2019.07.05

WSL ♪

2台のKawasaki ninja250SL、最近店先のム-ドが変わってきたような・・・・

ライトクラスのご来店が増えましたね~。

まぁ一昔・・・いやふた昔前は殆ど250or400レプリカばかりでしたもんね。

時代は繰り返すのでしょうか?

CB1300SF 健脚

CB1300SFの健脚です、既にオ-ナ-さんの手によって前後サスペンションには手が入っていますが・・・・

CB1300SF(NC40)はダブルプロリンク方式。

このシステムはモノショックタイプのプロリンクをツインショックに転用したものでプログレシップ効果とスム-ズな作動性を狙ったものでコンフォ-ト重視とも言えますが・・・・

個人的には腰が無いというかメリハリがないというか・・・そんな感想を持っています。

そもそもリンク無しの場合バリアブルピッチのスプリングを採用したりショックそのものをレイダウンしてプログレシップ効果を生み出す方向ですがバネの設定が難しく変化点がスム-ズでなかったり全屈感が顕著であったり・・・

これを解決したのがダブルプロリンクとされていますが現在は廃止されていますねぇ・・・・。

今回はフロントフォ-クのモディファイとリアOHLINSのオ-バ-ホ-ル&セットアップを承りました。

まずリアのダブルプロリンクは初めて解くというところでしょうけど・・・固着してカチンコチン・・・・(^^;

メンテナンスを施してスム-ズに作動することを確認の上、メリハリの無さという欠点?をカバ-すべくセットアップ。

因みにダブルプロリンクにバリアブルピッチのスプリングを組み込んでおられる方も見かけますが・・・多分アンマッチだと思います。

フロントフォ-クはハイパ-プロのスプリングに換装されているので考慮の上仕様変更。減衰調整が伸び側だけなので油面やその他ディメンジョンもオ-ル変更。

インナ-チュ-ブの細かな傷も出来るだけ修正、因みに耐水ペ-パ-はいくら細かなものでも基本的にはNGです。

専用のフィルムで研磨することが肝心です。

リアタイヤサイズも180/55ZR17に変更しているのでその点も考慮しなければなりませんがOHLINSは車高調が搭載されているので助かりますね^^

前後のタイヤもPOWER RSにお替り、CB1300SF健脚完了です! ご安全に!!

 

ブログランキングに参加しています! ポチっと応援、宜しくお願いいたします(^^)/

 

2019.07.04

タイタニュウムなナイトロン

一度タイタニュウムブラックなナイトロンを見たらコッチがヨカって言われるお客様が多いですね。

そんなタイタニュウムブラックなナイトロン第2弾がほぼ納期通りに入荷。

フロントフォ-クのパ-ツやその他のパ-ツもそろったのでやっと着手できます^^

暫くお天気も芳しくないし・・・じっくり行けますね~ゆっくりとも言いますけど(^^;

2019.07.03

MT09SP 健脚ドック+α

私がまだ現役で全日本選手権に参戦していた頃、ヤマハ発動機のサ-ビスに就かれていたお客様。

随分久しぶりの再会です^^

現在はタイヤなどの製造機械のエンジニアをされているようでタイヤの製造機械の一つであるバンバリ-などにも関われているとか。

それは兎も角、MT09SPモデルを購入し無論ご自分でメンテナンスを行っているようですが足回りに関して上手く答えが出せないらしく近かいご来店に成りました。

MT09SPモデルはリアにフルアジャスタブルのOHLINS、フロントフォ-クもKYBのフルアジャスタブルが装着されています。

まずリアのOHLINSはREP品よりもバネレ-トが高く全抜きでもしっくりこないらしく・・・

ここは裏技で対応。

フロントは入りが渋くスム-ズ感がないとの事ですが本来は全バラで仕様変更したいところ・・・。

まぁ走行距離も浅く兎も角は健脚ドックで何とか方向性を見出したいとのご依頼なのでディメンジョンの変更とクランプボルトの際ファスニング等も含めてリ・アジャスティング。

百点満点とは行かないとは思いますが方向性は示せたと思います。

後はとっととOEMタイヤを使い切ってREPタイヤに交換したほうが良いと思いまする・・・・(^^;

ご安全に!

 

ブログランキングに参加しています! ポチっと応援、宜しくお願いいたします(^^)/

2019.06.30

POWER RS to GSX-S1000

初めてのお客様、遥々広島からのご来店です^^

因みに当店は広島のお客様が結構多いのですよ~なんてお話したら・・・・どうしてですかね?・・・って(^^;

いや私がお客様にお伺いしたい・・・みたいな。

それは兎も角、ご指名はPOWER RS。

お客様としてはPOWER RSのトレッドデザインが好みではないようでα14が気に入っておられるとか。

では何故POWER RSをご指名されたかというとネット上の情報やバイク仲間の評判を耳にして一度履いてみたくなったようです。

で検索していたらウチのショップがヒットしたらしく遠路お越しいただいたというお話。

POWER RSの当店の推奨空気圧を聞いて「えっ!?」なんてビックリされておりました。

今までは車両の指定空気圧で通してこられた様ですが・・・ここでプチワ-クショップ開催(^^ゞ

タイヤの種類による適正内圧の理由やOEMタイヤの専用という意味もそれぞれで決してベストという意味ではない等々。

また健脚にもご興味が有るようでサスペンションでそんなにバイクは変わるものなのか・・・・変わるんですね~。

折角広島からお越しいただいた事でもありますから出来る範囲でセットアップ。

帰路はきっと物凄く快適だったのではなかろうかと・・・健脚は遥かその上を行きます。

ご安全に!

 

ブログランキングに参加しています! ポチっと応援、宜しくお願いいたします(^^)/

2019.06.28

BT45 to R100

この時代のBMWにはBT45一押しなんですねぇ当店は。

ビジュアル的にも性能的にも特にバイアスの中ではユニフォミティ-が良いというのが一番の理由でもあります。

一昔前に比べれば他にも相性の良いタイヤが有りますが・・・何といってもシミ-対策が重要です。

まぁシミ-の原因はタイヤに起因するものだけではありませんが一因であることは確かです。

BT45の他にもメッツラ-のレ-ザ-テックも良いのですが・・・これが欠品が多くて安定供給に難ありですもんねぇ。

因みにシミ-対策はフロントフォ-クの組み直し、ホイ-ルバランス、ホイ-ルのセンタ-出しが要です。

ご安全に!

 

ブログランキングに参加しています! ポチっと応援、宜しくお願いいたします(^^)/

2019.06.27

FTR223

タイヤの選択は一択、K180のみに成りますがFTR223は前後のタイヤは共用です。

HONDAが指定している空気圧はF/125kpa R/150kpaとかなり低圧です。

OFFロ-ドモデルと比較しても低い空気圧ですがタイヤのボリュ-ムから空気容量は大きいので・・・まぁあれですね。

因みに初代FTR250はダ-トトラックレ-サ-のレプリカモデルでしたが223はヤマハのTWに対抗したカスタムベ-スってかんじですね。

木村拓哉さん主演のTVドラマから火が付いたTWブ-ムはHONDAとしても捨て置けなかったのでしょう・・・多分。

なんかティ-ダバ-とか呼ばれていたり北極点到達チャレンジのベ-スマシンだったりと人気を博していました。

でもFTRはTWのようなブ-ムは巻き起こせませんでしたね。

にしてもウチではTWのタイヤ交換ってやったことが無いような・・・・FTRは稀にやってますねぇ。

まぁ何方も特別なカテゴリ-ですね、私は何方にも乗ったことが有りません(^^;

ご安全に!

 

ブログランキングに参加しています! ポチっと応援、宜しくお願いいたします(^^)/

2019.06.26

POWER RS to XSR900

初めてご来店のお客様、ご指名はPOWER RS。

にしてもヤマハUSインタ-カラ-はやっぱカッコエエですね~!

ケニ-ロバ-ツ氏のファンでもなければ特にイエロ-が好きなわけでもないのですが・・・・

心惹かれるものが有ります^^

ところでオ-ナ-さんは現在各地の道の駅を回るのがツ-リングの目的に成っているようです。

私の若いころは道の駅なんてものはなくSNSなんてものも無かったので漠然と走っていたものですが・・・・。

兎に角端っこ目指してフラフラ走ってナビなんてありませんから辿り着けなかったことも屡々・・・・(^^;

因みにお客様のご希望で健脚診断を実施、特に問題はありませんが・・・・XSRの足回りの構造的なところや性能的なところを説明差し上げて診断完了。

MT系に乗られている多くのオ-ナ-の方々の共通の違和感を感じておられるようですが搭載されている機能では改善は難しく・・・

押し売りする気はありませんが改善策は健脚しかないと思います。

今回のタイヤ交換で改善されるところもかなりあるとは思います、ご安全に!

 

ブログランキングに参加しています! ポチっと応援、宜しくお願いいたします(^^)/

2019.06.24

α14 to CBR250RR

NSR250と違ってほぼ見かけることが無くなってしまった名機CBR250RR

空前のバイクブ-ムの中で誕生した正にメイドインジャパンを世界に知らしめたバイクの中の一台。

各部の作り込みもコスト掛けてるしこんな時代が有ったのねって改めて思います。

このMC22型は当時SP250Fクラスのタイヤ開発車として私も随分乗りました。

ジェット戦闘機のような高回転域の金属音はシビレるぜってなもんでした^^

SP250Fクラスではそれまでバイアス構造だったプロダクションタイヤがラジアルに移行する最初だったと記憶しています。

SF(ソフト)やUSF(ウルトラソフト)なんてコンパウンドを設定したのもこのころだったような・・・・。

まぁストリ-トだと2000kmも持たない早期摩耗じゃないかなんてクレ-ムもかなり入って来てましたが・・・・勝てるでしょって話。

何しろレ-ス前提のタイヤですからねぇ、そんな懐かしい記憶が蘇ります。

CBR250RRにはやはりハイグリップタイヤがシックリきますね^^  ご安全に!

 

ブログランキングに参加しています! ポチっと応援、宜しくお願いいたします(^^)/

2019.06.23

アナキ-アドベンチャ- to R1200GS

アナキ-アドベンチャ-は当店では2セット目の装着に成りますが関東では好調にセ-ルスを伸ばしているとか。

やっぱ東高西低なんですかね・・・。

ところでお客様は来月無期限?で北海道ツ-リングに出かられる予定で準備中。

無期限ってお仕事は・・・・?って話ですが退職してブッチ切るようでございます (;’∀’)

某大手自動車販売会社の重鎮さんですが、もう仕事は十分やってきたと。

無論会社からは引き止められているようで何か月休んでも良いから戻ってきて欲しいと言われているようです。

しかし人生一度きり、今まで思い秘めていた夢をかなえるのだと仰ってました^^

バイクそのものは他機種を乗り継いでこられたようですがR1200GSラリ-はこの時のためにという事もあるようです。

ロングであればROAD5トレイルの方がという気もしますがラリ-と命名されたR1200GSは最低でもアナキ-でしょ!みたいな。

このカラ-リング、カッコイイですよね~♪

北海道の旅は人生節目の旅でもあるようです、ご安全に!!

 

ブログランキングに参加しています! ポチっと応援、宜しくお願いいたします(^^)/

« Previous | Next »