2017.03.28

520コンバ-ト

スプロケット&ドライブチェ-ンを525サイズから520へコンバ-ト。

と・・・その前に。

オ-ナ-さんからリアスプロケットの内側が異常摩耗しているとの事でチェ-ンラインに問題が有るのではないかと。

精密加工のオペレ-タ-をされて居るオ-ナ-さんの見立ては間違いなく恐らくスプロケットキャリアの寸法が低いようで・・・これは他にも事例が発生しているのではないかとホイ-ルメ-カ-さんに問い合わせてみました。

答えは以下の通り。

他にその様な事例の報告は無く製品に不都合が有るとは考え難い。またお客様はホイ-ルを装着されて2年以上経過しており・・・・ウンヌンカンヌン・・・・。

まぁ予想通りの回答でしたね。 しかし、何と言おうと間違いなくスプロケットキャリアの寸法不良です。

画像でも確認できます、スプロケットがチェ-ンのセンタ-に無く内側のプレ-トに張り付いてます。

寸法は敢えて記しませんがかなり内側のみ削り取られています、表側は無論・・・異常に無傷です(^^;

大きなトラブルに繋がらなくて本当に良かった。

メ-カ-さんは現品の返送とかサイズを計測してレポ-トが欲しいとか仰ってましたが・・・考えてみれば何となく納得出来ません。

パ-ツを送るとその間オ-ナ-さんは乗れないわけだし、販売者である私が装着時に気が付かなかった責任も有るし私の方で改善策を提示し対応させて頂く提案を差し上げてご了承頂きました。

取りあえず超偏摩耗したスプロケットは代理店さんがどうしてもと言う事でしたのでお渡ししメ-カ-さんに送付。

今後如何な対応を頂けるのかは分かりませんけどねぇ。

因みに削り出しのスペ-サ-を使用しチェ-ンセンタ-にドンピシャ。つかこれが正常ですね・・・(^^;

ホイ-ルセンタ-は常に確認、調整はしているのですがスプロケットのセンタ-は確認していませんでした。

私も確り勉強になり反省も・・・メ-カ-さんを無条件に過信していました。

兎も角も525to520コンバ-ト、今回は入念にチェックしセンタ-出し、流石にクルクル~~~っと(*^^)

今後はスプロケットとドライブチェ-ンのクリアランス&センタ-も確りチェック項目に加えます。

と言うか、今回の事例は気が付いていないオ-ナ-さんも居られるのではないかと思います。

520コンバ-ト完了です!

 

ブログランキングに参加しています! ポチっと応援、宜しくお願い致します(^^)/

2017.03.26

フィ-ルドテスタ-

レ-スの世界では関連メ-カ-がパ-ツやタイヤ、用品などを無償で提供しているサポ-トライダ-なんて方が居られますが釣りの世界でも同じような立場にいるアングラ-さんをフィ-ルドテスタ-と呼んでいるようです。

セロ-250のオ-ナ-さんは某有名釣り具メ-カ-と契約しているフィ-ルドテスタ-さん。

流石に日々釣り・釣り・釣りと釣り三昧な毎日の様ですが・・・(^^; 釣果も凄いですね!

因みに元々バイクは大好きな様で昔は西日本サ-キツトやMINEサ-キットに通い詰めておられたようです。

今でもバイクへの情熱はフツフツと冷めてはいないようですがセロ-での通勤が唯一繋がる糸の様ですね。

唯一の糸と言うよりPEラインと言った方が良いかもしれませんが・・・・。

化繊の特性は平行な力に強く水平の力にしなやかであるという特性から少々の事では破断しそうにありませんね。

今回は通勤快速と言う事でOFF性能は無視、超耐久性に秀でたバトルウイングを装着。

但しBW201/202は路面のグル-ビングにステアを取られやすい、つまりレ-ルインしてしまうので若干注意が必用です。

まぁグル-ビングのある路面を避ければよいだけの話しなので大した問題ではないと思います。

ご安全に!!

ブログランキングに参加しています! ポチっと応援、宜しくお願い致します(^^)/

2017.03.25

RX01-specR to Ninja250SL

以前モンスタ-1100EVOの健脚でご来店いただいたお客様・・・増車です^^

そもそも以前はNinja250RでSPA直入を走っておられたそうでその時使用していたタイヤがIRCのRX01R。

ショップに鎮座ましますバイクと同じタイヤって事に成りますが当時のタイムは50秒台・・・・(^^;速いっす。

JGP250クラスは既に48秒台が当然の様ですけど・・・。

因みに今後エントリ-しようかな~って思っておられるクラスはラジアルタイヤは不可でバイアス限定クラスの様です。

まぁだったら一択って話だと思います。

んん~それにしてもノ-マルエンジンのNinja250Rで50秒台って・・・・オラ無理だと思う・・・・(;’∀’)

なんか走る前に戦意喪失・・・・つかそもそも戦意なんてありませんけど。

頭の中は繊維と護謨で一杯ですから・・・・。

ご安全に!

 

ブログランキングに参加しています! ポチっと応援、宜しくお願い致します(^^)/

2017.03.24

POWER RS to パニガ-レ

深紅のパニガ-レ、妖艶と言うかやはりドカティのスタイルは独特の世界観が漂います。

実はオ-ナ-さんはパニガ-レに一目惚れ・・・しかも初めてのバイク何だそうです!

度胸千両とは正に・・・。

ところでオ-ナ-さんは初めてご来店に成られましたが某バイクショップさんからのご紹介と言う事ですが大変恐縮でございます。

確かに輸入車に対応するにはそれなりの設備も必要で全てに対応するのは難しいところも有ります。

当店でもアメリカンやゴ-ルドウィング系、その他一部の車種については守備範囲外であります・・・(^^;

KTM1290ス-パ-デュ-クのリアホイ-ルナット用のボックスレンチも準備すべきか悩みますもんね。

それは兎も角、今回はパニガ-レに新進気鋭のPOWER RSを装着。

スパコルからの換装ですが公道での要件に対する能力は間違いなくPOWER RSが上なのでモ-マンタイ!

サ-キツトでの絶対グリップレベルでは敵わないものの公道においてのト-タル性能は格段に上と言って良いでしょう。

ご安全に!!

 

ブログランキングに参加しています! ポチっと応援、宜しくお願い致します(^^)/

 

2017.03.23

ZZR1400健脚ドッグ

遠路、奈良県からご来店のお客様です。

以前メ-ルにて健脚のお問合せを頂いておりましたが、バイクを搬送し健脚して欲しいとのご依頼でした。

数あるショップの中から当店をご指名頂き大変光栄ではありますが、当店といたしましてはお客様と対面して作業を承ることが原則なので一度はお断りさせて頂いたのですが・・・ご来店に成られました(^^;

前後STDのショックを前提に組み直しとセットアップ。

フロントフォ-クは地元のショップさんでO/Hをしたばかりと言う事で状態も良く私の考える適正トルクで再締結。

セットアップを実施し中々良い感じになったと思います。

リアのリンク周りは解いた後は無いので初メンテと言うところでしょうか?

リアショックアブソ-バ-はそれなりの走行距離と言う事も有り、十分な能力を保っているとは言えない状態。

まぁ何とかウルトラC的なセットアップでそこそこフロントとのバランスは取れたのではないかと思います。

OHLINSへの交換をお勧めしましたが、これも予算が許せばと言う話なので暫くこの状態で走り込み、ご満足いただけないようなら・・・やはり交換が吉かと思います。

兎も角も遠路はるばるご来店いただき有難うございましたm(__)m ご安全に!!

 

ブログランキングに参加しています! ポチっと応援、宜しくお願い致します(^^)/

 

2017.03.22

AKRAPOVIC to K1300S

K1300SにAKRAPOVICを装着。

スリップオンのサイレンサ-ですが最初に現品を見たときは・・・デカって感じでしたけど・・・。

装着するとバランスは良いですね♪ K1300Sがゴツイってのも有るしオ-ナ-さんもゴツいですから^^

因みにオ-ナ-さんがしきりにカツオみたいだ何て仰るものですから私もそ-見えてきましたよ。

にしても同機種のフルエキ(Racing)よりもスリップオンの方がお高いというのも排ガス対策の為なのでしょうね。

ああ~なんかカツオカツオって話をしていると指宿のくり屋さんに行きたくなりますね~カツオのタタキ・・・・

食べたい。

 

ブログランキングに参加しています! ポチっと応援、宜しくお願い致します(^^)/

 

2017.03.21

POWER RS to YZFR1

発売後、順調にセ-ルスを伸ばしているPOWER RSは当店でも現時点ではご指名No,1です(^^)/

MICHELINの示すセグメントはあくまでもPOWER3の後継モデルでスポ-ツと言う所です。

一般公道の様々な条件・環境の中で快適に気持ちよくそして安全にと言う要件を十二分に満たしています。

しかしいざトラックではワンクラス上のハイグリップタイヤに勝るとも劣らぬポテンシャルを発揮する守備範囲のとても広いタイヤですから。

しかもスポ-ツNKモデルからSSモデルまでフルカバ-って話しです^^

YZFR1のオ-ナ-さまともお話しさせて頂きましたがいくらワインディングが好きでも年がら年中ガンガン走っている訳ではないし・・・たまには景色を楽しみながらスロ-なツ-リングをする事も。

更に年に何度かトラックも楽しみたい・・・みたいな。

まぁ出来ればシチュエ-ションに合わせてタイヤを変えたいって所でしょうが、それはやはり面倒だし。

そもそも逆に経費が掛かってしまう・・・なんて所を全てカバ-すると言っても良いのがPOWER RS。

モ-タ-サイクルスポ-ツタイヤの新たなベンチマ-クに成ると思います。

ご安全に!

 

ブログランキングに参加しています! ポチっと応援、宜しくお願い致します。

2017.03.20

K100RS

この間リアショックアブソ-バ-をウィルバ-スに交換したK100RS。

5KE-4君の奥様のバイクですが・・・今回はフロントフォ-クからお漏らし・・・(^^;

この時代のBMWのテレスコピックタイプのフロントフォ-クは構造的には単純なフリ-バルブタイプなのですがドイツ人らしく?めちゃめちゃキッチリした造りに成っていてこれがも-大変です。

Cクリップなんてのも断面が角型のえれぇゴツイもので更に錆びて固着していたので四苦八苦。

アウタ-チュ-ブの断面形状も凝っているのか拘っているのか・・・少々何故って感じですもんね?

慎重にばらして慎重に組み立てないとメタル類も変形してしまいます。お上手が肝です・・・(;’∀’)

更にフロントフォ-クのダストシ-ルもオイルシ-ルもとっても高いですね。

特価品のラジアルのフロントタイヤなら買えちゃいます。

兎も角、折角全バラにした訳ですから設定変更、仕様変更で健脚仕様。

ペコンペコンのフロントフォ-クは5KE-4君自ら設定変更していたようですが・・・ウチとの違いを体感せよ^^

それにしてもフロントフォ-ク一対の分解、修正、洗浄にまる一日かかりました。手が遅いのは自覚していますが・・・疲れました。

K100RSフロントフォ-ク修理&健脚完了です!ご安全に!!

 

ブログランキングに参加しています! ポチっと応援、宜しくお願い致します(^^)/

2017.03.18

POWER3 to R1200R

たまたま同じ日にR1200Rのお客様が立て続けにご来店。

かたやPOWER RSを交換、こちらのお客様はPOWER3を選択されました。

そもそもタイヤ選びは用途要件が何であるか、またデザインの好み等も有ると思います。

ハイエンドのハイグリップタイヤがてっぺんなんて考え方も有るようですがそれは聊か違うのではないかと・・・

要は使用者が求めるパフォ-マンスが何なのかによって価値は異なるわけで、そういう意味においてどちらの方もベストな選択であるという事に成りますよね^^

POWER3は発売当初、POWER2CTの後継モデルとして・・・ん?そう言えばパワ-ピュアってのも有りましたね(^^;

兎も角、POWER3はト-タルパフォ-マンスを御旗に公道用スポ-ツラジアルタイヤとして登場したわけですが当初はそのコンセプトが市場に理解されないという状況ではなかったかと思います。

このセグメントのタイヤはサ-キットでの性能や絶対グリップで評価される場合が多くウェット性や耐久性、コンフォ-ト性はツ-リングモデルに求められるべきものの様な誤解が有るのかもしれません。

この辺りが国内のモ-タ-サイクル文化と欧米の差なのかもしれませんが。

逆に近年では欧米でも日本的な思考が広がっているようで結果POWER RSの開発に至ったと言う話もチラホラ。

POWER RSはPOWER3の後継モデルとされて居ますが、実際に比較すると似て非なるものでPOWER3はツ-リングモデルの要件を十分担保した上で軽快なハンドリングや公道でのグリップレベルを高めた上で耐久性も損なわない優れたラグジュアリ-スポ-ツであるという事。

やはりPOWER RSはPOWERス-パ-スポ-ツEVOの後継とした方が分かり易いと思います。

勿論、個人的な意見ではあります。

実際、POWER3は多くの国で継続販売されるわけですから、ある意味セグメントはハッキリしたと思います。

ご安全に!

POWER3ロングキャンペ-ンをご利用いただき有難うございました!キャンペ-ンはコチラ!!

http://blog.reira-sports.com/?p=21648

 

ブログランキングに参加しています! ポチっと応援、宜しくお願い致します(^^)/

2017.03.17

POWER RS to R1200R

初めてご来店のお客様、タイヤ交換のご相談でご来店頂きました。

R1200Rの定番と言えばROAD4若しくはT30EVOと言うところでお話をさせて頂きました。

しかし、取り付けられたマフラ-もそうですが年間にそんなに距離は乗らないのでスポ-ツセグメントのタイヤが良いという事でしたので最新モデルのPOWER RSをご紹介させていただきましたが・・・

これってハイグリップタイヤじゃないの?みたいな・・・・。確かにハイグリップセグメントのタイヤでもありますが公道用のスポ-ツタイヤでBSでいえばS21、ピレリでいえばロッソⅢと言うところ。

でもパタ-ンから来る印象はSPタイヤチックでしかもウェットは無理でしょ・・・なんて感じですもんね。

しかし実際はウェット性能に過不足は無く乗り心地も良い、ハンドリングは俊敏且つ安定性を損なわない優れたスポ-ツセグメントのタイヤなんですね~!

詳しく説明をさせて頂き価格的にもROAD4と同じ設定である事なども含めてPOWER RSに決定。

決してごり押ししたわけではありませんよ~最終的にはお客様のご判断ですから。

因みにウェビックでPOWER RSの体感試乗会のレポ-トがアップされています。

ミシュラン「パワーRS」体感試乗会 浪速のタイヤマンレポート

https://news.webike.net/2017/03/10/89018/?ref=mmb0311

只ですねぇ・・・エコタイヤの技術を取り入れたって所は、あくまでも私個人の考察であると説明していたのですが・・・言い切っちゃってますね(^^;

ミシュラン社からのそのような説明は受けていないし実際のところは分かりません。

が、長年のテスト走行の経験からそれに類したテクノロジ-が投入されているのではないかと思った次第。

何方にしても新次元のタイヤである事は確かです。

是非、体感していただきたいと思います!ご安全に!!

 

ブログランキングに参加しています! ポチっと応援、宜しくお願い致します(^^)/

Next »