2017.01.09

ゼファ-750健脚

ゼファ-750は私も20年ほど前に乗っていました^^ 丁度良いというか自身の身の丈に合っていると言うか・・・・

良く乗りましたね~、スタイルも好きだし・・・まぁ今は全く違ったバイクに乗っていますが今でも未練が有りますね。

ところで今回チェックインされたゼファ-750はかなり手が入ってますね。Z2テイストで中々カッコ良い(*‘∀‘)

前後のホイ-ルサイズもタイヤサイズもいい感じですね。

前後ショックアブソ-バ-のO/Hとセットアップですが、リアのOHLINSはピストンロッドがちょっとヤバイ状態。

研磨で何とか成りましたが、やはり普段のメンテナンスが大切ですね・・・・つかバラさないと中々メンテと言うわけにもいきませんが。

兎も角もシリンダ-のプロテクタ-も補修し外観もピッカピカに成りました^^

フロントフォ-クもインナチュ-ブを研磨、設定も変更し消耗部品も全て交換、まぁゼファ-750は私自身が健脚をやっていたのでコピ-に近い仕様です。

タイヤはPOWER3に交換、フロント120/70ZR17,リアに160/60ZR17を装着、見た目のバランスも良いですね~。

表記は同じサイズのS20EVOからの換装ですがタイヤの実寸もやや違うしキャラも異なるので姿勢も変更。

ほんの数ミリの違いですが、実際の操舵感はかなり変わります、勿論クイックな方向ではなくマイルドな方向。

まぁタイヤ交換の度にディメンジョンも見直すと言う訳には行きませんが、折角の健脚ですから出来る所は全て合わせ込みます。

更に標準から大きく変更されているホイ-ル&タイヤサイズ、スイングア-ムも高剛性なものに変更されているし・・・・・

見た目はカッコ良いカスタムも標準状態からのバランスも崩れているわけで・・・・・

普通なら運動性は低下するしここまで手を入れるのであれば全体の補正は必須だと思います。

クラッチ&ブレ-キレバ-のタッチや角度も全て。

オ-ナ-さんも乗り難い様なことを仰ってましたが、恐らく全て改善されていると思います(^^)/

ゼファ-750健脚完了です! ご安全に!!

ブログランキングに参加しています! ポチっと応援、宜しくお願いいたします(^^)/

 

2017.01.07

健脚三昧~

dsc05898

仕事始めの初日から健脚三昧ですね~!

偶然にも同機種でナイトロンとOHLINSとか・・・・ZEP750とZ1000とか・・・・

こいつぁ春から縁起がいいぜぃ~(*‘∀‘)

ブログランキングに参加しています! ポチっと応援、宜しくお願いいたします(^^)/

2017.01.06

健脚診断

dsc05890

ブラックなGSX1300Rでご来店のお客様、健脚診断のご予約を頂いておりまして今年の仕事始めに成る予定でしたが・・・・

緊急のパンク修理で次に回っていただきました。

ところで診断の結果はリア周りは健康そのものでしたがフロントフォ-クは少々病んで居られますねぇ・・・。

それはオ-ナ-さんも違和感を感じておられたようで今回診断に見えられたようです。

このフロントフォ-クの病が元で前後のセッティングは・・・・いやいやいや・・・・これは乗りにくいでしょ状態。

一刻も早い治療?をお勧めいたします。

因みにリアホイ-ルの整列も・・・おやおやでした。元メカニックと言うオ-ナ-さんにも確認頂き修正。

ドンピシャでホイルも軽々回ってま~~~す。

健脚診断とホイ-ルのセンタ-出しで5100円也。 ご安全に!

 

ブログランキングに参加しています! ポチっと応援、宜しくお願いいたします(^^)/

2016.12.25

GSX-R1000健脚完了

dsc05816

もっとも健脚率の高いGSX-Rシリ-ズ、今回は前後にハイパ-プロを装着した状態での健脚。

ストリ-トメインと言うお話なので手慣れたSTDのスプリングが有ればお持ち頂きたかったのですが不明という事で・・・

現状で健脚^^

フロントのBPF&ハイパ-プロのスプリングは初めてなので色々と仮設定をして確認してみるも・・・・BPFの手押しって・・・あれですね。

dsc05810

兎も角も仕様・設定を決めて取り付け長も変更。 中々ではないかと思いますがオ-ナ-さんの評価待ちですね。

dsc05813

リアもハイパ-プロのショックアブソ-バ-が投入されていますが、手押しの感じは渋い・・・・・ショックかリンクか??

リンクの状態もかなり解いていないようだし、先ずはリンク周り、スイングア-ム周りのメンテナンスを実施。

dsc05803

カジりも見られるしあまり良い状態とは言えませんでしたが、取りあえずリンク周りは修正も実施でもって復活^^

dsc05805

しかし、再度手押しで確認してみるも・・・・やっぱり少々渋いな~ってな感じ・・・・・ですね~。

dsc05808

なので兎に角、一旦すべてフリ-の状態にして一からセットアップ。

dsc05806

ど-も出荷時の設定がイテマイチと言うか私には?????ってな感じ。まぁこうでしょうという所で再セット。

かなり良くなったと思いますよ~♪ こちらもオ-ナ-さんの評価待ちですね・・・・・。

dsc05801

その他、お持ち込みのチタンボルトと合わせてロ-タ-のボルトやキャリパ-の取れりつけボルト、クランプボルトも交換しました^^キラキラですね♪

dsc05824

因みに、各部のボルトナットは相当強く絞めてあり、アクスルシャフトのナットなんてス-パ-如意棒フレックスレンチ&ベルハンマ-でやっと解けました・・・・(^^; 安全第一は分かりますが絞め壊しますよ・・・・。あくまでも適性が適正!

dsc05817

今回は64チタンボルトを各箇所に投入したので締結時のトルク管理は確実に行わないと悲しい結果に成ります・・・よ。

実際・・・あっちこっちのスレッドは伸びてましたよ~~~! ご安全に!!

 

ブログランキングに参加しています! ポチっと応援、宜しくお願いいたします(^^)/

2016.12.22

ZX10R健脚完了

dsc05776

最近、サ-キットライクなお客様が微増傾向にありますね・・・・・。

と言うかサ-キットを楽しむ諸兄が増えているという事なのかもしれません、時代は繰り返すと申しますから^^

ところで国産では最近・・・ヤマハ以外のス-パ-スポ-ツはみぃ~~んなBPFが装着されていますが、ススギもカワサキもホンダも設定は異なります。

dsc05773

まぁ基本は同じで・・・・ピストンがデカいという所が売りなのですが、個人的にはそれがネガだと思ったりしております。

使用環境を限定すればそれなりの対処は出来ますが、サ-キットも一般公道もという話に成ると少々難しい。

dsc05775

ZX10Rのお客様はサ-キット走行に重きを置いてという事なので・・・思い切ってバシっと!

dsc05781

BO上等のZERO POINTシャフトもお持ち込みで装填!沢山在庫しているショップさんが有るようです・・・・凄いなぁ。

更にタイヤはス-パ-コルサSCV2からPOWERスリックEVOに交換、サ-キット走るなら色んな意味でコチラに分がありますもんね。

dsc05778

レギュレ-ションで縛られていないのならパタ-ン付きのレ-シングタイヤを履く意味もないんじゃないかなぁ~と個人的には思っております。

MICHELINのファンライドスリックはとても使いやすいワイドなパフォ-マンスですから、特にウォ-マ-も必須ではないし。

dsc05777

見た目もかっこいいですしね♪ 安全第一でトラックを楽しんでくださいね~!!

 

ブログランキングに参加しています! ポチっと応援、宜しくお願いいたします(^^)/

2016.12.19

OHLINSフロントフォ-クトップキャップレンチ

dsc05721

Newモデルが登場する事は大歓迎でありますが・・・・でも、その度にSSTが必要になるのは困りますねぇ。

OHLINSのフロントフォ-クトップキャップレンチだけでも4種類、びみょ-に違うので・・・それぞれ必要です。

今回登場したOHLINSの正立フロントフォ-クもトップキャップのデザインが変更に成ってます、勿論、専用のSSTが必要になりますが。

当店ではまだ1セツトも販売していませんが、やっぱり専門店としては工具が無いというのは不味かろ~って事で準備しました。

んが高け-し、ひょっとしたら使うことが無いかもしれんしな~、そもそも成立フォ-クのお客様は少ないんですよね。

それにしても倒立より手間もかかるし、SSTも正立フォ-ク専用が数点必要だし・・・・

皆さん、メンテは如何しているのでしょうか??? 不思議じゃね。

 

ブログランキングに参加しています! ポチっと応援、宜しくお願いいたします(^^)/

2016.12.18

W BPF

dsc05761

ZX10RとGSX-R1000のお客様、何方も健脚でチェックインされましたが・・・・

それぞれ熊本と福岡の方々ですが・・・たまたま・・・W BPFのWチェックイン^^

使用目的も使用環境も全く違うので当然、ご要望も異なります。

それぞれの仕様に仕上げていくわけですが、面白いですね~~~!

 

ブログランキングに参加しています! ポチっと応援、宜しくお願いいたします(^^)/

2016.12.17

元祖YZF R1健脚!

dsc05745

以前、ここのブログでもご紹介した飛び切り美しいYZF R1、まるで新車の様ですもんね~!

その美しきR1、今回は前後健脚です^^

dsc05724

先ずはフロントフォ-クですが、じっくり観察すると細かい傷が有ります、それが原因か否かは分かりませんが僅かにオイル漏れをしています。

以前、フロントフォ-クのO/Hは実施したそうですが・・・まぁO/Hとメンテは定期検診が必要ですもんね。

少なくとも20000km、若しくは3~4年という所でしょうか。まぁ曖昧なのは使用環境・状況でかなり差はありますから。

dsc05726

フロントフォ-クのメ-カ-は創輝ではなくKYB製、昔の先生なので結構好きですねカヤバ(*‘∀‘)

それは兎も角、インナ-チュ-ブは何時もの根性手研磨でピカピカです、外注に出すと早いけど高いし・・・・。

dsc05727

まぁ指紋がなくなるだけだし・・・・暫くすれば指紋は蘇るし・・・・(^^;

後は仮組し、お客様のご希望を反映すべくあっちコソコソ、こっちガチャガチャ・・・・仮設定で手押し確認。

え-感じの所で本組、取り付け長も変更(これ私も乗ってたんですよね~、なのでその時の数値を再現)

dsc05728

フォ-クブラケットの取り付けボルトやピンチボルトも固着していたので修正し、河童を・・・いやカッパ-を塗布して適正に組立てフロント周りは完了です!

さてリア周りですが既にペパ-ミントグリ-ンのナイトロンが投入されています^^

dsc05739

オ-ナ-さんはかなり体重が軽いことも有り、恐らくご本人の希望でかなりソフトなセッティングが成されています。

また、この型式のR1に採用されているリンクはア-ムとリレ-が干渉していてカジルと言う病を持っていたりします。

dsc05734

この機体も例にもれず・・・・確りかじっていて・・・・ガサゴソですね。

リンクのベアリングはグリス切れ寸前、シャフトも錆が浮きスレッドにもカジりが見られます。

dsc05736

リレ-とア-ムは干渉部にクリアランスを確保し、シャフトは修正し推奨グリスを押し込んで・・・ホント塗布というより詰め込む感じなんですね。

dsc05738

スイングア-ムの作動性もチェックし適正トルクで再締結。外観は非常に美しいR1ですが流石に歳月は如何ともし難く、普段手の入れられ無い箇所はそれなりのダメ-ジが見られましたね。まぁ当然の事なので止むをえませんね。

取りあえず足回りに関しては今回でTheリフレッシュ!ですね!!

リアショックのセッティングは折角ナイトロンが投入されているので全ユルは勿体ないのでバランス良くリ・アジャスティング。

dsc05743

フロントとのマッチングも良いと思います。美しき獣たち・・・じゃない・・・美しきR1しなやかに~~~~♪

dsc05744

最後にドライブチェ-ンを交換して全作業完了です!無論ホイ-ルの整列もビシゃっとです^^

ご安全に!!

 

ブログランキングに参加しています! ポチっと応援、宜しくお願いいたします(^^)/

2016.12.10

違い

dsc05664

S1000RRの健脚も完了し、いざ試走・・・・と思いましたが・・・・待てよ・・・・。

自身のバイクの健脚なんてそうそうやる事もないので色々と違いを検証してみたいな~なんて。

先ず標準のザックスを出荷仕様で試走し、再セッティングした後にその違いを確認したようにOHLINSも所謂吊るしの状態で試走して状態を確認してみようと。

実際に走り出してみると全体にハ-ドな設定ではあるものの流石天下のOHLINS!良く動くしホ-ルド感も高い。

ある意味、そのまま吊るしで使用してもプラシ-ボも手伝って「いや~やっぱOHLINSはいいね!」なんて評価に成るかもしれませんね。

dsc05646

トラックのスポ-ツ走行程度だったらこのまま行けるかもしれません。

まぁ過去、R1でなんちゃってJSBにチャレンジしていた時は流石に選手権レベルで吊るしの仕様は通用しませんが。

因みに一般公道ではアンジュレ-ションやバンプにギャップ更にはグル-ビングもあるし速度域も低い。

そういう場面ではやはり標準仕様は明らかにベストと言えるものではありませんね。

ギャップやバンプの衝撃は減衰しきれないし姿勢も安定しない、挙動のベクトルは狭く高いといった印象。

荷重に対してストロ-クも十分ではなくホ-ルド感も低いですね。

フロントフォ-クはNIXタイプに成ってから、そしてリアショックはTTXタイプに成ってから出荷仕様はトラック寄りの感じがしますね。

なのでストリ-トにはストリ-トのセッティングと言うものが有るわけで、市街地は勿論、ワインディングでOHLINSの本来のポテンシャルを引き出し適合させる事が肝心。

見た目にこがねの脚が付いているだけではとても勿体ない話ですからねぇ。

前後共に一からセッティングを見直しリ・アジャスティング。

無論、基本は過去デ-タ-と経験値、そして手押しです・・・・・(*^^)v

正真正銘!流石OHLNS!!と言うにふさわしいしなやかで腰のある健脚に成りましたね~~♪

dsc05656

OHLINSの凄さの一つは許容幅の大きな減衰バランスの設定が可能な事。それはNIXタイプとTTXタイプの登場によって他メ-カ-対して更にアドバンテ-ジを持つ事に成りましたね。

何というか、この考え方をヒントに他社のフロントフォ-クをモディファイしている訳ですがリアショックについては真似のしようがないですもんね・・・・(^^;

ス-パ-スポ-ツ系のOHLINSは特にリ・アジャスティングが必要で、場合によっては仕様変更も視野に入れておく必要がありますね。

S1000RRは更に楽しいバイクに成りました^^

 

ブログランキングに参加しています! ポチっと応援、宜しくお願いいたします(^^)/

2016.12.06

S1000RR健脚

dsc05655

S1000RRの健脚!と言っても自分のバイクですけど・・・・。

来年、ボチボチ仕上げて行こうと思って居ましたが業界の不穏?な動きもあるので条件の変わらない年内に仕上げようと・・・。

因みに標準装着されているザックスも思ったよりは悪くないですね、同じザックスでも電制はイマイチ相性が悪いのですけど。

でもねぇ、思いの他トラック要件に振られた仕様はサ-キットではOEMとして見れば能力は高いと思いますが公道ではかなり我慢の特性です。

dsc05652

また極太45Φのインナ-チュ-ブは剛性が高すぎるのか挙動が唐突でこれまた個人的に相性が悪い。

因みに当店の健脚について何故試乗しなくて仕上げられるのかとよく聞かれますが、基本は経験値とデ-タ-と数値と手押し・・・・(^^;

恐らくサスペンション関係のご商売をされている方なら「そうそう」なんて思うと思います。

健脚はベ-スを構築することが基本、例えば試乗すると逆に雑念!?が入ってしまったりするので敢えて試乗しないほうが良いと私は思っております。

例えばレ-サ-なんて試乗する訳には行きませんからね~。

故障や不具合など特別な事情が有れば稀に試乗して確認することも有りますが・・・・。やはり特別の場合に限ります。

dsc05653

ところでS1000RR適応のOHLINSフロントフォ-クの組立指示書には取り付け寸法が有りません。

全長を比較して大体の寸法を決めますが、ストロ-クも違うし作動位置も全く違う。

旋回性に関してはとても有利な仕様では有りますが、吊るしはかなりトラック向けの仕様になっているみたい。

剛性に関してはアウタ-の形状に特長があり必要な方向への剛性は純正ザックスに劣ることは無いと思います。

さらに横力に対してはしなやかと言うフレキシブルなデザインですね^^

NIXタイプだしサ-キット走行の場合、簡単に仕様変更で出来るし、やはりOHLINSのクオリティ-は間違いなくトップレベルですね。

dsc05632

リアのTTX GPに関してはザックスと比較してとてもコンパクトですね、ストロ-クは60mmでスプリングの自由長は160mmでバネレ-トは8,5です。

dsc05638

いやいや私好みですね~、リンク周りをメンテナンスしTTX GP装填^^

dsc05654

出荷仕様のセットを思いっきりリ・アジャスティング、ここ肝心ですね、最近、巷のショップさんもOHLINSであっても吊るしはセッティングがダメダメなので・・・なんて仰っている様ですが・・・・何がダメなのか分かってらっしゃるのかな~みたいな。

dsc05637

私は別にダメダメとは思いませんよ、基準点ですから。

只、個々の好みや走行環境の違い何といっても何を求めてOHLINSに置き換えるのかって話だと思います。

安い買い物ではないのでお客様が満足できるセッティングを個々に行うというのが私の姿勢です。

なので出荷仕様が一番ピッタンコなんて方も居られるのですから、ツ-リングモデルはそんなケ-スも多いですね。

dsc05656

兎も角もMy S1000RRの健脚完了! あ~走るのが楽しみです~~~~(^^♪

 

ブログランキングに参加しています! ポチっと応援。宜しくお願いいたします(^^)/

Next »