2020.08.28

効果

CC110に装着したアルミリムKIT、改めて実走確認・・・・・・

プロトタイプの評価と全く同じです・・・・そりゃあそうですよねって話ですね-(^^;

因みにフロントの振れはピタリとなくなりました。まぁSTDのリムは目視で振っているのが分かりますもんね・・・

アルミリムKITからSTDリムに戻してから余計に気に成っていましたが・・・・。

この程度はカブ的実用性に問題はないと言えばそうなのかも知れませんけど。

それは兎も角、リムと同時に交換したX.A.M製のドリブンスプロケットとチェ-ン。

コチラの効果は絶大です。

ある速度での定速走行ではグゥワングゥワンなんて波長が発生しとても気に成っていました。

恐らくスプロケットの真円度とチェ-ンの精度の問題ではないかとは思っていましたがやはり原因はスプロケット&チェ-ンで間違いなし。

これも一つの共振現象で全ての速度域で発生している訳では無く加減速時にも感じ難い。

CC110でロングツ-リングされているユ-ザ-さんは思い当たるところが有るのではないでしょうか?

因みに純正品に交換しても改善されないと思いますよ・・・そもそもですから(;’∀’)

精度を追求するとキリがないと言えばキリが有りませんが、不快な共振などを軽減することで快適性はグンと向上します。

ブログランキングに参加しています! ポチっと応援、宜しくお願いいたします(^^)/

2020.08.22

CC110アルミリムKIT発売開始

以前プロトタイプを評価させて頂きましたがこの度CC110アルミリムKITが正式にに発売に成りました。

予約を入れていたアルミリムKITが入荷したので早速装着。

見た目に大きく変わったところはありませんが新たに刻印が刻まれていますね~。

確かプロトタイプには無かったような・・・・あったかも(;’∀’)

早速MyCC110に装着。

装着の前にホイ-ルバランサ-に掛けてみましたが振れは全くありません!まぁ当たり前なのですが当たり前ではないのが・・・・・あれですからねぇ。

装着した感じも良いですよね~、先ず錆てなぁ~い・・・・・(^^;

特注のX.A,Mドリブンスプロケットも交換、ついでにチェ-ンも交換!!いいねいいねぇ-。

因みにリムカラ-はブラックとシルバ-も有るようです。

ところでプロトタイプを評価したからと言って特別なオマケや値引きも有りませんよ~、私も普通のコンシュ-マ-なので普通の価格で購入いたしました。

なんか貰ったんでしょとか言ってる人が居たりしたのであしからず・・・・・・(^^;

ブログランキングに参加しています! ポチっと応援、宜しくお願いいたします(^^)/

2020.07.09

ZERO POINT to CC110

ZERO POINTシャフトのお問い合わせは時々頂いておりますが・・・・・ウチは販売力が無いのであまり売れませんねぇ(^^;

売れないからという訳ではありませんがクロスカブに投入してみようと、そもそも人差し指の太さ程度のアクスルシャフトですから効果大!

ではないかと^^

ところで前後のシャフトを注文したのですがP.E.Oさんからリアのシャフトは生産しておりませんと連絡が来ました。

ん?一応クロスカブのクロモリシャフトで検索したら前後装着した方がおられてZERO POINTシャフトと記載が有りました。

もしかしたら偽物でも出回っているのでしょうか??

まぁリアは置き換えても効果が分かりずらい・・・・つか変化が無いと思っているのでフロントだけでOK。

でもって何時ものコ-スへ試走に出かけましたがコ-スまでの市街地、一応ワインディングなコ-スもそれなりに走りましたが変化は全く確認できません・・・・(^^;

一応、開発ライダ-の端くれですしタイヤの内圧であれば5kpaの違いも分かります。期待してのになぁ~的な。

現場でSTDのシャフトと入れ替えながら何度か走りましたが・・・・やはり何の変化も確認できません。

なんだか残念・・・・しかし・・・・もしかしたらと思って酷道へ。

しかしギャップやバンプ、アンジュレ-ションの連続するコ-スでもほぼ変化なし。そして少しづつペ-スを上げていき・・・・

ある意味攻めるレベルまで負荷をかけていくと明確な変化が確認できました。

外乱の収束性は高まりギャップなどの減衰も明らかに向上しています、さらにCC110はハイペ-スではドがつくアンダ-ステア-ですがこれがかなりニュ-トラルに変化しています。まぁアンダ-はアンダ-ですけど(;’∀’)

これは一体如何したことなのか?

そういえばR1100Sの場合は明らかにステア-特性は変化し応答性は高まり振動減衰能力も高まった。

しかしS1000RRは全く変化はありませんでした。これはあくまでも私的考察ですがシャフトのボリュ-ムと車両の質量とのバランスかも。

R1100Sの様に重くてしかもフロントヘビ-である車両のわりにアクスルシャフトはかなり細身です。

クロスカブのアクスルシャフトは当然極細ですが車両の重量・質量からみて実は十分以上の剛性をSTDのシャフトは有しているという事?

故に低中速域や一般的な走行条件ではZERO POINTシャフトは能力を発揮せずSTDシャフトと変わらない働きだけど負荷が増すとSTDは能力のキャパを超えるがZERO POINTはそこからが本領発揮という事かも知れません。

そういえばZERO POINTはSSのお客様の場合、良く分からないという評価が多いのだけどメガモトやビックNKのお客様はスタビリティ-が向上したと評価されます。特に高速道路での安定性を評価されてましたね。

それって私のS1000RRとR1100Sで感じたことに近いかも・・・・(;’∀’)

鈴鹿8耐を走ってた友人がZERO POINTシャフトを装着するとライン一本分内側を走れると言っていましたがSSの場合サ-キットの様に高負荷が加わる条件ではかなり高い効果が得られるのかも知れませんねぇ~!

んん~SS車両でサ-キツトかテストコ-スで再評価してみたくなりましたね・・・こんどこっそり持ち込んで・・・(^^ゞ

的な。

 

ブログランキングに参加しています! ポチっと応援、宜しくお願いいたします(^^)/

2020.06.25

えっ!?モリワキ!!

ヨシムラさんはCC110でモリワキさんはCT125なんですね~。んん~逆だったらよかったのに・・・・(;’∀’)

※個人的感想です。

 

ブログランキングに参加しています! ポチっと応援、宜しくお願いいたします(^^)/

2020.06.21

しょんぼり感・・・・(^^;

アルミリムKITを返却しSTDのホイ-ルに戻したMyクロスカブ・・・・なんだかしょんぼりですよね~(^^;

アルミリムKITが発売に成ったら買っちゃいますかね、数量は限定に成りそうですが・・・お値段次第というところですね。

ところで大雨の次の日の朝、小雨の中を通勤のため山を下っていたら物凄い違和感。なんだこれは?????

何だか揺れ動くというか何というか、店について確かめたら・・・・・なんとなんと!!!!

普段はロックしていないリアBOXの蓋が強風で開いて豪雨が降り注いだ様で・・・・・雨水満タン(;’∀’)

強風で蓋が壊れなくてよかった~。

にしてもこんなことも有るんですねぇ、もうビックリでございます。 ご安全に!

 

ブログランキングに参加しています! ポチっと応援、宜しくお願いいたします。

2020.06.18

エキセルアルミリムKIT 最終評価

クロスカブ用エキセルアルミリムKITの最終評価にふさわしい? 酷路に出かけてまいりました。

道路幅は狭くアスファルトはアチラコチラ剥がれてる上にうねりまくっていておまけに落石に落ち葉・・・・・。

さらに超タイトなコ-ナ-に物凄いアップダウン。

上りの超タイトなコ-ナ-はバンクさせなくてもステップ擦っちゃうぞ~的な・・・・・かなりの酷道です(^^;

本題のエキセルアルミリムKITの最終評価ですが一般公道やワインディングではSTDのリムと比較して若干スタビリティ-の向上は確認できましたがOFFでは全く分からず(;’∀’)

しかし酷道走行では明らかな違いが有りアルミリムのしなやかさが光りロ-ドホ-ルディング性はかなり向上しています。

この酷道は普段からSTDリムのクロスカブやKTM390でも走っている知り尽くした道です。

いやぁこうなるとD604も試してみたくなりますね~!しかしアルミリムKITは返却期日を迎えますので残念ながらまたの機会にですね。

 

ブログランキングに参加しています! ポチっと応援、宜しくお願いいたします(^^)/

2020.06.16

エキセルアルミリムKIT OFFロ-ド

クロスカブというぐらいですからオラOFFロ-ドにも行くべ!!なんて方も多いと思います^^

なのでアルミリムKITもOFFでの確認は外せないでしょ!って事で行ってまいりました、。

といってもトレッキング的なってところですが。

アンタ、OFF走れるの?みたいな話も有ろうかと思いますがそもそも私はモトクロス出身で若いころは3クラス制覇のグランドスラムなんてことも達成したことが有ったりします・・・・まぁ遠い昔の話ですけど・・・・・。

全日本ロ-ドに出場していた頃もシ-ズンオフはエンデュ-ロに何度も出場したし・・・・林道ツ-リングにもよく行ってました(^-^)

OFF車歴はざっとですがMX125、YZ125、KX125(Kawasakiはメ-カ-サポ-トでここで大怪我(^^;)以降しばらく空いて・・・・・

CR80、RM80、KX80、XR200、KDX200、DT200WR、TS200・・・・KTM525EXCが最後でしたね。

因みにかみさんもCRM50に乗っていて一緒にコ-スも走ってたんですよ~よく飛んでましたけど・・・・(^^;

それは兎も角、アルミリムKITは兎も角もシティ-PROはOFFでは更に思い切って低圧にしないと砂利道やガレ場は特にフロントが弾かれて吹っ飛びそうになりますね・・・・。

走れないことはありませがやはりOFFを走るのであればIRCから発売されているOFF専用タイヤ等が良いに決まっていますね。

それぞれ用途要件に見合ったという事が肝心です~。なんだかOFFだとSTDリムとアルミリムの差は全く・・・・

分かりません(^^;

因みに赤土の締まった路面では超低圧のシティ-PROの走破性はなかなかのものです。またガレば等での耐カット性も優れていると思われるのでやんちゃして遊ぼうと思わなければ信頼性という点では高いと思われます。

つまり大切なキラキラアルミリムを痛めないという意味でのプロテクション性は良いかも・・・・ってアルミリムKITの評価にも何にもなっていませんけど。

でもって結論は超カッコいいエキセルのアルミリムKITを組むならOFFでの激しい走行は控えたほうが良い・・・・的な。

まぁトレッキング程度なら楽しく走れると思います。あ~楽しかった、。

ご安全に!!

 

ブログランキングに参加しています! ポチっと応援、宜しくお願いいたします(^^)/

2020.06.14

クロスカブ ヨシムラフルエキゾ-スト!

ヨシムラからCT125用ではなくCC110用のフルエキが発売!おお~~!!!! みたいな。

敢えてCC110用というのは市場を見据えての事と思いますが・・・・CT125の発売による対抗心的を煽る的な・・・・・(^^;

そんなところもあるかもしれませんね~。価格は46000円。

でもねぇ私的にはちと違うという感じ。もう少しサイレンサ-がクロスカブチックな感じだったらなぁ・・・・と思います。

クロスカブチックってなんやねん、。ですけどね(^^;

 

ブログランキングに参加しています! ポチっと応援、宜しくお願いいたします(^^)/

2020.06.11

ちょっと待てシティPRO!

昨日の記事でシテイPROの事をあれやこれや語ったら・・・・直ぐに問い合わせを頂きました。

当店でもス-パ-カブやクロスカブの何台かに装着しましたが特に悪い評価はありません。でもやはり働くタイヤとして生まれたのは確かではないかと思います。

某新聞販売店の話を伺ったことが有りますがそれまで使っていた某社のニュ-スペ-パ-スペシャルというタイヤは地区に配布する新聞全てを積むと特にフロント側で不安定となり内圧をかなり高めても改善しない。

その為止む無く2度に分けて配布していたそうですがシティPROを勧められて試したところフル積載でもフロントの安定性を損なうことなく配布も2度に分ける必要がなくなったと喜んでおられたようです。

まぁその積載量が過積載なのか如何なのかは置いておいて同じリインホ-スド仕様でも能力差は大きいようです。

リインホ-スド仕様はプライ数やプライレ-ティングで強化し高い空気圧を与えて高負荷荷重を担保します。

因みに単純に高い空気圧を与えても負荷荷重が高まる訳ではあありません、風船にいくら加圧しても剛性は高まらないでしょ。

タイヤの構造と見合った内圧という事が大切です。

この辺りから見ても車両の指定空気圧が全てのタイヤにとって最適であるという事は無いという事です。

構造や仕様が違えば適正な内圧も又異なるという事です。そもそも目的によるという事です。

前置きが長くなりましたが結局シテイPROは一般的な使用環境では剛性が高過ぎてそもそもライディングプレジャ-を大前提に開発されたD604等と比較して劣るのかって話。まぁ生まれが違うのでこれは致し方のないことだと思っておりました。

逆にフル積載でキャンプツ-になんて場合は最強ではないかと思いますが・・・・・・ところが・・・・・

昨日早速ご連絡を頂いたお客様、当店でシティPROを装着したのですが直後にパンクした様で・・・・しかしパンクに気が付かなかったとか・・・・(^^; どれだけ硬いタイヤやねんって話ですが。

実はパンクした状態での走行が快適だったようで、パンク修理の後信じられないような内圧で使用しているらしい。

すんごい快適ですよ~みたいな。

数値を伝えられて「危険ですかねぇ?」って聞かれましたが・・・・危険とまでは申しませんが、そんなもん腰砕けのグニャグニャやろ。

とはいえ、昨日の夕方早速試してみました。あらら・・・・ほんまや(;’∀’) とっても良い感じ。

接地感も高まり実グリップレベルもアップしてます、コンフォ-ト性も凄くよくなりアンダ-も解消しニュ-トラルステア-に変化。

腰砕けなんて全くないし「???????」今日の朝も少し走って来ましたが確実にウェット性も良くなってます、これ無敵!?

そういえば昔々元世界チャンピオンの原田哲也君がRS125に乗っていた頃、彼を担当していましたがこれがとんでもない原因でスペシャルなタイヤが出来上がったことを思い出しました。

つまり技術的に考えて有り得ないことは無い・・・・事象であると。いやぁ驚きましたね。もうシティPROで大満足です・・・・(^^ゞ

前言撤回!ご安全に!!!

2020.06.10

エキセルアルミリムKIT ONロ-ド

クロスカブ用アルミリムKITはスポ-クの本数にも拘っという凝ったもので開発当初からお話は聞いておりましたが。

製作にはかなり苦労されたようです。

その甲斐あって出来上がってきたアルミリムKITはとても美しく想像していたよりも遥かにクオリティ-は高いですね。

まぁ性能云々は置いておいてもカスタムパ-ツとして十分に商品価値はあると思います。

とはいえやはり操安性などの変化は気に成るところなので実走評価のご依頼を受けて早速実施。

タイヤはそもそも履いていたMICHELINのシティ-プロ。内圧はSTDリムと同じ内圧を設定。

走り始めてすぐに違いが分るのがコンフォ-ト性、ギャップや路面の継ぎ目などでは明らかに減衰性能は低下しています。

バタつくといった印象でリムが軽量化された影響が共振波形を高くしてしまっているようです。

またフロント側の接地感も低下しておりアルミリムKITに変更した場合タイヤの内圧は下げる方向に設定変更が必要です。

かなり内圧を下げていくと接地感も高まり衝撃の吸収性にも改善が見られます。と言ってもSTDリムと同程度にというところです。

また軽快感などについてはそもそもが軽快なので大きな変化はありませんが何方かと言えばステア-特性は良い意味で粘りが出た感じです。

普通のカブと同じ車体にかなり高いアップハンドルが取り付けられ高い位置にでかいメ-タ-も取り付けられている為、少々安定感に欠くステア-特性がやや粘るようになり良い意味でスタビリティ-が高められた感じですね。

半面ややアンダ-気味な方向に成りましたが・・・・それが如何したというレベルですね。つかクロスカブというセグメントを考えるとこちらの方が要件に合っていると思います。

因みにネガの原因はアルミリムではなくMICHELINのシティPROの剛性の高さにあると思います。

アジアンマ-ケットの良いとは言い難い路面状態と厳しい使用環境に適応したリインフォ-スド仕様である為ケ-ス剛性と高い内圧で高負荷荷重能力を担保したビジネスライクなタイヤはバネ下が軽量化されたことによってライディングプレジャ-という点では聊か厳しい方向に向くのかもしれません。

まぁフロントにもリアにもかなりの積載を前提としているタイヤでもあり過積載上等でキャンプに行くなんて時は良いかもしれませんが。

因みにレ-スタイヤやハイグリップセグメントのタイヤはケ-ス剛性を高め内圧を低めるという意味とは違っているので極端に内圧を下げると剛性を担保しておきたい個所も同時に下がってしまうのでなかなかバランスが難しいですね~。

まぁ評価という事で多少厳しい目線ではありますが・・・・・

敢えて言えばしなやかさという点で優れているダンロップのD604等に換装すると問題点は一気に解消されそうです。

まぁ・・・まぁ・・・何というかMICHELINのパタ-ンが好みとか耐摩耗性重視で過積載前提であればメリットも大いにあると思います。

つか言うほど極端にという訳ではありませんが一般的な使用環境では個人的にはダンロップの方がマッチングは良いのではないかと思います。

タイヤのマッチングは拘ったほうが良いと思いますが兎も角もアルミリムKITはありありだと思います。

何よりも見た目! こりゃあもうカッコいいので全てOKという事で宜しいのではないでしょうか(^-^)

エキセルアルミリムKITイイですね!!次はOFFでの評価を実施いたします!!

 

ブログランキングに参加しています! ポチっと応援、宜しくお願いいたします(^^)/

 

Next »