2019.06.11

渋くて寒かった・・・

昨日の休みは久々に山陰方面にキスゴ狙いで釣行。

最初に行った場所は海底に藻が茂っていて狙えるラインは限られていて・・・当たりも殆どなし。

逆に海藻が何時になく茂っているのでイカは好調の様です、堤防はイカ墨で真っ黒でした・・・・・(^^;

まぁエギングは基本やらないので場所を移動、もう少し足を延ばして川尻方面に・・・・がしかし風が強くて釣りに成りません。

風裏を探して取りあえず竿を出しますが寒いのなんのって・・・当たりも有るし久々尺切れキスゴやイネゴチも釣れましたが寒くて我慢できずに撤収。

川尻を後にして風裏のサ-フを探るも全く当たり無し・・・・・

もうやけのやんぱち日焼けのなすび、色が黒くて噛みつきたいが私ゃ入れ歯で歯が立たん・・・ときたもんだ( ;∀;)

意味不明ですがどうにもならんという事です・・・・・。

でもって恒例の某所でランチタイム・・・と思いましたが平日にもかかわらず満員御礼、有名になったものです。

一時間ほどぶらぶらしてもう一度行ってみると何とかかみさんと二人席を確保しましたが・・・・

昔は地元のじっちゃんばっちゃん中心でしたが今では県外ナンバ-の家族連れやカップルやライダ-が一杯ですね。

そういえば最初に行ったときに居た女性の二人組がまだいて私らが食べ終わって店を出るときも帰る気配はなく・・・・(*_*)

いやいや困ったお客さんもいるものですね。

店のおばちゃん達も昔は笑顔でしたが・・・・今は顔が怒ってますよ・・・・。

料理は相変わらず美味しくてボリュ-ム満点ですが良くも悪くもSNSって凄いですね。

2019.06.01

6月ですね~

あっという間に6月に成りましたね〰、そろそろ梅雨入りという話ですが今日も良い天気。

ところで毎年6月には南九州にデカメッキを狙いに行こうと思うのですが・・・話だけで全く実現しません(;’∀’)

今年こそは行きたい。

でもね~売上見てると躊躇するんですよね・・・・やっぱ山陰のキスゴ辺りが妥当なところですね・・・・。

デカメッキ行きたいなぁ。と夕日を見ながら思いだけが駆け巡る。

2019.05.14

梅雨入り秒読み・・・

梅雨入りまじか・・・といっても沖縄、南西諸島の話ですが。

今年は北部九州の梅雨入りも早そうですねぇ、梅雨はバイクにとっても嫌な季節。

がしかし・・・釣りにとっても嫌な季節でもありますが・・・梅雨時期は南九州でデカメッキが釣れる季節でもあるんでよね^^

今年こそ! その前にワ-クマンで準備しなきゃなぁ。

2019.05.08

出船

約一年ぶりの出船。エンジンはメンテのお陰で調子よく一発で始動したのですが・・・・

ドリ-(車輪)を固定するピンが1個紛失していて・・・如何したものかと・・・(^^;

更にボ-トの右側の空気室に漏れが有るようでこれも如何したものかと。出船止める?・・・みたいな。

様子見でとにかく出船しましたが、やはり何処かから空気漏れ一度寄港して漏れている個所を探して修理、再度出船。

がしかし・・・やはり漏れは止まっておらず・・・再度寄港。一旦ボ-トを揚げてパンク個所を丹念にチェック・・・ありました(^^;

船底に穴を発見しパンク修理・・・やっと漏れは止まりましたがこの段階でもうクタクタですがな。

でもまぁ・・・折角長崎まで来たので頑張って出船・・・しかし・・・全く魚の気配が有りません。

あっちウロウロ、こっちウロウロしたもののお魚さんもGWの様で全く釣れません(;’∀’)

終いにはガス欠・・・予備のガソリンを足したものの寄港するのがやっとですもんね~・・・・参ったなぁ。

でもって港に向かいつつ流していたら・・・ん?・・・コツコツと辺りが(^^♪ そしてガツンと食い込みドラグがジィ ~~~~!

40cmのガンゾウヒラメ!初めて釣りました~、それからキスゴやコダイがボチボチ釣れましたが、その場所は岸のすぐ側。

岸から十分すぎるぐらい届く場所、ボ-トで釣る意味もなしってなところで・・・なんか・・・すっごい疲れました~( ;∀;)

もう当分ボ-トはいいや・・・・。

2019.03.29

未知の生物

昨晩は何故かエギングをしている夢を見ました。普段はイカを狙う事はほぼ無いのですが・・・

エギングは如何も間が持たないというか何というか (^^;

そんな夢を見ながら昔々の不思議な体験を思い出して、布団の中で思い返して・・・

今から20年ほど前、宮崎県の都井岬近くの漁港での出来事です。その時は台風が接近しており外海はかなり時化ていました。

かなり高さのある外堤防を歩いていたら湾内に巨大なイカが、どう見ても胴長は1mを超えているアオリイカ!

その巨大アオリイカの回りには十分大物と言える胴長35cm程度のアオリイカが数杯取り囲んでいて艦隊のようでした。

現在の様にデジカメやスマホを持っていれば写真も撮れたでしょうが・・・まぁ誰に話しても信じてもらえませんけど(^^;

奄美の友人はライトエ-ス位のクエを見たと言っていたし自然界には通常は理解しがたい生物が居ると信じております。

つか見たし。

そういえば子供のころに沼でウミガメほどの大きさのカメも見ました。無論、誰にも信じてもらえませんでしたが。

山陰の漁港でフラフラ泳ぐタコ船(アオイガイ)を発見したり、体長30cmほどの不思議な魚を目撃し調べてみたらリュウグウノツカイそっくりだったり・・・

居るはずのないところに居ることもある・・・。

海辺や水辺に通っていると不思議な生物と出会うことが有ると思います。婆ちゃんも河童を見たと言ってたし・・・(^^ゞ

なんて事を久々に思い出しました。今度出会った時には確り証拠を残したいものですね~。

2018.12.21

ロケットの町 その2

前日に比べると若干風も弱まった・・・のか?

それでも結構な強風でポイントの外波止に立つのは少々怖い・・・でも風に叩かれてベイトは波止際に寄っているようです。

狙いはメッキ、鹿児島や宮崎ではエバと呼ばれるヒラアジの若魚です。大きくなるとGTと呼ばれる巨大な鯵・・・・。

ここ最近は狙っていっても全く釣れずにいましたが今回こそはとジグやミノ-を投げまくりますが・・・全く反応なし。

居ないのかなぁ・・・なんて・・・半分諦めモ-ドになったころ・・・沖でナブラが発生! 多分メッキのナブラです。

届く距離ではありませんがナブラが寄ってくる事を期待して投げまくります(^^;

そしてガツン!ヒットです!!  掛ったのはなんと青羽織と呼ばれるカスミアジです、本土では珍しいメッキですね~。

しかも過去最大級・・・といっても30cm弱ですけど・・・・中々つれないのですよカスミアジは。

それ以降、時々射程距離でナブラが立ってかみさんと二人でナブラ打ち、がしかし・・・そう簡単には掛からず見切られているようです。

ルア-やカラ-をチェンジしながらナブラ打ち、レギュラ-なギンガメアジやゲスト的なロウニンアジ、そして珍しいイケカツオ。

かみさんもカスミを掛けてご機嫌回復・・・(;’∀’)

まぁなんとか8枚ほどを釣りましたがホント久しぶりのメッキですもんね~、嬉しいです。

交通費や宿泊費を考えたら一枚いくらだなんて考えてはいけません・・・・・。

遠く南の海で生まれて黒潮に乗ってやってきたヒラアジ、綺麗な海で勇猛果敢にルア-を追ってくるメッキを見ながら竿を振るのが醍醐味なんです。

ヒラアジはスピ-ディ-で引きも強くその姿も美しい、食べても美味しいお魚です。

時間も費用も掛かるけど楽しい遠征でした。滅多にはいけませんが・・・また行きたいなぁ。

2018.12.20

ロケットの町

鹿児島県肝属町にあるJAXA宇宙空間観測所、イプシロンロケットの射場がある「はやぶさ」の故郷でもあります。

過疎化の進む漁業の町も映画はやぶさや下町ロケットのお陰で一時は盛り上がったようですが・・・・

今は元の静かな町に戻っているようです(^^;

そんな内之浦の海に十数年前は良く釣りに行ってました、内之浦唯一といってよい宿泊施設コスモピア内之浦が来年から当分の間休館となるようで今回行くことに。

小倉東から鹿屋まで高速道路が繋がったとはいえ450kmの道のりは6時間近くかかります。遠いですね~。

十数年ぶりの内之浦はコンビニが出来た以外は何も変わっていませんでした。

朝の漁協は賑やかで地元の漁業の方々と海鳥たちの何とも言えない距離感、美しい海・・・・とっても懐かしかった(*‘∀‘)

目的は勿論釣りですが初日は強風でポイントに入れず漁港の内側でボチボチ、でもねぇ魚影が濃すぎるというか雑魚が多くて狙いの魚に届きません・・・。

それでもかみさんがデカいダイミョウサギを釣ったり私も40cmオ-バ-のタカノハダイが釣れたり・・・やはり内之浦ですね♪

因みに宿泊するコスモピア内之浦は国民宿舎です、まぁ古いし派手さもない、料理も豪華ではないけど美味しいし。

私は思うのですが雲仙の帝は豪華ではあるのですが物凄く高いと思うしコスモピア内之浦は安いと思う。

価値観の差ではあるでしょうが費用対満足度ですね。

殆ど人のいない温泉に浸かってHPの案内とは全く違う夕食を頂いて・・・(^^; メッキが釣れることを願うのでありました。

つづく・・・・

 

ブログランキングに参加しています! ポチっと応援、宜しくお願いいたします(^^)/

 

2018.10.24

坊主・・・

堤防から100cm前後のブリが釣れている‼ そんな情報に期待が膨らみましたが・・・・

堤防には平日の早朝からルア-マンがずらり! でもねぇ誰も釣れてません、当たりすらないようです。

勿論、わんにもかみさんにも気配すらありません。

なんだかな~(^^; フェイクニュ-スだったのかもしれませんね。

ブリは釣れずに情報に釣られましたね・・・・・ (;’∀’) でも良い景色でした。

2018.10.21

ス-パ-繊維

リ-ルに巻いたラインの続きになりますが私が気に入って使っているのはオランダのダイニ-マ社の超高強力ポリエステル繊維で同径のピアノ線の8倍の強度を持ちます。

確か日本でもTOYOBOとの合弁会社、日本ダイニ-マが生産しています。

無論、中国にも生産拠点がある訳で・・・生産拠点によって品質は同じではないって話になりますよね~。

完検では合格しているはずですが・・・これKYBやニッサンの話になると大事に成ってますが釣り糸ですからねぇ。

とっても怪しい(;’∀’)

ところで中国工場で生産されている欧州メ-カ-(今は中国メ-カ-)のMCタイヤはドイツの工場をしのぐ最新鋭の設備を備え材料は現地調達で品質は全く同じと謡っていますが・・・・

品質の基準が同じとは思えませんね、釣り糸の話ですよ・・・・タイヤコ-ドも釣り糸も同じ会社が作ってるのは事実ですけど。

2018.10.20

最高と最低・・・(;’∀’)

秋のハイシ-ズン、今度の休日に向けて準備中~~~ってことでライン巻き替えていたら・・・・・。

空冷BMWのお客様がご来店。 ラインを巻き替えている姿を見て・・・忙しいところすみません・・・みたいな

いやいや暇だからこんなことやってます(‘◇’)ゞ

まぁそれは兎も角、愛用のPEライン米国製は最高ですが中国製は最低です。同じものですけど・・・・。

ブチブチ切れるのですよね―。

メ-カ-に問い合わせても・・・明確には答えてくれません。

なんか残念な話ですね。

顛末は・・・・https://twitter.com/reira_sports?cn=bG9naW5fbm90aWZpY2F0aW9u&refsrc=email

Next »