2020.03.29

CB750F健脚

40年の時を超えて健脚ですね~、CB750Fは初めてに成りますが過去に同系のCB900Fは何台か手掛けております。

当時のフロントフォ-クは不思議な機能が搭載されているものも多く今回もTRACなるものが搭載されています。

ブレ-キング時のノ-ズダイブを緩和させるアンチノ-ズダイブ機能。

まぁ必要ない過去の産物だと思います、この機能は潰してしまう手法が一般的ですがキャリパ-のサポ-トが連動しているので単に潰すと不具合も出ます。

なのでTRAC無しの後期型のフォ-クに交換するのが一番ですが・・・まぁそこは一工夫でTARCを残したままモディファイ。

インナ-チュ-ブは歪もなく見た目は綺麗なものですが長い長い時間を経過しているので表面はそれなりのダメ-ジを受けています。

まぁこの程度であれば妖怪研ぎ澄ましに変身すれば難なく・・・・(^^;

消耗パ-ツを交換して設定変更、良い感じに仕上がりました^^

リアのOHLINSは見た目は何の問題もないのですがコチラも年代物ですからO/Hを実施。

ところでこのCB750Fはワンオ-ナ-さんでしばらくは乗らずに保管していたようです、数年かけてエンジン関係もO/Hし車検も受けたとか。

最後に足回りに手を入れて先々このバイクを引き継ぐ人に気持ちよく乗ってもらうためにも何ておっしゃってました・・・・ねぇ。

このCB750Fは本当に素敵なオ-ナ-さんと出合えたようです。ご安全に!

 

ブログランキングに参加しています! ポチっと応援、宜しくお願いいたします(^^)/

2020.03.27

POWER5 to ムルチストラ-ダ

ご予約を頂いておりましたPOWER5、ご予約分としては最後の交換に成ります。

あとはPOWER GPとCUP2のご予約分を数セット残すのみとなりました。

ところで・・・・やはりというか如何してもムルチストラ-ダを見るとスト-ムトル-パ-に見えてしまいます(^^;

もうムルチストラ-ダでは無くドカティスト-ムトルパ-にしても良いのではないかと・・・・。

バイクや車のデザインってデザイナ-さんの時代背景というか例えばガンダム世代とかポケモン世代とか、勿論スタ-ウォ-ズ世代も絶対にデザインに影響していると思ったりしますよね。KTMのRCなんてベルク・カッツェ以外の何物でもないし・・・・。

おっと宮崎駿世代ってのも有りますよね~。

BMW R1150ロックスタ-なんて絶対ラピュタのロボット兵だし、MyR1100Sは間違いなくMS-06Sだし・・・末尾にSも付いてるし。

なんてことを個人的に思っていたりします・・・・(;’∀’) ご安全に!!

 

ブログランキングに参加しています! ポチっと応援、宜しくお願いいたします(^^)/

 

2020.03.25

ロッソコルサⅡ to ハイパ-ストラ-ダ

実はこのバイクの存在を知りませんでした、ハイパ-モタ-ドのツ-リングモデルって事ですよね。

初めて見ました(^^;

オ-ナ-さんも同じバイクに出会ったことが無いと仰ってました。んん~確かに他では見かけたことが有りません。

因みにタイヤのご指名はロッソコルサⅡ、見かけはサイドバックも装備したツ-リングモデルですが・・・・

まぁあの超やんちゃなドカティ-の暴れん坊と兄弟分でしょうから相性は良いでしょうね~。

オ-ナ-さんも耐久性は求めないと仰ってましたし、なによりトレッドパタ-ンがお気に召したようです。

ピレリのロ-ドタイヤのトレッドパタ-ンってカッコ良いですよね~、そこはイタリアンのセンスって事でしょうね。

ご安全に!

 

ブログランキングに参加しています! ポチっと応援、宜しくお願いいたします(^^)/

2020.03.24

ROAD5 to GSX-S1000

OEMタイヤに早々に見切りをつけてROAD5へ換装。

POWER5に興味も有るようですが先ずはROAD5を味わってから次にPOWER5をって仰ってました^^

ところでオ-ナ-さまは根っからのビッグツイン党で昔からモトグッチ一筋、現在もV7RACERを所有しておられます。

何故か突然、GSX-Sを購入されたのですがその理由は・・・・?まぁ私にはよくわかりません・・・けど。

因みにオ-ナ-さんは先日KTM390デュ-クのクラッチレバ-のとまり心地についてご評価いただいたサクラインコちゃんのご主人様。

GSX-Sのフェイスに一工夫凝らしているのは・・・・実は顔がサクラインコちゃんに似ているからという理由の様で(^^;

もしかしたら・・・・・実は購入理由はここに有ったりして^^

ご安全に!!

 

ブログランキングに参加しています! ポチっと応援、宜しくお願いいたします(^^)/

2020.03.21

POWER GP to GSX-R1000

こちらのお客様も事前にご予約頂いていたPOWER GPへの交換です。

POWER RSからの交換なので見た目は何だか同じで・・・・感動が有りませんよね~なんてお話ですが・・・・

サイドウォ-ルのデザインやプロファイルが変更されていて・・・よく見ると違いが分かります・・・・よく見るとですけど(^^;

乗り味はスパルタンな方向に変更されているので別物と言う事はすぐにお分かりいただけると思います。

ところでお客様は2年ほど前に前後共に健脚を実施したGSX-Rですが・・・お話の中心はソチラの方で・・・・・

フロントのBPFは健脚前と健脚後ではかなり改善されたことは体感できるけど・・・・その後更にって手法は見つかりましたかってお話。

まぁ2年前と比較して如何いった手法がいより良いかというと先ずはスプリングレ-トの変更はかなり有効で更に言えばトライアンフに採用されているBPFの中身にごっそり変えてしまう・・・・等々。

しかし中身をごっそり変えるならOHLINSのカ-トリッジKITに置き換えたほうが価格的にも変わらない上に効果もさらに上。

最終的にはOHLINSのフロントフォ-クASSYに換装すれば完璧・・・・みたいな。結局話は堂々巡り・・・・的な(;’∀’)

費用的に見ても現実的にはスプリングレ-トの変更ですかね。だったらついでにって・・・・やっぱ堂々巡り。

兎も角もご安全に!

 

ブログランキングに参加しています! ポチっと応援、宜しくお願いいたします(^^)/

2020.03.19

GSX1400 健脚

スズキGSX1400はNKモデルの中で最大排気量を誇りますが開発当初はGSX1300Rの水冷エンジンを搭載するといった案も有ったようです。

しかし結局はデザイン的にも冷却フィンの美しさという点から油冷エンジンに決定した・・・なんて話を聞きますよね^^

正解!だったと思いますが実際には販売台数も伸びず今では希少車と言っても良いようですねぇ。

そんなGSX1400ですが年末に実施した健脚に続いて2台目の健脚です。

今回はリアにOHLINSを投入、フロントはオリジナルのモディファイに成りますがスズキのサ-ビスデ-タではフロントフォ-クのオイルレベルがとても高い、これって間違いないですかって感じ。

スプリングを装填して計測してるのかなぁ?なんて思いつつその数値は無視してウチのデ-タ-ベ-スで設定していきます・・・

カ-トリッジとトップキャップの指定クリアランスも・・・・そうですかね~って感じ。

もうスズキのサ-ビスデ-タ-は完全に無視して作業を進めます。

また見た目は極上の車体ですがインナ-チュ-ブには浮錆も多少あったので根性手研磨で修正、ここは止めのお手入れが肝心です。

でもって・・・ほらね、こうですよね~って感じで完了。

今回リアショックはご指名でOHLINSを装着しますがナイトロンと比較して標準のバネレ-トは少し高いようですね。

カラ-リングに関してはパ-ルスティルホワイト&スズキディ-ブル-の車体にはタ-コイズなナイトロンの方が馴染む感じもしますがやはりOHLINSの黄金の存在感も迫力満点ですね!

好みの問題ですが性能的には優劣付け難し・・・・ん?甲乙つけ難し??辞典では同じ意味に成っていますが・・・・・

優劣は性能的な優勢劣勢を表し甲乙は好みや嗜好も含む感じがしませんか・・・・?まぁ個人的な感想ですけど(;’∀’)

そんな話は兎も角もGSX1400健脚完了です! ご安全に!!

 

ブログランキングに参加しています! ポチっと応援、宜しくお願いいたします(^^)/

2020.03.18

POWER GP to GSX1300R

こちらのお客様も事前にPOWER GPのご予約を頂いておりました^^

POWER RSからの換装で走行距離は5000km程です、GSX1300Rとの組み合わせでは平均的なところだと思います。

POWER GPはRSと比較しドライグリップレベルはかなり高められていてケ-ス剛性も取り方の違いはありますが全体に高められています。

なので低速域のコンフォ-ト性という点ではPOWER RSの方が良好ですねぇ、この辺りを重視するのであればPOWER5の方が良いと思いますが・・・・

只、お客様のPOWER RSの磨耗状態を見る限りお客様を満足させるのはPOWER GPかな・・・・(;’∀’)

恐らくパフォ-マンスライフはPOWER RSと同等でメガスポ-ツやかなり追い込んだ使い方をされる方に見られていたショルダ-の偏摩耗は改善されていると思われそういう意味ではライフは同等以上と言えるかも知れませんが・・・

こればかりは実際に走り込まないと比較は出来ないので出来る限り時間を取って走り込みたいとは思っていますが・・・中々(^^ゞ

S1000RRとGSX1300Rでは磨耗の進み方も異なると思いますが傾向は知ることが出来ます。

まぁ楽しさと言う点ではPOWER GPの選択は正解だと思います。心地よさと言う所であればPOWER5って感じですかね~。

兎も角もメガスポ-ツとPOWER GPのマッチングは気に成りますね! ご安全に!!

 

ブログランキングに参加しています! ポチっと応援、宜しくお願いいたします(^^)/

2020.03.17

ROAD5 to R1100RS

当店でも屈指の古株と言えるお客様ですが来店回数はそんなに多くないかもしれません。

今回も6年ぶりのご来店。

ご指名はROAD5ですがホイ-ルは懐かしのインタ-ラインを装着されていて前後共に17inch。

ROAD5GTには適合サイズが有りますがライトツ-リングがメインで年間走行距離も少ないという事なのでフロントはROAD5、リアにROAD5トレイルを装着。

えっ!?トレイルで大丈夫って話ですがタイヤの規格そのものは通常のROAD5と同じです。

しかもR1200GSAVに適合する訳ですからスタビリティ-に関しても問題ありません。

R1100RTやR1100R等に装着実績が有りますがオ-ナ-さんの評価もコンフォ-ト性も高く応答性も中々宜しいとの事です。

タイヤのプロファイルから見てもレギュラ-のROAD5よりセンタ-ラジアスは小さくバンキングの切れは良いかもしれませんね。

ROAD5と比べるとバイアスチックですがこの辺りの年式との相性は悪くはありません。

ところでパ-ルホワイトの車体とペパ-ミントグリ-ンのシ-ト、この色彩感覚は日本人には無いかもしれませんねぇ。

昔4輪のレ-ス担当の頃、レイトンハウスのサポ-トを受けた車を見て・・・・なんじゃこりゃって思いましたが・・・・

ベネトンにしても見慣れてくるとカッコよく思えてきたりもしましたが・・・・シ-トはやっぱブラックかネ-ビ-がええかも。

あくまでも個人的な感想です(^^; ご安全に!!

 

ブログランキングに参加しています! ポチっと応援、宜しくお願いいたします(^^)/

2020.03.16

XSR900 健脚

熊本からご来店のお客様、初めてのご来店です^^

常々足回りのドタバタ感に何とかならないものかと思っていたところバイク仲間に当店の事をお聞きになったようです。

ご自分でリタ-ンだものでと仰っていましたがヤマハのMT系に関しては何方が乗っても同じ感覚だと思います。

フロントフォ-クはオリジナルモディファイ、リアはOHLINS投入と定番の健脚です。

因みにMT系のリンクボルトやキャリパ-の取り付けボルトって相変わらず油脂枯渇・・・・枯れた油田じゃあるまいし(^^;

油脂さえ塗布しておけば電蝕や固着は殆ど防げると思いますが可動に問題ないという理由なのですかねぇ?

まぁそれは兎も角、錆除去も含めてメンテナンス、グリスアップにカッパ-コンパウンドも確り塗布して再締結。

ところで先日、健脚作業中にご来店された方から「何してるの?」なんて聞かれてフロントフォ-クのチュ-ニングですって言ったら・・・

「サ-キットでも走るの?」みたいな。いえいえストリ-トですよ、サ-キットを走る為にだけにやるのがチュ-ニングじゃありませんよ~。

って話をしたら「必要あるの?」ってなんかちょっと・・・あれな方ですが(^^;

ご自身のBMWにも前後OHLINSが取り付けられている様だし・・・・同じことでは無いですかってお答えすると。

「そうかな」って(;’∀’) まぁ人それぞれという事で宜しいのではないでしょうか・・・・。

ウチの健脚の流儀はサ-キットでタイムを切り取る為とかワインディングで切れ味鋭いコ-ナ-リングを楽しむためというのは横に置いております、勿論そのような脚を構築することは有りますが・・・・

基本的にコンフォ-ト性とスタビリティ-、セ-フティ-を原則とした仕様でライディングプレジャ-が第一義です。

コ-ナ-を早く走れる仕様では無く楽しく不安なく走れる仕様、もう少し走りたいと思わせてくる足回りが健脚の基本。

別に激しい足回りを作っている訳ではありません。ストリ-トですもんねぇバイクは楽しくなきゃですよ。

また一台そんな楽しいXSR900が仕上がりました! ご安全に!!

 

ブログランキングに参加しています! ポチっと応援、宜しくお願いいたします(^^)/

2020.03.14

POWER2CT to ヴェルシス1000

初代ヴェルシス1000は今回ご来店いただいたお客様の愛機を以前ご来店の際に拝見させて頂いたのが初見、勿論タイヤ交換も初めてです。

タイヤのご指名はPOWER2CT、ロングキャンペ-ンのご利用です。http://blog.reira-sports.com/?p=34565

因みにヴェルシス1000は見た目は強面で車格も大柄だしきっと搬入搬出の難易度は高いと覚悟していました・・・・。

しかし実際には・・・・あれれってなものですごく取り回しは軽いんですね~!

まぁカワサキ→緑色→4気筒のビックアドベン→強面→オ-ナ-さんも大柄→絶対に重くて大変という先入観ですね(^^;

ドカティムルチストラ-ダ1200アドベンチャ-とは真逆の印象です。

この手のモ-タ-サイクルに乗られているオ-ナ-さまは大体が体格の良い方なので私の様にオロオロすることは無いと思いますが(^^ゞ

まぁ最近のBMWのビッグアドベンの日本仕様はロ-ダウンされているので大柄ではないオ-ナ-さんも増えて履きましたけど、やはりSTDの車格はデカイですもんんね。

乘ってると視界は広いし重さを感じるどころかハンドリングは軽快だし燃費は良いし荷物はたくさん積めるし・・・・

またフル積載した姿がカッコ良いときてますからね~、人気が高いというのもうなずけます。

因みにテストコ-スで時々お会いする松井勉さんも体格が良い方でプロレスラ-並みですもんね、アドベンモデルを軽々と操る姿はカッコ良いですね~。

まぁ逆にMT07なんかに乗っているとボリショイ風ですが・・・・(すいません)

ご安全に!

 

ブログランキングに参加しています! ポチっと応援、宜しくお願いいたします(^^)/

Next »