2018.02.08

999S健脚

宮崎からご来店のお客様です。今年は南国宮崎でも雪が舞っている様ですね~冷た~い日本列島・・・

今回はフロントのOHLINSのO/H&モディファイ、リア周りのメンテナンス&セットアップを承りました。

フロントに関しては左右共にオイル漏れ、また減衰も弱くセッティングも圧側バチンバチン状態(^^;

これは乗りづらいでしょう。

兎も角も全バラで各部をチェックし消耗品は全て交換、オイル粘度・油面・バルブギャップは仕様に合わせて変更。

また片側のオイルロックピ-スが変形していたので修正しましたが・・・変形した原因が気に成りますねぇ。

リアに関してはリンクリレ-やショックアブソ-バ-も999S適応外のモノに変更されている様でディメンジョンもかなり変わっている様です。

リアのメンテナンスとアジャスティングを実施後、改めてフロントの取り付け長を見直しました。

999でトラック走行している方々の中で流行?しているチュ-ニングと言う話でしたが良し悪しは分かりませんが少なくともフロントとセットで考えないと折角のチュ-ニングも裏目に出ることも有ると思います。

足回りはト-タルで詰める事が肝心。

今回はタイヤもPOWERスリックEVOに換装、参加クラスのレギュレ-ションに問題が無ければファンライドスリックタイヤの方がメリットは大きいですから。

999S健脚完了です! ご安全に!!

 

ブログランキングに参加しています! ポチっと応援、宜しくお願い致します(^^)/

 

2018.02.07

保証書は大切に!

昨年の9月に健脚を実施したNinja1000のリアに装着したOHLINSからオイル漏れ発生。

長年OHLINSを取り扱っておりますが極稀に装着して間もなくオイル漏れが発生することが有ります。

保証期間内であればショックアブソ-バ-の修理はカロッツェリアさんが無償で対応いたします。

脱着に関しては販売した当店が無償対応いたしますが・・・押印のある保証書が必用です。

保証書が有っても正規販売店の押印が無い場合も保証されません。

保証期間内であっても保証書を無くされた場合・・・有償に成ってしまいますのでご注意ください。

また平行品は保証対象外、元々正規品であっても手を加えられたカスタム系のモノも保証対象外です。

例えばシリンダ-の再アルマイト処理やスプリングが変更されたもの純正パ-ツを社外品に変更したもの等。

他機種対応のショックアブソ-バ-を加工して適応機種以外に装着したものも保証対象外だと思います。

また取り付けの際は各部調整機能が確り機能しているか、減衰は適正か等をチェック&テストを実施することが大切です。まぁ吊るしのポン付けをしない限りチェツク&テストは必然であり常識ですけど。

因みにこの様な事象は滅多に無いのですけどね・・・絶対にないとは言えませんので保証書は大切に保管して下さいね!

 

ブログランキングに参加しています! ポチっと応援、宜しくお願い致します(^^)/

2018.02.02

R1150ロックスタ-健脚復活

以前、前後OHLINSを装着したR1150ロックスタ-。

健脚実施から約1年ですが走行距離は31326km!良く走られてますね~。

なのでそろそろ前後OHLINSのオ-バ-ホ-ルを視野にサスペンションのチェックでご来店に成られましたが・・

リアのOHLINSはオイル漏れを発症しておりました。

オイル漏れの原因はピストンロッドの摺動痕、研磨で何とかなるかと思っていましたが外注先からNGが告げられて残念ながらピストンロッド交換に・・・これが高価なんですよ。

成らぬものは成らないので仕方ありませんが摺動痕の原因はバンプラバ-にめり込んだ砂利などがピストンロッドにダメ-ジを与えた事。

普段からのメンテナンスと養生することが肝心、BMW対応のリアインナ-フェンダ-は輸入品しか無いし少々高めですが装着することをお勧めいたします。

まぁユ-ロ何とかって通販で少しは安価に購入できるようですし・・・是非。

因みに今回はタイヤも交換、当店在庫としては最後となるROAD4を装着しました。ROAD5も登場しましたが好みの分かれる所でしょうねぇ。機種との相性もありますし。

ROAD4と比較するとややシャ-プなステア-特性ではありますが接地感は比較的確り感が強くフワフワした感じは有りません。

特にドライでのパフォ-マンスはト-タルとして格段に向上しています。でもROAD4のウルトラコンフォ-トなフィ-リングは捨てがたい。

ツ-リングタイヤとしては何方が好ましいのか迷う所でもありますが。まぁサスペンションのセットアップ次第でROAD4テイストは醸し出せますけど。

故にGTスペックは変更なしで継続って事も分かるような気がします。残って欲しかったなァROAD4。

ご安全に!

 

ブログランキングに参加しています! ポチっと応援、宜しくお願い致します(^^)/

2018.01.27

OHLINSチェック&O/H

OHLINSフロントフォ-ク単体のお持ち込み。1990年代後半から2000年代のモデルですね。

転倒後に行きつけのショップさんにチェックを依頼したところ作動がおかしいと告げられ・・・・

専門のショップに依頼したほうが良いとの事でお持ち込みに成られた様です。

チェックしたところ確かに違和感が有りますが・・・・これはどうも曲がりや歪と言うのでは無く・・・・誤組ではないかと。

原因はインナ-カ-トリッジの取り付け不良に原因が有りました。

シ-ル関係も社外品を使用されていてこれが・・・あまり評判の良くないメ-カ-のもので、OHLINSのフォ-クはオイル漏れが頻繁何て話の元凶では無いかと思っております・・・(^^;

兎も角もインナ-チュ-ブの歪や曲がりを測定、各パ-ツを洗浄した上で消耗パ-ツを純正品に戻して交換。

設定は当店オリジナル。

車体が無いのでセットアップは出来ませんが標準の設定を施して作業完了。

不具合は完全に修復されております! ご安全に。

 

ブログランキングに参加しています! ポチっと応援、宜しくお願い致します(^^)/

2018.01.23

R1200S健脚

前後OHLINSのO/H&ア-ム周りのメンテスに加えてPOWER RSの装着です。

因みにR1200Sは日本国内での販売台数は百数十台らしく、かなり希少車のようです。

そんな希少車の健脚を5台やってますから・・・やはりS保存会の・・・何チャラかもしれませんねぇ(;’∀’)

それは兎も角、R1200Sに限らずテレパラのBMWは定期的にピポットのメンテナンスが必要ですよ~。

特にリアのピポットベアリングには水が浸入しやすい様で、結構錆錆って事もあるし当然グリスも洗い流されてたりします。

そんなに難しい作業ではは無いので手間を惜しまずメンテナンスを実施することをお勧めいたします。

R1200Sは癖が強いというか個性的なハンドリングと言われておりますが、サスペンションの適正な組み立てとショックアブソ-パ-の仕様変更&セッテイングで随分変化します。

無論、ライダ-にフレンドリ-と言う方向です。

R1200Sに限った事ではありませんがOHLINS装着車のセットアップやO/Hは多く承っておりますが・・・

そもそもの設定ウンヌンと言うよりもOHLINSの取り付けやセットアップに関して何故こうなのかと思う事も屡々です。

何が狙いなのかサッパリ分かりません。

タイヤもそうですが折角高性能なパ-ツを取り付けても能力を発揮できなければ意味はありません。

サスペンションやタイヤ次第で乗り方そのもの迄変化するモノですから。ちゃんとしないと勿体ない!

R1200Sきっと楽しく生まれ変わってますよ~♪ ご安全に!!

 

ブログランキングに参加しています! ポチっと応援、宜しくお願い致します(^^)/

 

2018.01.17

Wリフトアップ・・・

現在2台のBMWをお預かりしております。

2台同時進行で前後の健脚、タイヤ交換その他諸々の作業を進めております・・・が・・・。

外注加工の納期が遅れ、更に雨模様で狭い店は迷路の様になっとります。

狭い店内を這いずりながら・・・アッチでゴッン、こっちでゴッツンと頭を打ちながらネジ回し(;’∀’)

これは店内も安全メットが必用かも知れませんねぇ・・・・。

たんこぶだらけです。 ご安全に!!

2018.01.09

ZX636健脚

POWER RSクイックキャンペ-ンと合わせてフロントの健脚を承りました。

この年代のZX6系はフロントフォ-クのO/H&モディファイに関して仕様変更が効果的に反映されますからやってて楽しいですね!

リアに関してはSTDベ-スのセットアップなので限界もありますが・・・・

将来的にはREP品に交換することを検討されている様なのでそれまではこの仕様でなんとか・・・。

ところでPOWER RSに交換前のタイヤはピレリのロッソコルサ。相変わらず人気の高い銘柄ですね。

私個人としては公道&トラックのファンライドとして考えると同じピレリでもロッソⅢの方が格段に能力は上だと思いますがロッコルに関しては性能ウンヌンよりも市場ではまるで神格化でもされて居る様な所が有りますね。

ロッコルに関しては製造国が変更される前と後で実際に走行しましたが明らかにキャラクタ-は変化しています。

まぁ何方にしても時代を感じさせるところは否めません。只、ロッコルの多少やんちゃなキャラクタ-はそれはそれで支持されていて多少大人しいロッソⅢはあまり受けなかったと言う所でしょうか。

POWER RSはやんちゃなところとジェントルな両面を兼ね備えたパフォ-マンスが好調なセ-ルスに繋がっているのかもしれませんね。

でもしかし、いよいよロッソコルサⅡの登場で天下分け目の・・・・なんてことに成りそうですね。

このセグメントを得意とするピレリ、さて如何駒を振ってくるのか物凄く楽しみです!

そんな話は兎も角も、ZX636健脚完了です!! ご安全に!!!

※パワ-RSクイックキャンベ-ンは終了しております。

 

ブログランキングに参加しています! ポチっと応援、宜しくお願い致します(^^)/

 

2018.01.04

デイトナ675R健脚完了

既に健脚済みのデイトナ675Rです、今回はO/H&設定変更。すっかりトラック専用に成ってますね~。

オ-ナ-さんは現在少々問題を抱えられている様です。タイヤもピレリのスパコルからメッツラ-のレ-ステックに換装されていることも要因の一つかもしれません。

フロントのOHLINSはNIXタイプ、伸び圧減衰が独立したたタイプなのでそれぞれの設定を変更。

因みにOHLINSは性能は高いがO/Hの頻度が高いとか・・・つまり性能劣化が早い等と言う都市伝説の様な話がまかり通っておりますがKYBやショウワのフロントフォ-クとO/Hのスパンはほぼ変わりません。

今回も約1年ぶりのO/Hに成りますが、性能担保と言う意味であって転ばぬ先の杖的なものですね。

今回は接地感と回頭性がキ-ワ-ドで進めましたが良い感じだと思います。後はライダ-に早く馴染んでいただくことが肝心かと。

リアに関しては通常のO/Hとフロントの仕様変更に合わせてセットアップ、無論リンク周りもチェック&メンテナンス。

オ-ナ-さんは九州の3つのサ-キットをフィ-ルドとされて居ますが同じセッティングと言う訳にも行きませんがベ-スの傾向は同じで良いと思います。

オ-トポリスは全体に持ち上げてSPAは下げると言った感じでしょう。

次に走行されるのは春先の様ですがサスペンションもウォ-ムアップが必用だと言うは是非、頭の隅に置いて置いてください。

ご安全に!!

 

ブログランキングに参加しています! ポチっと応援、宜しくお願い致します(^^)/

2017.12.21

New YZFR1健脚完了

新型R1の健脚は初です。KYBのNewフロントフォ-クのモディファイも当然初めて。

オ-ナ-さんはZX10Rから乗り換えですがサスセッティングをあれこれ試してみてもどうにも接地感が得られずこの際健脚と。

STDの状態をチェックさせて頂きましたが・・・・何というか・・・・レ-サ-ですかって感じですね。

確かにNewR1はサ-キット要件に重きを置いたス-パ-SSモデルですが一応公道走行用の市販バイクでナンバ-取得前提で販売されている訳でありまして・・・。

何故、こんなにハ-ドなセッティングを施されているのか?先ずは公道を前提としてサ-キット走行の場合はこうしろとマニュアルに記載しといた方が良いのではないかと。

しかしオ-ナ-さんの仰る通りSTDのサスをセットアップをしてみた所で良いところは全く出せません。

そもそもサ-キツトを想定した仕様だとしても中級者以上向けで想定コ-スも一体何処でしょうって感じです。

なのでNewKYBのフロントフォ-クは仕様を大きく見直しました。それでもやっぱり・・・・。

たまたまS1000RRの健脚でOHLINSのフォ-クと同時進行だったことも有りOHLINSとKYB&ヤマハとの考え方の違いに大いにギャップを感じましたね-。改めてOHLINSは素晴らしい。

それでも公道とファンライドトラックで楽しく走れるレベルにあの手この手で何とか・・・(^^;

まぁBPFよりは変化も出せるし仕様の変更の幅もあります。

そんなこんなでフロントフォ-クのモディファイ完了。貴重なデ-タ-を得る事も出来ました。

リアに関してはOHLINS TTXを投入、リンク周りに関しては見た目マフラ-は取り外さないと無理かなと思っていましたが知恵の輪のごとく・・・何とか分解取り外しが出来ました^^

それにしてもヤマハのフラッグシップモデルでもあり高価な車両ですがホイ-ルのアクスルシャフトにもリンクシャフトにも油脂は塗布されていないのですねぇ。

メ-カ-さんに言わせると表面処理のクオリティ-が高いので必要ないと・・・仰るかもしれませんが。

一般公道を走る前提のバイクだし様々な環境が想定される訳ですから・・・せめて油脂塗布はやるべきだと思います。

兎も角もNewYZFR1健脚完了です。にしてもヤマハインタ-カラ-はカッコイイですね~!!

 

ブログランキングに参加しています! ポチっと応援、宜しくお願い致します(^^)/

 

2017.12.17

S1000RR健脚完了

2017年S1000RRのDDC非搭載車適応のOHLINSは受注生産状態なので随分長い間お待たせいたしました。

年を越さずに済みましたって感じです・・・ホント。

ところでリアショックに関しては私の2014年モデルとはかなり仕様が違ってます。

互換性が有りそうなものですが・・・全く違ってますね。

リンク周りのメンテも含めてOHLINSを装着&セットアップ。マフラ-をフルエキに交換しているので作業もやり易くチャチャっと完了。

フロントフォ-クに関しては何時も言っておりますが装着前に必ずエア-抜きを行う事が肝心。

運送便で寝かされて送られて来るのですからエア噛みは避けられません。

使っているウチに抜けるという事も有りません。

取り付け寸法に関してはSTDに準じるのではなく私のデ-タ-を参考に、更にリアとのバランスも考慮しディメンジョンも変更。

本来であればオイルレベルや仕様も変更したいところですが、それはご本人がライドした後に必要あらばって所ですね。

私の場合は全変更してますが基本的に公道前提なのでお客様の使用用途とも異なるし、まぁ乗ってからですね。

大変長らくお待たせいたしました!S1000RR健脚完了です! ご安全に!!

 

ブログランキングに参加しています! ポチっと応援、宜しくお願い致します(^^)/

 

« Previous | Next »