2019.07.04

タイタニュウムなナイトロン

一度タイタニュウムブラックなナイトロンを見たらコッチがヨカって言われるお客様が多いですね。

そんなタイタニュウムブラックなナイトロン第2弾がほぼ納期通りに入荷。

フロントフォ-クのパ-ツやその他のパ-ツもそろったのでやっと着手できます^^

暫くお天気も芳しくないし・・・じっくり行けますね~ゆっくりとも言いますけど(^^;

2019.07.03

MT09SP 健脚ドック+α

私がまだ現役で全日本選手権に参戦していた頃、ヤマハ発動機のサ-ビスに就かれていたお客様。

随分久しぶりの再会です^^

現在はタイヤなどの製造機械のエンジニアをされているようでタイヤの製造機械の一つであるバンバリ-などにも関われているとか。

それは兎も角、MT09SPモデルを購入し無論ご自分でメンテナンスを行っているようですが足回りに関して上手く答えが出せないらしく近かいご来店に成りました。

MT09SPモデルはリアにフルアジャスタブルのOHLINS、フロントフォ-クもKYBのフルアジャスタブルが装着されています。

まずリアのOHLINSはREP品よりもバネレ-トが高く全抜きでもしっくりこないらしく・・・

ここは裏技で対応。

フロントは入りが渋くスム-ズ感がないとの事ですが本来は全バラで仕様変更したいところ・・・。

まぁ走行距離も浅く兎も角は健脚ドックで何とか方向性を見出したいとのご依頼なのでディメンジョンの変更とクランプボルトの際ファスニング等も含めてリ・アジャスティング。

百点満点とは行かないとは思いますが方向性は示せたと思います。

後はとっととOEMタイヤを使い切ってREPタイヤに交換したほうが良いと思いまする・・・・(^^;

ご安全に!

 

ブログランキングに参加しています! ポチっと応援、宜しくお願いいたします(^^)/

2019.06.17

英国の貴婦人 健脚

トライアンフストリ-トトリプル675、英国の貴婦人って感じですが気性は少々強そうですね・・・(^^;

そんな貴婦人の美脚・・・いや健脚です。そんなストリ-トトリプル675のオ-ナ-さんは女性ライダ-さんなんですね^^

ところでストリ-トトリプルのフロントフォ-クはSTDの状態でも確り減衰が効いていて質は高いですね~。

さてどうしましょうかって感じですが・・・・。

しかし、減衰はは確りしているものの圧側は少々効き過ぎかもですねぇ、ストロ-クの感じも渋いっちゃ渋い。

この辺りを重点的に改善ですね、但し何の調整機能も無いので・・・実はとっても難しい。

過去デ-タ-もありません。

構造的にはタイガ-800とよく似ているのでそのデ-タ-を元に仮組を繰り返して最終仕様決定、中々の仕上がりだと思います(^^)/

リアはタ-コイズブル-なナイトロンを投入するのですが予想外にリンクまわりの締結が解けずに四苦八苦・・・・。

久々にベルハンマ-をたっぷり塗布しスイングア-ムを抱きかかえるようにフレックスレンチで力任せに・・・

んんがぁ~~~・・・・クルリン! 思わず体勢を崩してしまい運悪く喉ぼとけとタンデムステップが激突(>_<)

もんどりうってしばし唸ってました・・・・。

兎も角も・・・・リンク周りのメンテを行ってナイトロン装着。若干ディメンジョンも見直してセットアップ。

トライアンフストリ-トトリプル675健脚完了です。

ライデイングは勿論・・・・作業もご安全に・・・・(^^ゞ

 

ブログランキングに参加しています! ポチっと応援、宜しくお願いいたします(^^)/

 

2019.06.15

F800R健脚再建

健脚を実施してから早5年、走行距離も33110km。

サスペンション関係のメ-カ-さんやショップさんは2年もしくは20000kmでのO/Hを推奨していますが、ツ-リングやワインディングを楽しむといった使用環境ではちと早すぎると思います。

新車からという話であれば別ですがO/HからO/Hのスパンは4年もしくは30000kmで十分ではないかと。

勿論、施工したばかりの時と30000km走行後では多少なり能力は低下しているのは止むをえませんが。

今回はフロントフォ-クの健脚再建とリアOHLINSのO/Hです。

フロントフォ-クはインナ-チュ-ブに多少錆も浮いており手研磨、消耗品の交換と5年前には無かったパ-ツを追加して完了。

オイルの劣化は仕方ないとして汚れは大したことありませんでしたね~。

リアのOHLINSは各部とも不都合はなく通常のO/Hで完了。

前後共に再度セッティングを実施しフロントは補正として締め込んだのであろうプリロ-ドを戻して健脚再建完了。

ご安全に!

 

ブログランキングに参加しています! ポチっと応援、宜しくお願いいたします(^^)/

2019.06.12

OHLINSステダンオリジナルマウント

OHLINSステアリングダンパ-は設定の無い機種も多く・・・しかし装着したい方は多いのですよね。

なのでR1100SとかR1200S、HP2やR1200GS等BMW系にはかなり取り付けてきました・・・が。

HP2なんてとてもキット化できる代物ではなくステアリングダンパ-本体の機械加工が必要です。

R1200GSは車体側の加工が必要・・・・まぁKIT化は無理という話。

しかしF800Rは比較的KIT化するのは難しいものでは無くてKIT化しようとマンウントをかなりの数を作りましたが・・・

需要が無くて・・・その後3台に取り付けたのみでしたね(;’∀’)

その最初の一台がこのお客さま、再健脚でご宿泊中~^^

 

ブログランキングに参加しています! ポチっと応援、宜しくお願いいたします(^^)/

2019.06.05

RnineT 健脚

ヤマハのMTシリ-ズに続いて比較的健脚のご依頼が多いBMW RnineT。

限定発売が限定発売ではなくなったためか(^^; お客様も結構な台数が居られます。

RnineTの脚周りはMTシリ-ズと同じように購入されたお客様にあとは何とかしてね!・・・的な・・・・(^^;

因みにRnineTの健脚の定番はフロントフォ-クスプリング、リアショックアブソ-バ-にステアリングダンパ-といったOHLINSの3種の神器。

フロントフォ-クスプリングは減衰に手を入れないのであれば換装しないほうが良いかもしれませんが。

無論、当店はフロントフォ-クのモディファイの一つとしてスプリングを交換しています。

リアについてもフロントとのバランスを考えてリ・アジャスティング。

またステアリングダンパ-の交換は想像以上に効果的で極低速でのステア-の粘りによるフラつきは完全に解消されます。

ある意味STDのステアリングダンパ-は取り外してしまったほうが低中速域は乗りやすいほどですもんねぇ・・・・

ところで健脚のご依頼の際、かなり磨耗の進んだOEMタイヤも交換しようかと悩まれていましたが・・・・

一度にやると何が何だか・・・何が良くなったのか分からないので後日と仰っておられましたけど・・・・

効果的な健脚は磨耗の進んだタイヤよりもNewなタイヤの方がより効果が体感できるわけですから、相乗効果というものです。

なんて話していたら車両をお預かりの後に「やっぱタイヤも交換しといて~POWER RSね」なんてご連絡を頂きました。

RnineTのム-ドからしてROAD5も良いと思いますが以前K1200Rに乗られていた頃もそうですがオ-ナ-さまにはPOWER RSの方がピッタリかも知れませんね。

兎も角も3種の神器を奉納奉り前後タイヤもPOWER RSに! RnineT健脚完了です!!

ご安全に。

 

ブログランキングに参加しています! ポチっと応援、宜しくお願いいたします(^^)/

2019.05.28

1198S 健脚

1198Sに装着されているOHLINSは標準装着されているフォ-クですが・・・・

分解してみると・・・???? 何処かで手を入れられているようですが意図が全く分かりません。

もしかしたら単純に組間違いかも知れませんが・・・にしても・・・変。なのでオ-ナ-さんにご説明差し上げて先ずはSTDの状態に戻すことに。

そしてSTDの状態から設定を変更しモディファイ、作動を確認してもコチラが正解でしょって感じです。

まぁサスペンションのチュ-ニングショップの中には奇をてらったような事をするところもあるようですが・・・

基本が基本。

1198S正常健脚完了です、ご安全に(^^)/

 

ブログランキングに参加しています!  ポチっと応援、宜しくお願いいたします(^^)/

2019.05.25

勿体ない・・・

今月末までPOWER RS&ROAD5の健脚診断プラスのキャンペ-ンを実施しておりますが・・・・

中にはとっても勿体ないことに成っているサスペンションも有りますねぇ。

某大都会の有名サスベンション専門店でチュ-ニングを施したフロントフォ-クを診断させていただきました。

高価なパ-ツも組み込まれていてドカ-ンとそのショップのステッカ—も誇らしげに貼られていますが・・・

これが何とも(^^;

ストロ-クはしないしセッティングありゃまってなものでオ-ナ-さんが可哀そうな状態。

外からリ・アジャステイングで何とか出来る対処はしましたが・・・そもそもの設定がなんじゃこりゃです。

サスペンションのチュ-ニングには知識と技術は大切ですがセンスはもっと大切だと思います。

ご安全に!

※画像はイメ-ジです記事中のショップとは無関係です。

2019.05.22

タイタニュウムブラック

以前、フロントフォ-クのモディファイを実施したWR250Xのお客様。

リアに関しては某有名サスペンション専門店でO/H済みという事でしたがフロントの変わりように驚かれたようで・・・

やはりリアも健脚を実施したいとの事で承りました。

当店はリアの非分解式のショックアブソ-バ-はO/Hもチユ-ニングも承っていないので社外品への換装に成りますが。

これまでの実績からナイトロンをお勧めいたしました・・・が・・・しかし・・・タ-コイズなスプリングがお気に召さないようで。

スプリングカラ-に関してはブラックも選択できますがオプションの料金が加算されます。

まぁその辺で迷われていたようでナイトロン・ジャパンさんに直接問い合わせたたらタイタニュウムブラックであれば価格は同じと説明されたとか。

オラ知らんかった(^^ゞ

てな訳でタイタニュウムブラックなナイトロンに決定。

リンク周りのメンテナンス&ナイトロンのセットアップ、少々OFFチックな出荷仕様をシャキっと仕上げて健脚完了。

え~感じに仕上がったと思います。ご安全に!

 

ブログランキングに参加しています!  ポチっと応援、宜しくお願いいたします(^^)/

2019.05.19

POWER RS to CBR600RR

こちらは常連のお客様、POWER RSのお替りでご来店。

今のところPOWER RSに変わる選択肢はないとの事ですが非常にナチュラルに磨耗していますね。

健脚診断を実施させていただきましたが健脚の再建はまだ必要はなしですね。

ところで適正なサスペンションのセッティングはタイヤのライフや磨耗にも大いに影響を与えます。

セッティングうんぬんの前にサスペンション自体が正常に機能していることが前提ではありますが・・・・

サスペンションの不具合によるタイヤの偏摩耗はかなり多い。

特にフロントに著しい波状摩耗が発生する場合はフロントサスペンションの不具合を疑ってみることも肝心です。

タイヤの内圧管理は大切ですが合わせてサスベンションの管理も忘れてはいけません。

そういう意味も含めて健脚診断は有効だと思います。

ご安全に!

 

ブログランキングに参加しています!  ポチっと応援、宜しくお願いいたします(^^)/

« Previous | Next »