2018.12.16

POWER RS to GSX-S1000

山口県周南市からご来店のお客様、ROAD5をご指名いただいておりましたが・・・

やはりPOWER RSにと。

距離的に7000km程度持てば十分との事。だったら低温側でも十分パフォ-マンスを発揮するPOWER RSに・・・みたいな。

極低温側はROAD5が優れるとは思いますがPOWER RSも路面温度1℃でウォ-マ-無しでSPA直入を47秒台程度では何の問題もありませんでした。

まぁ公道とは条件が違いますがウォ-ムアップ性も十分で・・・昔のミシュランとは違います(^^;

但しタイヤ内圧によってキャラは変わるので推奨させていただいている内圧でのパフォ-マンスです。

ところで周南市からご来店なられるお客様って多いようですがどうしてですか?って尋ねられましたが・・・・・

いやいや、私の方がお伺いしたい話です(^^ゞ

因みにライコランドさんも山口県からのご来店が多いようですよ。ライコランドさんは品揃えが魅力でウチはミシュランのディ-ラ-でミシュラン製品の在庫と情報量というところではないでしょうか・・・分かりませんけど。

もしかしたら有名なカレ-のお店とか、食いしん坊に登場したラ-メン屋さんが近くにあるからかも・・・・(;’∀’)

遠路ご来店、有難うございました!ご安全に!!

 

ブログランキングに参加しています! ポチっと応援、宜しくお願いいたします(^^)/

2018.12.14

XSR700健脚

BMWから乗り換えられたお客様、XSR700は大変気に入っているとの事ですが・・・・

どうにもフロントが落ち着かずバタバタしていると・・・ステダンを取り付けたほうが良いのかと。

それは多分ステアリングダンパ-ウンヌンの話ではなくフロントフォ-クの設定から来るものだと思います。

また私らの世代から見ると懐かしくも熱き時代を思い出させるファントムスポ-ツコンプもまた影響しているのではないかと思います。

まぁ何方もらもOEMでYAMAHAさんが導き出した最適値なのかもしれませんが・・・。

XSRというネ-ミングに値した見た目というかネオクラッシック的なティストも大いに要件に入るでしょうから否定するつもりは毛頭ありません。

ウチのやることはオ-ナ-さんにとっての最適値を導き出すことです。

兎も角もフロントフォ-クはMT07と同じなので手を入れるところも設定もほぼ同じで良いと思います。

かなりフロント側が高い気もするのでディメンジョンも若干変更、更にタイヤ内圧を見直し調整。

というかXSR700の指定空気圧はフロント225kpa、リア250kpa。なのに何故かフロント250kpa、リア290kpaが充填されています。

何だかもう機種別の指定空気圧なんて・・・・そんなの関係ねえ・・・・みたいになっちゃてる様ですね・・・(*_*;

なのでフロントは正規の指定空気圧、リアは指定空気圧よりもやや低い数値で再設定。

まぁ内圧は高い方が軽快感があるとか旋回性が良いなんて話は少々違う話です (^^;

無論、低ければよいというものではありません、あくまでも適正値が大切。

本当はリアショックも交換したほうが更に更に快適になると思いますが・・・先ずはフロントの健脚。

完了です! ご安全に!!

 

ブログランキングに参加しています! ポチっと応援、宜しくお願いいたします(^^)/

2018.12.12

RSV4健脚

そもそも黄金の健脚が前後に標準装着されているRSV4。

フロントフォ-クはREPのものと仕様は違っていますがOHLINSはOHLINS、手を加えればやっぱOHLINS!みたいな。

今回はフォ-クからのオイル漏れ、修理するだけでは無くこれを機にモディファイをとご来店に成られました。

損傷はシ-ルのみなのであれやこれやと手を加えて組み上げます。若干ディメンジョンも変更しセットアップ。

が・・・リアとのバランスが気になりご依頼はされていませんがリ・アジャスティング。

それは兎も角、アプリリアのRSV4って滅多にお目にかかれない希少車ですよねぇ。

当店でも他に一台RSV4のお客様が居られますが、そちらはスズカ8耐に参加した車両そのものを公道様に戻したもので・・・

何がど-なっているのか何がノ-マルで何処をいじっているのか凄まじいカスタム?だったのでほぼノ-マルの状態を見るのは初めてです。

相変わらず妖艶なスイングア-ム、同社のRS250のスイングア-ムを見た時からほれぼれしていましたが・・・・

やはり血統でしょうか。ほんなこつ美しか~(*‘∀‘)

ヌメっとしたアルミツインスパ-フレ-ムもなまめかしいですよね。

ごついアルミの桁然としたS1000RRのフレ-ムとは違いますよねぇ・・・・。質実剛健も良いですが・・・・。

美しさは正義だとおもいます(^^;

ご安全に!

 

ブログランキングに参加しています! ポチっと応援、宜しくお願いいたします(^^)/

2018.12.09

POWER RS to SRX6

初めてご来店のお客様、POWER RSをご指名いただきました。

POWER RSはこの年代のモデルともマッチングは良くグ-ス350等のお客様からも高評価を頂いております。

ところでSRX6の最終モデル3SXって程度の良い中古車を探すのは一苦労の様ですねぇ。

オ-ナ-さんも運よく知人から譲ってもらったと喜んでおられました。程度の良いものは価格もかなりですもんねぇ。

当店はSRXマニアなお客様がそこそこ居られて皆さんブチ程度が良いです。まぁ部品もかなり廃盤が多く仕上げるのは大変そうですが。

当然、社外のパ-ツも新品を手に入れるのは難しくオ-クション等で探されているようです。

がしかし・・・なんと中華パ-ツメ-カ-では意外なものが手に入るそうで・・・・いわゆる偽物ですが(;’∀’)

でもねぇこれが中々造りも良くて超低価格。性能は兎も角・・・ベ-スとして手に入れて手を加えてモディファイするのも有かも。

健脚に関してはフロントはフリ-バルブタイプなのでチュ-ニングも簡単、バネも手に入るしインナ-チュ-ブも廃盤に成っていません。

リアショックはウィルバ-スで特注を掛けてもそんなに高価ではありません。

SRX6セル付きモデル・・・・いいですねぇ(^^♪ 売らずにとっておけばよかったなぁと後悔しております・・・・。

ご安全に!

 

ブログランキングに参加しています!   ポチっと応援、宜しくお願いいたします(^^)/

2018.12.07

Ninja250SL健脚完了

開業以来、長いお付き合いの常連様これまで乗られてきた車歴の殆どは健脚仕様。

たいていの事はご自分でやられていてエンジンの全バラなんてお手の物、電気系なんて私より詳しいと思います。

足回りだけは当店にご依頼に成られるというマニアックなお客様でございます。

今回は新たに導入したNinja250SLの前後健脚を承りました。

フロントフォ-クはウチのオリジナル、リアはタ-コイズブル-のナイトロンを投入です。

それにしても・・・ナイトロンさんの納期はある意味恐ろしい・・・納期一か月の回答を頂いていましたが・・・なんと。

即納(;’∀’)

代引きですから・・・そりゃあ恐ろしい話です・・・・。

フロントは後付けのプリロ-ドアジャスタ-のみであとは調整機能はありません、一発で決めますがホント過去デ-タ-って大切ですね。

リアに関しては他社同クラスと違って立派なリレ-が・・・と思いきやベアリングレスですね。オイルレスメタル仕様です。

更に締め付けトルクはハルクホ-ガンが全力で締めましたやろ・・・みたいな・・・ガッチンガッチンに締まってます。

フロントフォ-クも同じくですが正立だから動いているってなもんです。なので・・・・

全ての取り付けボルトのスレッドチェック。いやいやNinja250Rもそうでしたけどオ-ナ-さんは一度解いて組みなおしたほうが良いと思いますよ。

今回は走行5000kmで丸坊主になったOEMのBT39からIRCのRX03SpecRに交換、まぁ持たないとは思いますが・・・・

兎も角もデイメンジョン変更とリアのセットアップ、手押しのチェック。Ninja250SL健脚完了です!ご安全に!!

 

ブログランキングに参加しています! ポチっと応援、宜しくお願いいたします(^^)/

 

2018.12.06

ZX14R 健脚完了

佐賀からご来店のお客様、佐賀といえば釣りよかですね―って関係ありませんが・・・(^^ゞ

フロントの健脚とリア周りのメンテナンス及びすでに装填されているOHLINSのセットアップを承りました。

ZX14RのSTDのフロントフォ-クは比較的確りしたものが採用されていますが・・・どうも入りが渋い。

この辺は相性や好みもあると思いますが・・・・。

圧側減衰を全抜きにしても渋さは取れません。伸び側減衰を抜いていくと入りの渋さは多少改善されますが、今度は伸び側の減衰が十分ではなくなります。

この辺りを中心に弄り倒していくわけですが・・・ウチの健脚の出来に関しては好評を頂いているので方向は正解だと思います。

兎も角もインナ-チュ-ブの小傷等々を手研磨して組み上げます。車体に組み立て手押しでチェック・・・やっぱこれですよねぇ。

みたいな。

リアのリンク周りのメンテナンス&グリスアップですがこれらの一連の作業の中で一番難儀なのはZXR14RやZZR1400の場合センタ-スタンドのリタ-ンスプリングの脱着なんですね~。

私に室伏広治さんの様な腕力があれば何の問題もないのですが・・・・・

色男・・・金と力はなかにけり・・・なんつって(^^;

多分出荷状態でポン付けされたOHLINSは誰が乗るのって状態。関取でも想定しているのでしょうか・・・

まぁオランダやドイツだったら関取みたいな方も多いかと思いますが・・・リ・アジャスティング。

オ-ナ-さんからお伺いしていたリア周りからの異音、これはフレ-ム側とリレ-のジョイント部のグリス不足ですね、多分。

組み上げ後は異音は消えているので間違いないでしょう。

ディメンジョンも見直して前後セットアップ、ZX14R健脚完了です。

クオリティ-の高い足回りは何時もの道が変わります、バイク感そのものが変わります!  ご安全に!!

 

ブログランキングに参加しています! ポチっと応援、宜しくお願いいたします(^^)/

2018.12.04

XSR900健脚完了

MT07やMT09の健脚はかなりの台数を熟してきましたがXSR900は初めてです。

といってもMT09と同じでありますが・・・。

フロントフォ-クはインナ-カ-トリッジをMT09用を純正流用で追加、これ相当に効果的です。

当店では定番のMT系フロントフォ-クのモディファイです。にしても・・・最初から両側に装備してほしいものですね。

でもってリアにも定番のOHLINS投入、こちらもMT09と共用です。

OHLINSはリモ-トプリロ-ドアジャスタ-無しのYA335を投入しましたが価格も35000円ほど安価で性能は同じです。

というか耐久性やメンテナンス性、セットアップの幅もYA534よりもYA335の方が幅広いしおお勧めです(^^)/

MT系XSR系のプリロ-ド調整はメカニカルタイプでも大して面倒ではありません。

何よりも35000円浮かせれば健脚祝いで焼肉屋さんに行って特上ロ-スを腹いっぱい食べてもおつりが来ます・・・・(*‘∀‘)

更に言えばレ-ト違いのスプリングだって買えちゃいます。まぁ変える必要はないと思いますけど・・・・。

下がるのはウチの売り上げですから(‘◇’)ゞ

それは兎も角、フロントフォ-クもバッチリ!リアのOHLINSもバッチリ、ディメンジョンも変更してバッチリ!!

無論、セットアップもバッチリ(^^♪

全てバッチリのXSR900健脚完了です!!! ご安全に!!

 

ブログランキングに参加しています! ポチっと応援、宜しくお願いいたします(^^)/

2018.12.02

チェックイン

降り出しましたねぇ、今日から暫く雨模様が続くようですねぇ。

雨が降り出す前に佐賀からのお客様と行橋からのお客様がチェックイン・・・何とか入れ替わりはスム-ズに行きました。

来週はこの2台の健脚、じっくり行きましょう(^^)/

POWER RS to YZFR1

初めて当店でタイヤ交換を承るお客様、色々とお話をお伺いし・・・・

ガチっとしたグリップ感がお好みの様でご希望のセグメントの中からS21をお勧めしました・・・が・・・しかし・・・

POWER RSをご指名いただきました。まぁ・・・グリップレベルそのものは同等以上ですがガッチリ感はある程度以上の負荷がかかった時という条件付きですからねぇ。

ガチっとしたグリップ感というのは実際のグリップレベルとは異なりケ-ス剛性の取り方によるところが大きいと思います。

面なのか点なのか・・・昔々大いにやりましたもんね。

某雑誌などでもタイヤの摩擦をク-ロンの摩擦法則を引っ張り出して説明していますが正しくもありゴムの場合正しくもない。

ゴム等の場合、弾性率を示す材料では法則には従わない場合が殆どといってよいでしょう。それでもトレッドゴムの特性にもよりますが剛性が高いほうがガチっとしたグリップ感を得やすいことも有ります。内圧が高い場合も同じ傾向になると思います。

でもそれは実際の摩擦力高さではありません・・・更に市街地などの低中速走行ではネガティブな面も出てきます・・・みたいな。

兎も角もご本人のご希望でもありミシュランのディ-ラ-店としては異議なしであります(;’∀’)

ところで換装前のタイヤはロドスポⅡ、見た目はまだまだ行けるって感じですがオ-ナ-さんはもうNGとご判断されたようです。

にしても同じタイヤサイズですがダンロップってホントMAXサイズですよねぇ。

ワンサイズちゃうんやないの?って位に違いますね、実寸もデカイ。この辺りの考え方は大いに違う・・・私とは(;’∀’)

ところでオ-ナ-さんはPOWER RSのパタ-ンが良いと^^  ゲッタ-の様でカッコイイと。(なんだかうれしい♪)

よっ!ご同輩!!  ご安全に!!!

 

ブログランキングに参加しています! ポチっと応援、宜しくお願いいたします(^^)/

2018.12.01

CD125

往年の名車メグロを思わせるホンダCD125、タイヤ交換を承りましたが・・・・これが・・・・。

簡単に考えていたのですが実際にやってみると・・・そ-と-手間が掛かります。リフタ-が無ければさらに大変だと思います。

久々に知恵の輪・・・的な・・・。

ところでオ-ナ-さまはCD125でなんと京都までツ-リングに出かけるというツワモノ。凄いですね。

タイヤはIRCのNR21という一昔前のMICHELIN M48を思わせるトレッドパタ-ンですね。

兎も角もご安全に!!

 

ブログランキングに参加しています! ポチっと応援、宜しくお願いいたします(^^)/

 

« Previous | Next »