2017.09.12

GSX-S1000健脚

テストコ-スではまずコレに乗る・・・個人的にはお気に入りのGSX-S1000ですが。

前にも記事にした様に足回りに関してはイマイチと言う感じは拭えません。

ストック状態で色々とアジャスティングをやっては見ましたが根本的にはさほど変わりません。

ドライである程度負荷を掛けた状態では安定感に欠ける・・・逆にウェットでは中々宜しいのですが。

今回は初のGSX-S1000の前後健脚を承りイメ-ジがモリモリと湧いてきましたね~~~♪

リアに関してはOHLINSを投入、併せてリンク周りのメンテを実施しましたがコチラは走行距離も少なく特に問題なし。

クリ-ンナップとグリスアップを実施し適正トルクで組み立てます。

にしても・・・腹の下の弁当箱がデカイので・・・・何かと面倒ですねぇ・・・・ボルトの向きも相変わらずだし。勿論、組立の際はボルトの向きも変更。

さてさてフロントフォ-クですがインナ-カ-トリッジタイプですが思っていた通り・・・・甘いし。

しかし、これは敢えてと言う所でもあるでしょう。ストファイ系は総じて・・・と言う感じですもんね。

なのでウチ流に大胆に設定変更。

そもそもが甘いので物凄く印象は変わりますね!コレコレって感じですね~、この仕様で高速周回路を走ってみたい・・・・(*‘∀‘)

ドライのハンドリングコ-スも絶対にSSよりも速く走れると思います・・・・楽しいでしょうね~♪

無論、市街地でのスタビリティ-も十分に考慮しいるのでワンランク上質なGSX-S1000に仕上がったと思います。

健脚完了です!ご安全に!!

 

ブログランキングに参加しています! ポチっと応援、宜しくお願い致します(^^)/

2017.09.08

1198S健脚

前後に装着された標準仕様のOHLINSのO/Hとホイ-ルをマッドブラックからイタリアンロッソにカラ-リング変更&POWER RS装着でチェックイン。

以前はS4に乗られていたオ-ナ-さんですがひょんな事からひょんな経緯でひょいと乗り換えられたようです。

何方かと言うとアップライトなモンスタ-からバリッバリのイタリアンス-パ-スポ-ツへの乗り換えはありゃりゃ~みたな。

しかし、最近は乗り慣れてきて楽しくなって来たと仰ってました(^^)

それでも掴みづらい接地感やスパルタンなステア-特性はも少し・・・・もうちょっと・・・何とかならないかと。

1198Sとは違いますが私もパニガ-レに乗って同じような事・・・・思いましたもんね(^^;

私の場合、サ-キットでそ-思ったぐらいですから。

なのでそのイメ-ジを基に公道大前提でしなやかで高いスタビリティ-を表題として健脚。

プラスPOWER RSの投入はオ-ナ-さんのご希望に添える1198Sに仕上がったのではないかと思います。

因みにホイ-ルのは90年代のヤマハTZ250の強烈なイメ-ジが印象に残っていてホイ-ルは鮮烈なで無いとダメなのだそ-です。

何というかその強烈なイメ-ジのTZ250の赤いホイ-ルをとっとと黒に塗り替えていた私は・・・・(;’∀’)

大変な無礼者だったのかも・・・。1198S健脚完了です! ご安全に!!!

 

ブログランキングに参加しています! ポチっと応援、宜しくお願い致します(^^)/

 

2017.09.07

朝から・・・・

今日は終日雨だし、朝から吊るしましょう~~!

2017.09.04

ZZR1400健脚

2年前に健脚を実施した車両ですが、インナ-チュ-ブのダメ-ジは厳しい状態で前回の様に研磨で何とかなるレベルではありません・・・残念ながら。

前回は研磨で対応しましたが・・・何れインナ-チュ-ブは交換の必要があるとは申し上げておりました。

あれから2年・・・今回はインナ-チュ-ブの交換も含めて再健脚です。

再メッキと言う手もありますがやはり新品が何よりもですね-!ピッカピカであります(*‘∀‘)

フロントブレ-キのパッドと前後タイヤも交換。タイヤは少々訳ありのお持ち込みですが国内仕様ではありませんね。内容が同じものなのか如何かは不明ですが触感と組み込む感じとデュロメ-タ-の数値チェックでは問題はないと思われます。(あくまでも目安にすぎませんが)

しかし原則お持ち込みは対応しておらず、今回は事情をお察しし特別のケ-スです。

因みに当店での保証も有りませんが国内の通常流通品では無いのでメ-カ-さんの直接対応も有りません。

これは承知頂きたいと思います。まぁ問題は無いと思いますが。

MCの場合(REP)輸出国によって仕様が異なるものは少ないのですが、モノと輸出国によって仕様の違う場合もあります。

ケ-ス剛性の取り方やトレッドラバ-が異なることやネ-ミングが異なる場合もありますね。

4輪の場合はバリバリ異なる場合が多いですが・・・・まぁなんです・・・・。

ZZR1400再健脚完了です!! ご安全に!!

 

ブログランキングに参加しています! ポチっと応援、宜しくお願い致します(^^)/

2017.09.02

ビモ-タYB7

健脚のご用命を頂きましたが、先ずは現車を拝見させて頂きたいと・・・でもってご来店。

フロントフォ-クはマルゾッキの超特殊なサイズでしかも外観からは良くわからん構造・・・・。

リアは専用のOHLINSが装着されていますが状態は良くありません。

部品の手配もままならないと言うかバイクショップさんも嫌がるようで「オ-クションで探してみては?」なんて。

そもそもYB7は現車も確認せずに現状渡しで購入したらしい。バイクが手元に届いてびっくり仰天!!

ステムナットやカウルの特殊なボルトも抜き取られていてスクリ-ンは他機種のモノが載せてあるだけ・・・

燃料系のソレノイドバルブも欠品、イグニッションも逝ってるしマニホ-ルドも・・・要は部品取り車状態。

流石に購入業者に連絡を取ったら「乗るのですか?」なんて・・・・・(;’∀’)

突き返せば良いモノをご本人はYBが欲しい余りに・・・・文句だけ言っておしまい・・・みたいな。

結局、ボルトやナットは一品ものの削り出しで製作、その他はあの手この手で手配し車検を受けて現在に至るようです。

そして最後の足回りがウチにお鉢が回って来たようで・・・一見さんならお断りするところですが。

何しろオ-ナ-さんは5KE-4君ですからねぇ・・・泣く泣く。ノ-クレ-ム・ノ-リタ-ンでお願い致します。

まぁこの機会に経験を積ませていただきます・・・・まぁ仕上げて見せますよ。

 

ブログランキングに参加しています! ポチっと応援、宜しくお願い致します(^^)/

 

 

 

2017.09.01

デイトナ675前脚健脚

ブラックなデイトナ675!私の好みでありますね~♪

それは兎も角・・・リアは既にOHLINSを装着されていますが、デイトナ675のオ-ナ-さんから良くご相談を受けるのが接地感が希薄と言うはなし。

確かにOHLINS仕様の675Rの場合もかなりバネレ-トが高く、自由長もどうして?みたいなバネが装着されています。

相当トラックに振ったセッティングなのでしょうか。

因みにオ-ナ-さんはリアに関してはREPのOHLINSに換装して今の所満足しているとの事なのでフロントのみの健脚です。

スタンダ-ドの設定は油面も高すぎる?更になんじゃかんじゃなので根本的に見直し。

またディメンジョンも見直して・・・・押してみる。更に引いてみる・・・もう一度押してみる・・・・。

そんなことを繰り返しカチャカチャ・・・クルクル・・・・。

中々・・・え-感じなったところでもう一度最初から一連の作業を繰り返し最終セットアップ。

ブラックなデイトナ675健脚完了です。

 

ブログランキングに参加しています! ポチっと応援、宜しくお願い致します(^^)/

 

2017.08.29

スポ-ツスタ-健脚完了

数年前、健脚を承ったスポ-ツスタ-ですが・・・その時は何が何だか・・・・(^^;

物凄く手が入っていてホイ-ルは何を流用したのか、フロントフォ-クはリアサスはって感じで先ずはそれを調べるのが一苦労でしたね-。

オ-ナ-さんもその辺のデ-タ-は全く持たれておらず・・・大変でした。

その後オ-ナ-さんは金沢に転勤となりました・・・が。遥々金沢からタイヤ交換でご来店に成られたヘビ-級のお客様です。

今回はご本人曰く奇跡的に九州に再赴任に成った様で普通は無い話らしい。それは兎も角・・・・

また数年後には転勤は必ずあるらしく戻って来たタイミングでフロントフォ-クのO/HとリアOHLINSのO/H。

ついでに?64チタンを散りばめて再健脚完了です。

今回はこれまでの評価を総合的に鑑みて一歩進めた仕様に変更しました。更にスポ-ティ-にって方向ですが・・・

手が入っているとはいえ元はスポ-ツスタ-ですからバランスを考えてと言う話ではあります。

ご安全に!!

 

ブログランキングに参加しています! ポチっと応援、宜しくお願い致します(^^)/

2017.08.20

ZX14健脚

ZX14,ZZR1400はかなりの台数健脚をしてきましたが、マイナ-チェンジの際に公表されるスペック以外にも細部の見直しが成されてます。

諸元に関わる事ではありませんが例えばフロントフォ-クやアンダブラケットの公差やリアショックアブソ-バ-の設定や仕様等々。

これは市場からの声によるフィ-ドバックだと思いますが・・・・。

まぁ確かに初期の頃のZX14やZZR1400は何を基準に仕様を決定したのか?マ-クが一杯・・・みたいな。

そんな所が有りましたが、最新のモデルでは改善されていますね。

でも「俺のとはちがうなぁ」ではありますが(^^;

今回のお客様はSTDのフロントフォ-クのO/H&モディファイとリア周りのメンテナンスとSTDショックアブソ-バ-のセットアップ。

フロントに関してはアップハンドルに変更されているので出来るだけそのネガを潰す方向でモディファイ。

そもそもハンドル位置を大きく変更するとやはりネガは出ます。しかしライディングポションが楽ちんに成るのは大きなメリットでもあります、この辺りはライダ-の体格や年齢?、好みにもよるところですね。

私もR1100Sのハンドルを変更し・・・おやおやこれはと戸惑いましたから・・・・(;’∀’)

しかし出来るだけネガを改善し現在は・・・もう前のポジションには戻れません。

zx14記念すべき20台目の健脚完了です! ご安全に!!

 

ブログランキングに参加しています! ポチっと応援、宜しくお願い致します(^^)/

2017.08.16

ブルタ-レ健脚完了

遥々新潟からご来店のお客様。一瞬ネコライダ-さんかと思ってしまいますが・・・・。

まぁご苦労話はネコライダ-さんとほぼ同じですね(;’∀’)

ところで今回はフロントフォ-クのO/H&モディファイ、リアはナイトロンに交換。更にZERO POINTシャフトを装填、前後タイヤはPOWER RSに交換。フルコ-スですね^^

因みにマルゾッキのフロントフォ-クは伸び圧の減衰は左右独立タイプで構造やシステムは某国産メ-カ-にとても良く似ています。

いやこれはダメと言うのではなくとても良好と言う意味で少し前の贅沢な時代のフォ-クに似ている・・・って意味です。

このタイプのモディファイは物凄く効果も反映できるし・・・敢えて分解の画像は・・・載せません(^^;

兎も角もフロントは完了。

リアはナイトロンに換装ですが新車から走行約10000km、リンクのカラ-とボルトは確り固着・・・お約束です。

この辺りのパ-ツもチタンに置き変えると良いのかもしれませんね。まぁ防錆と言う効果しかないかもしれませんが重要だと思います。

修正とクリ-ンナップ、グリスフアップを施しセンタ-出しを行ってナイトロン装着完了。

このセンタ-出しと言う意味はブルタ-レのリンク周りを知っている人には分かると思いますが・・・(^^;

因みにナイトロンは専用品ではないのでそのまま装着すると姿勢が変わります。

なのでフロントも含めてディメンジョンを見直します。

最後に前後POWER RSを組み込みZERO POINTも装填。ブルタ-レ健脚完了です。

遠路遥々ご来店いただき誠に有難うございました!ご安全に!!

 

ブログランキングに参加しています! ポチっと応援、宜しくお願い致します(^^)/

2017.08.12

OHLINS to PCX

開業以来・・・初のスク-タ-の健脚!

なんて事で少々緊張していたのか車輛をお預かりした後・・・リアトップケ-スのキ-をお預かりするのを忘れていてドタバタ(;’∀’)

まぁスク-タ-は取り外す箇所がかなりと言う事は想像できるし当然トップケ-スも取り外さなければなりません。

兎も角もリアショックのアッパ-側の取り付けにアクセスを開始。「???」なんじゃコリャ・・・。

ボディ-と言うよりラゲ-ジBOXを取り外さなければリアショックは交換できませんね・・・。、

パキっなんて逝かんかな・・・と恐怖に駆られつつ慎重に・・・更に慎重に・・・・。

オ-ナ-さんからも既にBOX取り付け時にバイクショップさんがやらかしたと脅かされてましたし(^^;

あ-だこ-だと悪戦苦闘、慣れない作業はストレスが半端有りませんね。

でもって装着しましたが。スク-タ-の健脚つ-かOHLINSのセットアップってピンと来ません。

なので超例外として試乗してみましたが、な-んかクロスカプみたいな感じなんですね-。

セットアップの方向性はコンフォ-ト最重視と言うかモノ自体がその方向性ですね。

にしてもOHLINSって流石と言うかスク-タ-が(申し訳ありませんが)ちゃんとしたバイクに成ってますがな。

いや~~~~困った!ホントに困りました・・・クロスカブも健脚してえ~~~~~~みたいな。

また良からぬ妄想が膨れ上がってしまいました・・・・ご安全に!

 

ブログランキングに参加しています! ポチっと応援、宜しくお願い致します(^^)/

« Previous | Next »