)

ええ~~~~~っ!! 身軽すぎ!! 電動車いす・・・いらんやろ・・・・。

みたいな(^^;

2018.06.13

快適♪

貴重な晴れ間にふらぁ~っと朝駆け♪ もうフルサマ-ジャケットで丁度良いですね~!

空も海も青いし・・・・このまま帰らずに・・・なんて思ってしまいますが・・・・。

営業開始の時間には戻らんばいけません。

近いうちにそこそこロングに行きたいなぁ。

 

ブログランキングに参加しています! ポチっと応援、宜しくお願い致します(^^)/

2018.05.25

朝駆け・・・

梅雨を前にして天気予報を見ながらなんとか予定のスケジュ-ルを進めたい・・・みたいな。

月曜日の予報があまり芳しくないので今年初の5時出撃。

いや~山陰の早朝はまだ寒いですね~。帰りは通勤ラッシュにつかまって・・・(;’∀’)

それにしても早朝のワインディングは野生動物に注意ですね・・・・

イノシシとか鹿とかキジとか・・・危ないっす。

鳥類も哺乳類も朝まずめって奴ですね・・・・ご安全に!!

2018.05.15

楊貴妃伝説の港

本州最西端の川尻岬のある向津具半島。その向津具半島の小さな港に残る楊貴妃伝説。

内乱の続く唐の国を数名の侍従と共に密かにうつろ船で脱出を計り流れ着いたのがココの港と言う伝説。

侍従の殆どが衰弱死しており楊貴妃自身も衰弱が酷く助けられたものの数日後息を引き取った。

その際、助けた漁民に自らを楊貴妃と名乗り礼を告げたと言われておりますが・・・・

楊貴妃の時代は日本では奈良時代に成りますね。

二尊院に残る楊貴妃の墓とされるものは五輪塔と呼ばれ平安以降のモノ?おやおや???ですが・・・。

明治時代に大雨による土砂崩れで最初の五輪塔は流されたらしく、その跡地から青銅の剣や唐時代の調度品などが発見され・・・信憑性が高まったとか何とか・・・・。

楊貴妃の墓は平安頃に建て直された五輪塔だったのかもですね。何れにしても太古のロマン漂う向津具半島。

にしても世界三大美人と言われるクレオパトラ、楊貴妃、小野小町の内2人の墓がある山口県・・・。

R1100Sを走らせながら何かの拍子にタイムスリップしたら・・・なんて思ったりするのでありました(^^;

 

2018.05.14

向津具半島~♪

今日は超快適ですね~♪ 向津具半島グルっと回って300km!

沖合ではヤズのナブラが立ちまくり、鳥山もずげぇ~し!! ジグ投げてぇ~~~し。

ところで向津具半島ってムカツク半島って読むのですよ・・・全くムカつかない風光明媚なところですけど。

ご安全に(^^)/

2018.05.13

待ってました!

ディアブロロッソコルサⅡのウェット性の確認をやらんばと雨を待ってました!

外気温20℃路面温度20,5℃、まぁ丁度良い所ですね。

高速及び何時ものワインデングをぐるっと走って来てウェットグリップはまぁ問題なしです・・・が。

ト-タルとしてウェットではネガが多いですね。普通には走れますが・・・優秀とは言えません。

まぁ想定内の検証になりました・・・・S1000RR・・・ドロッドロ・・・・。

2018.05.10

角島

何時ものコ-スでふらぁ~っと角島まで朝駆けしましたけど・・・・まだ寒いですね~。

駐車場にはハ-レ-がヅラっと並んでましたけど・・・全員注目!みたいな・・・・。

何だか止め難くて駐車場は通り過ぎて何時もの漁港で一服。

堤防にはシ-ズンインしたエギンガ-がぽつぽつ。そういやぁ釣り行ってないなぁ。

因みにやっぱROAD5は快適ですね♪

2018.04.26

スタビリティ-

S1000RR&ディアブロロッソコルサⅡで走った同じコ-スをR1100S&ROAD5で走行。

トラコンもバックトルクリミッタ-も装備されていないし馬力も半分。

しかし・・・これが頗る快適で特に荒れた路面では嘘のように安定性が異なります。

脚屋のバイクですから足回りはそれなり、タイヤ内圧はROAD5の方がかなり高くR1100SにBMWが指定した内圧。

なだらかな路面ではロッコルⅡの絶対グリップ力とタイトな旋回力はエキサイティングで絶対能力の高さを否が応でも感じますがバンプやギャップの多い路面ではその能力も発揮できません。

そんな路面をROAD5は難なくいなし、大きな入力を与えなくても公道では十分なグリップと極ニュ-トラルなハンドリングは余裕ですらある。

故に疲れも無くリラックスしてライディング出来る、なので季節の風を感じながら流れる景色も楽しめる。

リラックスしているから道路状況等の情報も極めて多く受け取れるため安全マ-ジンは格段に高いと思います。

更に荒れた路面のワインディングでのアベレ-ジ速度はROAD5の方が高い。

無論、欧州の速度規制下で整備されたワインディングやトラックであればディアブロロッソコルサⅡのポテンシャルに及ぶものでは無いし、早く駆け抜けるという前提であればロッコルⅡは秀逸であると思います。

でも今回の走行で今更ながら公道での要件、安全性やスタビリテイ-と言った意味においてROAD5に与えられたパフォ-マンスは改めて素晴らしいと思いますね。

まぁセグメントは全く違うので比較するのは如何かとも言えますが、何方も公道を走行するという前提で考えると担保すべき要件の優先順位は何が重要なのかを考えさせられます。

因みに公道前提で考えるとピレリのラインナップの中ではロッソ3の方が適性が高いのかもしれませんね。

とは言ってもタイヤに求められるパフォ-マンスは人それぞれで荒れた路面ではそれなりに走ればよいし得意なシチュエ-ションで最大限の能力を発揮すれば良いという考え方も有りだと思います。

私自身ロッコルⅡの能力はウズウズする程魅力的に感じております。

がそれにはリスクも伴うという話。

ハイグリップタイヤ好きの私的にはロッコルⅡは非常に魅力的なタイヤだと思いますがROAD5と同じ方向性を示すPOWER RSがこれまでにないセ-ルスを実現している理由も良く理解できます。

まぁバイクに求める楽しみ方はそれぞれだと思いますが安全性は何にも勝ると思うし、乗りやすさ扱いやすさは最大のパフォ-マンスであると改めて感じた次第でございます。

ご安全に!!

 

ブログランキングに参加しています! ポチっと応援、宜しくお願い致します(^^)/

2018.04.18

色々・・・・

色々手を入れたら・・・・色々だったので・・・・色々手直し・・・・

意味不明・・・(;’∀’)

2018.04.17

肌寒い・・・

何時もの朝トレコ-ス、今日はちと肌寒いですね-。

妙見神社の藤棚にも花が下がりました、いよいよ初夏に突入と言う所ですが・・・・。

昨日の朝駆けは3シ-ズンのウェア-ではまだ寒い、と言ってウィンタ-では暑すぎるし。微妙ですね。

3月ごろまでは朝駆けでバイクを見かける事も殆どありませんでしたけど、4月に成って平日朝駆けライダ-さんが増えましたね~。

が・・・皆さん・・・朝はまだ寒~~~~っ!なんて仰ってました。特に山口は冷えますね。

朝駆けは一枚多めに着込みましょう~!

« Previous | Next »