2014.12.16

馬鹿者たち・・・わが青春の与論島

学生時代、TVのワイドショ-で紹介された与論島に魅せられて・・・

授業にも出ずバイト三昧で費用を捻出し・・・・

いざ与論島に渡航。

勿論、宿に泊まるつもりもなく野宿が大前提でしたね~。

あのCB250の相棒との無謀な旅でした。

TVで紹介していた簡単に獲れてしまう伊勢海老などは全て仕込みだった事は島に行って初めて知った訳で・・・しかし、時すでに遅し。

まるで無人島の様に紹介されていた与論島は観光客で溢れかえっていたし。

それが嫌で集落もない様な静かな浜を探し、そこで見つけた洞窟でサバイバル生活。

魚図鑑と睨めっこしながら見た事も無い色鮮やかな魚を食べ・・・・。

リアル黄金伝説でしたね。

そんな毎日を送る中、浜に釣り来る地元の子供たちと仲良くなり・・・・

珊瑚の中に潜っているシャコ貝や夜光貝、そして簡単な疑似餌でガラ(ヒラアジ)が釣れる事、夜中に潜れば伊勢海老が獲れる事等を教えてもらいました。

当然、食事は日に日に豪華になって行きました。

それでも資金はギリギリ、冷たい飲み物なんて買う余裕もなかったし。

水は風化珊瑚にしみ込んだ雨水が湧きでる場所を確保し、これが結構冷たくて美味かった。

しかし、偶然とは奇なるものでレンタルバイクショップをやっていると言う島の人と出会い動かないバイクの修理を請け負って資金調達♪等など。

ここでは書ききれない程色んな事が有りましたね。

そんな浮世離れした毎日が続いていましたが島のお盆を迎えた頃から・・・・

観光客も少なくなり静かな・・・とても静かな島に成って来ました。

ある日、島の漁船が全て丘に上げられていました。

その日は潮の流れも異常に速く食料調達は難しい状態で、この事と漁船が丘に上がっているのは何か関係が有るのかもしれない・・・とは思いましたが・・・・。

その日の夜、洞窟の前の砂浜から眺められる満天の星を肴に地元の方に頂いた黒糖焼酎を飲んでいました。

そして真夜中の事・・・・

ワイワイガヤガヤと人の騒ぐ声が聞こえて・・・・

10数人の老若男女が波打ち際を駆け足で通り過ぎて行きました・・・・。

何じゃ?こんな夜中に???

相棒と顔を見合わせ・・・そんなに酔ってないよね~なんて。

しかし、相棒と話をしてみると・・・くい違いがありました。

相棒は子供はいなかったと言い、人数も5~6人だったと・・・・。

そんな馬鹿なと二人で走り去った人達を追い確認するも既に姿はなし。

そしてはっとして顔を見合わせ、あの人達が走り去った波打ち際を確認すると・・・・

その時は満潮で位置的には腰ほどの深さが有りました・・・・何!?

とても気にはなりましたが確かに人だったし、普通に人だった・・・・。

まぁ何だか不思議だとは思いましたが酔いも回って洞窟で眠り込んでしまいました。
そして、事件は起こったのです。

寝ていると水を被せられた様な感覚で目が覚めました。

寝ぼけた眼に写った光景は大きな波が荷物をさらって引いてゆく・・・

あり得ない光景。

来る筈の無い波が・・・・

しかし、はっと我に返り波を被っても尚も寝ている相棒をたたき起し波にさらわれていない荷物を掴み避難・・・・

しようと思ったが既に洞窟の前は満ちて来た海面と波に完全に封鎖され逃げる場所は無い。

後ろは風化珊瑚の断崖絶壁です。

波は更に大きくなりうねりを伴って押し寄せてきます・・・そうこれは台風。

漁船が丘に上げられていた理由がやっと分かりました。

兎に角、断崖絶壁をよじ登り脱出を計ります。

しかし前が見えない程の白い大波が容赦なく打ちつけてきて絶体絶命。

風化珊瑚にしがみつき耐えて耐えて、波の打ち寄せる合間に更によじ登る。

駄目かもしれないと思った瞬間でもありました。

しかし、ラッキ-な事に人が数人は入れるほどの窪みが有りその中に避難。

高波はそれでも打ちつけてきましたがパワ-は幾分緩衝され何とか耐えれるレベル。

それから何時間が過ぎたでしょうか・・・・・

先ほどまでの嵐が嘘の様に収まり、朝日に照らされた海は嘘の様に穏やかな表情に成っていました。

助かった・・・そう思いましたね・・・つくづく。

しかし荷物は全て流され、帰りのフェリ-のチケットも・・・・・。

砂浜には自分達が使っていた金属製の食器がボコボコに成って打ち上げられていました。

茫然自失とはこの事です。

勿論、一文無し状態。

こりゃ警察にでも相談するしかないと思いながら無言で海を眺めていました・・・

って気が付いたら本当に声が出なくなっていました。

きっと考えられない程の大声を出していたのでしょうね。

そんな時、地元の方から「どぉしたの~」って声を掛けられ・・・・

相棒が一部始終を説明。

兎に角家へ来いと言って頂きました。

迷う事無くついて行くしかない訳で・・・・

招かれたウチは民宿を営んでおられて、飲み物とおにぎりを出してくれました。

一銭もない身分では支払いなどできないので手を出さずにいたら・・・

「さっき聞いたから、お金要らないから食べなさい」・・・・って。

「で、どうやって帰るの?実家に連絡してあげようか?」って聞かれましたが

大学に通っている筈の孫が遠く南の島で何やってるのだと婆ちゃんに心配かけるのも・・・

なんてこんな事態に成っても思っていたのだと思います。

黙っていたら・・・「じゃあ暫くウチを手伝ってくれるかな?」って話に成り・・・

渡りに船だと飛び付いた次第です(^^ゞ

それからは台風で被害を受けた家屋の修理。

なにしろ現役の建築工学部、しかもバイトで建築業は手なれたものでした。

車検の切れたマイクロバスを運転して宿泊客の送迎をしたり、朝夕食の配膳をしたり。

しまいにはメニュ-を考えたり宿泊客を対象にしたイベントを打ったりと・・・・

海に足を運ぶ事も無くひたすら働いていました。

そして帰りの旅費の目処もたち、島を離れる日がやって来ました。

送別会なるものも催して頂き、民宿のおじいおばぁからも来年もまた来いって。

私が奄美を第二の故郷としている所以の始まりでもありました。

ところで、台風に遭遇した夜に見た人達はいったい何だったのか・・・・・

それは翌年、与論に渡航した際おじいおばぁから驚愕の事実を聞かされることになりました。

まず与論島は昔から風葬という風習と洗骨祭という習わしが有る。

風葬とはご遺体をそのまま洞窟などに納め自然風化させると言うもので洗骨とは砂浜に埋葬する葬儀方法なのです。

私達が居た洞窟はその様な風習が近年まで残っていた地域でさらにその洞窟も嘗て風葬に使われていたと言う事。

そして、風葬で弔われた魂は島の盆の頃その場所に海の上を渡って帰ってくるらしい。
なので島の人々は盆は海にも近づかず、船なども丘に上げるのだと。

さらにその魂を見てしまうと、生きたまま海に呑まれ黄泉の国へ連れて行かれてしまうと言う言い伝えが有ると言う。

いやいやいや・・・・いやいやいや・・・・知りたくなかったし(^_^;)

私が見たのはきっと・・・観光客が騒いでいただけ?・・・ではないかと。

だったら良かったのになあ。

2014.12.05

馬鹿者たち・・・・その2睡魔

ツ-リングの前の日ってワクワクしますよね~!

それも一泊ツ-リングの前の日なんて寝られなかった思い出がありますね。

昔々、仲間と一泊ツ-リングに行く事に成りましたが・・・・

もうワクワクで寝つけず、それは他の連中も同じでした。なので・・・・

いっそこのまま出発しちゃえ~って事に成り夜もまだ明けやらぬってか真夜中にご出立~~~~。

真っ暗なワインディングを抜け自動販売機だけの店舗なんてのが有って夜食を取って・・・・

そして朝日が昇り最高~~~ってな具合でしたね。

そして日も高くなりポカポカ陽気、お昼は確かチャンポンでした。

お腹も膨らみ、食事を取った近くの公園の芝の上でちょっと休憩・・・・の筈でした。

しかし、一晩中走り続けていた為ポカポカ陽気も手伝って眠り込んでしまいました・・・・・。

何時間が経ったでしょうか・・・寒気で目が覚めると辺りは真っ暗・・・・時計を見ると午後8時を回っていました・・・・。

大慌てでぶっ飛ばし予約していた宿についたのは既に午後10時を回っていましたねぇ。

宿の方から「もうお食事はできませんよ」・・・・なんて。

近くに食事を取れる所も無く空腹を我慢してひたすら朝食を待ちました・・・・。

昼間寝ているものだから寝れもせず・・・・長い長い夜で・し・た・。

そして待ちに待った朝ごはんの美味しい事と言ったらおひつ何杯お代わりするの~~みたいな(^^ゞ

しかし・・・当然の事ですが・・・一泊二食の宿代は確り精算し・・・(T_T)

そう言えば一泊ツ-リングの目的は伊勢海老ご膳だったよね・・・・とてもとても残念な馬鹿者たちの一泊ツ-リング。

まぁ朝食に伊勢海老はつけて頂いておりました、気のきいた旅館のお世話に成った訳ですよね。

今考えるととても懐かしく、今でも会うと必ず出る笑い話な思い出ですね(^◇^)

画像はその当時の仲間ですけど・・・・皆・・・・髪が長げ-し。

2014.12.04

馬鹿者たち・・・・その1海の家

相変わらず天気の悪い12月。

暇の上に超が付く毎日ですが・・・暇が続くと・・・ついつい下らん事を思い出したりします。

昔々、泊りがけのツ-リングと言えば野宿と言うのが私の中では当たり前でしたね。

今の様にオ-トキャンプ場が整備されている訳でも無く、ワンタッチのテントなんてものも当然ない時代。

無人の駅や屋根のある公園や季節外れの海の家なんてのが宿でした。

でもねぇ、そんな野宿の旅は色んな事を体験したりしますよ~!

免許を取りたての頃の話です。

当時は土曜日も学校、でも半ドンだった訳で学校が引けてCB250に乗っている友人と二人で取りあえず何処かに行こうって話に成り・・・・

ありったけのお金を持ちよってガソリン代と食事代を計算し・・・・萩辺りなら行けるぞ~なんて出発。

自分のバイクはハスラ-125でしたね。

季節は秋も終わるころだったと思います。

しかし・・・免許取り立ての二人が走ったところで予定通りに進む訳もなく長門辺りで日も暮れて来て・・・・

ねぐらを探していたらオ-プンカフェ風の海の家を発見!当然、誰も居ない訳で超ラッキ-♪

食事は食パンと魚肉ソ-セ-ジにマヨネ-ズ。魚肉ソ-セ-ジはたき火で炙って食べますがこれが美味い!

海の家はキャンプ場が併設されている海水浴場、砂浜では無く砂利の浜で・・・・

その時、海は時化ていて真っ暗な砂利浜に波の音と砂利の転がる音だけが響き・・・・心細いと言うか・・・ちょっと不気味でした。

海の家の前に2台のバイクを並べて、自分達は海の家のカウンタ-の中に入りヘルメットを被ったまま就寝。

そして午前2時を回ったころでしょうか・・・相棒が・・・・「おい、誰か来る・・・」

ドキっとして目を覚まし様子を伺っていると砂利を踏む足音が近づいてきます。

そして2台並べたバイクの間に人影が・・・・。

こりゃあ不法侵入か何かでどやされるんじゃないかと緊張が走りますが・・・・兎に角も寝たふりを続けながら・・・様子を伺っていました。

人影は赤っぽい帽子をかぶり黄色にグレ-のラインが入ったヤッケ姿、そして長靴を履いています。

無言で立ち尽くす人影・・・・超緊張です。

警察にでも通報されたらヤバいよなぁ~なんて思いつつ・・・・何故かそのまま寝入ってしまったようです。

そして朝がきて相棒と怖かったな~なんて話しながら食パンと魚肉ソ-セ-ジで朝食^^

でもって何気に並べたバイクを見ると・・・おや?

海の家は一段高い位置にありバイクの姿は上半分しか見えない・・・・・あれってなもんですよ。

確かに昨晩の人影は長靴を履いていた・・・相棒も同じ姿を見ていました。

寝ぼけていたのか・・・・まぁ何事もなく馬鹿者たちの貧乏~ツ-リングは無事終了したのですが・・・・・

翌年の夏、あの海水浴場に行ってみようと言う事に成り、CB250の相棒と出かける事に成りました。

シ-ズン中という事もあり海は賑わっていました。

しかし、自分たちがねぐらにした海の家は営業していない様で寂れ切った感じ・・・・

でも、その真向かいに新しい海の家が出来ていました。

新しくオ-プンした海の家で食事を取りながら、何処から来たの~なんてオ-ナ-らしき人から声を掛けられました。

話の流れで去年体験した出来事をオ-ナ-さんに話すと・・・・顔色が変わり・・・・「それは本当か」と。

営業されていない海の家は元々近くの養殖場と一緒にある人が管理していて・・・・

実は昨年の夏、見回りしていた経営者が酒を飲んでいて海に転落し亡くなったと言う事故が有ったらしい。

以来、海の家は放置されたままという事でした。

そして、一枚の写真を見せられました。そこに写っている人は・・・・・

広島カ-プの帽子を被り・・・黄色いヤッケ姿・・・そして長靴を・・・・(@_@;)

話に因ると事故以来、その方が霊となって徘徊しているとの噂が立って今年の春に供養祭を行ったと言う話でした。

いやいやいやいや・・・・・・いやいやいやいや・・・・・聞くんじゃなかった・・・・。

当然、それ以来その場所に近づいた事はありません・・・・、近くは通りますが・・・・・それ以上は近づきません。

まぁこれも野宿ツ-リングの醍醐味ですかね・・・・。

 

ブログランキングに参加しています!ポチっと応援、宜しくお願い致します(^.^)/