2018.01.18

経費掛かるなぁ・・・みたいな(^^;

K1600GTL、タイヤ交換でご来店に成られましたが・・・・

当店は意外にもK1600GTLのお客さまが多いことも有りタイヤの交換スパンやサスペンションのメンテナンスの費用など色々とご質問をお受けいたしました。

お答えする度にため息が・・・(^^;

K1600GTLは維持費がかかるとは聞いていたものの実際に手にして見ると今まで乗っていたBMWとはけた違いだそうです。

サスペンションのメンテナンスなんても-そんなに掛かるのって話ですが先ずは部品代そのものが倒れそうなんですよ。

走行距離20000km強のK1600GTLですから直ちに何かと言う訳では無いと思いますが、オ-ナ-様としては先行きが心配でたまりませんってな感じですねぇ。

MyR1100Sなんて同じBMWでも超アナログなバイクだし部品代はそれなりですが国産車とたいして維持費は変わらないと思います。

それなりの車両を維持するにはそれなりに経費が掛かるという事はやむを得ないかもしれませんねぇ。

つかオ-ナ-様はもう一台R1200RTを所持しておられます・・・・・ご安全に・・・・。

 

ブログランキングに参加しています! ポチっと応援、宜しくお願い致します(^^)/

2018.01.17

Wリフトアップ・・・

現在2台のBMWをお預かりしております。

2台同時進行で前後の健脚、タイヤ交換その他諸々の作業を進めております・・・が・・・。

外注加工の納期が遅れ、更に雨模様で狭い店は迷路の様になっとります。

狭い店内を這いずりながら・・・アッチでゴッン、こっちでゴッツンと頭を打ちながらネジ回し(;’∀’)

これは店内も安全メットが必用かも知れませんねぇ・・・・。

たんこぶだらけです。 ご安全に!!

2018.01.14

ROAD4 to R1200RS

以前はモタ-ドでご来店に成られていたお客様、大型に乗り換えられて初のタイヤ交換。

銘柄は何が良いのかとご相談をお受けいたしましたが、色々とお話を伺ってR1200RSのOEMで採用されているROAD4がベタ-ではないかと。

最近は車輛がツ-リングモデルであればツ-リングセグメントのタイヤ、スポ-ツモデルであればスポ-ツセグメントのタイヤをチョイスするのがベストと言う感じではなくなりましたね。

車種でタイヤを選ぶというより乗り方、使い方でタイヤを選ぶと言った傾向でタイヤメ-カ-もそれをパフォ-マンスの要件の一つとして開発している様です。

昔はセグメントの異なる組み合わせを行った場合ヨ-やウォブリングの発生、シミ-の要因に成る事も多々あり例えばネイキッドモデルにハイグリップタイヤはマッチしないなんて話でした。

NKレ-ス創世の頃はそこを解決することが要だったりしてました。まぁ・・・・

現在でもあまり極端な組み合わせはやはりトラブルの原因と成る事も有りますがツ-リング~スポ-ツセグメントの中でチョイスすればはほぼ問題はないでしょう。

当然、逆の場合も然りであります。

因みにオ-ナ-さん自身がこう使いたいと言う明確な方向性を持たず良くわからないと言った場合はOEMタイヤとは申しませんがそれに準じたセグメントのタイヤをチョイスすることがベタ-だと思います。

ブリヂストンさんがPCRのTVCMで謳っている居る様にタイヤ選びはOEMに採用されているメ-カ-を基準に選びましょう・・・と・・・そこまでは申しませんが当たらずしも遠からずだと思います。

がしかし・・・OEMタイヤの中には今もホイ-ルカバ-の様なものも存在していますから、やはりプロに・・・

相談しましょ!そうしましょ!!であります。 ご安全に!!!

 

ブログランキングに参加しています! ポチっと応援、宜しくお願い致します(^^)/

 

2018.01.12

小雪舞う・・・ムルチストラ-ダ

小雪舞う寒空の下、遠路ZERO POINTシャフト&タイヤ交換でご来店。

流石に高速道路はメチャメチャ寒かったと・・・・凍えておられました。

ところでタイヤのご指名はPOWER RS、前回のタイヤ交換も当店をご利用いただきましたが、その時は発売間もないロッソ3をご指名頂いていたのでお替りと思いきや・・・

POWER RSの評判がとても気に成るので今回はMICHELIN。

ロッコルⅡの発売も控えておりますが、発売時期も確定しておらずスリップサインが早く交換せんかい!状態でもありますから・・・。

私もロッコルⅡは大変気になっておりますが現時点でこのセグメントのタイヤはPOWER RSがもっともお勧めであります。

無論、ミシュランのデイ-ラ-ですからひいき目もありますが、贔屓を超える良いタイヤが登場するかもなので気がかりですね~(;’∀’)

それは兎も角、寒空の下遠路はるばるご来店いただき有り難うございました! ご安全に!!

 

ブログランキングに参加しています! ポチっと応援、宜しくお願い致します(^^)/

2018.01.10

T30EVO to CB1100

前後18inchのCB1100はタイヤの選択肢も限られています。

まぁバイアスかラジアルと言った選択もありますが・・・・基本的にはラジアル(T30EVO)をお勧めしております。

そもそも標準装着のOEMタイヤがラジアルと言う事も有ります。実際はフルラジアルと言うモノではないのでバイアスタイヤを装着しても不具合と言う物は殆どありません。

逆に低中速域ではバイアスの方がフレキシブルでこちらの方が良いと評価する方も居られると思います。

但し、ト-タル的なスタビリティと言う点においてはやはりラジアル構造の方が優れているのは否めません。

例えばブリジストンのBT45VとT30EVOを比較すると低速域でのロ-ドホ-ルディング特性は感覚的にBT45Vの方が良好ですが中低速域以上では圧倒的にT30EVOが勝ります。

適正内圧の違いにもよりますがコンフォ-ト性は比較的BT45Vが良好でT30EVOはやや硬質な感覚が出ます。がしかしコ-ナ-リングの安定性やバンク保持性は圧倒的にT30EVOのパフォ-マンスが高い。

ウェット性はBT45Vが勝りT30EVOはそれに劣る等々。

とまぁざっとではありますが・・・これは性能差がバイアスとラジアルと言うよりBT45VとT30EVOの差と言っても良いでしょう。

何方も一長一短と言う所ではありますが。

しかし、耐摩耗性や偏摩耗、走行距離による性能の担保・持続性と言う点では残念ながらT30EVOが圧倒的に勝り結果的にコストパフォ-マンスが高いという事に成ります。

単純にバイアスとラジアルの違いと言うよりも恐らくCB1100用のリプレスタイヤとして開発されたであろう110/80R18&140/70R18サイズのT30EVOだからこそと言う点も大いにあると思います。

なのでCB1100の場合に限って、単純にバイアスよりもラジアルが良いという事ではなくT30EVOのマッチングが良好でありパフォ-マンスも高いと言う意味ではあります。

近々T31が新発売に成る事はご案内させていただきましたが、現時点では実績と言う点でT30EVOがベタ-であると言う事から今回装着。

ご安全に!!

 

ブログランキングに参加しています!  ポチっと応援、宜しくお願い致します(^^)/

2018.01.09

ZX636健脚

POWER RSクイックキャンペ-ンと合わせてフロントの健脚を承りました。

この年代のZX6系はフロントフォ-クのO/H&モディファイに関して仕様変更が効果的に反映されますからやってて楽しいですね!

リアに関してはSTDベ-スのセットアップなので限界もありますが・・・・

将来的にはREP品に交換することを検討されている様なのでそれまではこの仕様でなんとか・・・。

ところでPOWER RSに交換前のタイヤはピレリのロッソコルサ。相変わらず人気の高い銘柄ですね。

私個人としては公道&トラックのファンライドとして考えると同じピレリでもロッソⅢの方が格段に能力は上だと思いますがロッコルに関しては性能ウンヌンよりも市場ではまるで神格化でもされて居る様な所が有りますね。

ロッコルに関しては製造国が変更される前と後で実際に走行しましたが明らかにキャラクタ-は変化しています。

まぁ何方にしても時代を感じさせるところは否めません。只、ロッコルの多少やんちゃなキャラクタ-はそれはそれで支持されていて多少大人しいロッソⅢはあまり受けなかったと言う所でしょうか。

POWER RSはやんちゃなところとジェントルな両面を兼ね備えたパフォ-マンスが好調なセ-ルスに繋がっているのかもしれませんね。

でもしかし、いよいよロッソコルサⅡの登場で天下分け目の・・・・なんてことに成りそうですね。

このセグメントを得意とするピレリ、さて如何駒を振ってくるのか物凄く楽しみです!

そんな話は兎も角も、ZX636健脚完了です!! ご安全に!!!

※パワ-RSクイックキャンベ-ンは終了しております。

 

ブログランキングに参加しています! ポチっと応援、宜しくお願い致します(^^)/

 

2018.01.06

IRC GP21/22

通勤にも使うし藪漕ぎにも使う・・・そんなオフロ-ダ-さんに一押しなのがIRCのGP21/22です!

正にお値段以上のパフォ-マンスだと思います。

昔はKDXやXRで裏山の観光道路を朝駆けしてました、そのころからIRCのOFFタイヤはピカ一でしたね~♬

今はもう舗装されてしまいましたが・・・・昔は良いトレ-ニングコ-スでした・・・・。

因みにON重視のOFFタイヤだったらMICHELIN、OFF重視だったらピレリかなと思いますが、両刀使いならやっぱIRCですかね。

競技用はまたそれぞれではありますが・・・・一般公道前提であればIRCに過不足なしであります。

ご安全に!!

 

ブログランキングに参加しています! ポチっと応援、宜しくお願い致します(^^)/

2018.01.04

デイトナ675R健脚完了

既に健脚済みのデイトナ675Rです、今回はO/H&設定変更。すっかりトラック専用に成ってますね~。

オ-ナ-さんは現在少々問題を抱えられている様です。タイヤもピレリのスパコルからメッツラ-のレ-ステックに換装されていることも要因の一つかもしれません。

フロントのOHLINSはNIXタイプ、伸び圧減衰が独立したたタイプなのでそれぞれの設定を変更。

因みにOHLINSは性能は高いがO/Hの頻度が高いとか・・・つまり性能劣化が早い等と言う都市伝説の様な話がまかり通っておりますがKYBやショウワのフロントフォ-クとO/Hのスパンはほぼ変わりません。

今回も約1年ぶりのO/Hに成りますが、性能担保と言う意味であって転ばぬ先の杖的なものですね。

今回は接地感と回頭性がキ-ワ-ドで進めましたが良い感じだと思います。後はライダ-に早く馴染んでいただくことが肝心かと。

リアに関しては通常のO/Hとフロントの仕様変更に合わせてセットアップ、無論リンク周りもチェック&メンテナンス。

オ-ナ-さんは九州の3つのサ-キットをフィ-ルドとされて居ますが同じセッティングと言う訳にも行きませんがベ-スの傾向は同じで良いと思います。

オ-トポリスは全体に持ち上げてSPAは下げると言った感じでしょう。

次に走行されるのは春先の様ですがサスペンションもウォ-ムアップが必用だと言うは是非、頭の隅に置いて置いてください。

ご安全に!!

 

ブログランキングに参加しています! ポチっと応援、宜しくお願い致します(^^)/

2017.12.29

残念な・・・

深紅のZRX1100のオ-ナ-さんはポルコ氏、なんの祟りか分かりませんがここ数年タイヤを使い切って交換と言う事が有りません。

全てパンクに起因するタイヤ交換に成っております。

今回もまだまだバリバリのス-パ-スポ-ツEVOのリアに被弾、一応修理はしたものの若干エア-漏れが有るようで・・・・もう-この際気に成るPOWER RSに交換すると。

再度パンク修理は可能ですよと言っても・・・んにゃ交換すると。

まぁPOWER RSを履きたいという気持ちも大いに有るようで ”交換したほうが良い” と言ってくれ状態(^^;

そこまで言うなら交換しましょっ!そうしましょっ!!ってなもんで交換です。

パンクの祟りから解かれるためにもタイヤの神様に詣でたほうが良いかもしれませんねぇ・・・・ほんと。

ご安全に!!

 

ブログランキングに参加しています! ポチっと応援、宜しくお願い致します(^^)/

2017.12.28

ZERO POINT to S1000R

S1000R適応のZERO POINTシャフトは生産待ちに成っていたので今年中と言うのは無理かなと思っていましたが即入荷!

最近PEOさんの納期は素晴らしいですね~、設備投資はとても有効に働いている様です。

需要が落ち着いて来たとか他社の参入で一極集中ではなくなったという事かも知れませんが。

装着すると殆ど見えないアクスルシャフトですが他社品ではチラっと見える個所にも質感が上がるよう工夫を凝らしている製品も有りますね。

比較的渋め?質実剛健??な感の高いZERO POINTOですけどこの武骨な感じが私は良いと思います。

そう言えばOHLINSの方が仰ってましたがクロモリ製のシャフトを組むとフロントフォ-クの動きが変わると言う点は良くも悪くもらしい。私もそ-思います。

肉厚や精度による靭性と剛性のコントロ-ルが要とも仰ってました。

確かに・・・・クロモリ製シャフトを装着すれば全て良くなると言う訳では無く相性の悪い機種もありますね。

その場合、私はお勧めしておりません。サスも含めてのクロモリシャフトの効果と言う話ですね。

ご安全に!

 

ブログランキングに参加しています! ポチっと応援、宜しくお願い致します(^^)/

 

Next »