2017.07.16

広島の常連さん

この度、陸に上がったオ-ナ-さん、これからはバイクに乗る機会も増えそうだって事で4年前?いや・・・

5年前??に行った健脚をフルリフレッシュ。

そんなに前だったか?と思いつつ作業にかかると・・・・うん、確かにそんなに前ですよねって状態でした(^^;

まぁ見た目はヤバそうでしたが特に大きなトラブルも無く通常のO/Hで完了。とってもキレイになりました。

ところで健脚を行った当時はポジションもSTDでしたが、今はアップされたバ-ハンに変更されています。

これねぇライポジは楽に成るのですが・・・フロントの安定感が希薄に成るのですよね。

落ち着きがなくなるというか・・・乗ってれば慣れてくるのですが。

オ-ナ-さんは今の状態で全く問題ないと仰ってましたが、私の判断でフロントフォ-ク仕様・設定を変更。

ディメンジョンも補正を入れて、最後にリアのセットアップ。ZZR1400健脚再建完了です!

因みに前後のアクスルシャフトをZERO POINTシャフトに交換。

違いが分かりますかね~なんて仰ってましたけど・・・多分、健脚の方が味が濃くてシャフトの違いは分からないのではないかと(;’∀’)

アクスルシャフトをクロモリ製に置き換えたところで効果は劇的に変化すると言う訳では無く・・・・

簡単に表現すれば・・・なんか芯が通ったとい言うかシャッキっとした感じに成ると思います。

抽象的な表現ですが・・・・まぁそんな感じ。

何はともあれ健脚との相性はとても良いとは思います!ご安全に!!

 

ブログランキングに参加しています! ポチっと応援、宜しくお願い致します(^^)/

 

2017.07.12

CB1100健脚

ナ-スなお仕事のオ-ナ-さん、物凄く忙しい様です。

愛車CB1100のフロントフォ-クからお漏らしを発見したものの中々手当に至らず・・・。

と言うか普通に修理するか・・・この際健脚をやるか悩まれて居られたようですね。

バイク仲間からの後押しもありこの度健脚。

ところでCB1100のフロントフォ-クをバラしてみると既に手の入った仕様に成っておりました。

しかも誤組み・・・(^^;

まぁ誤組と言っても作動そのものに支障はないものですが・・・でもまぁ正しく組むに越したことは有りません。

仕様に関しても狙いは分かりませんが全てリセットして当店の健脚仕様に変更。

インナ-チュ-ブにも打痕が確認できたので修正、お漏らしは多分これが原因だと思われます。

タイヤの内圧もかなり低い設定だったのでコチラも修正。

これにて一件落着!CB1100健脚完了、ご安全に!

 

ブログランキングに参加しています! ポチっと応援、宜しくお願い致します(^^)/

 

2017.07.08

ラテンのべっぴんさん・・・手強し

パニガ-レはプル-ビンググラウンドで何度かライドしましたが・・・中々手強いバイクで・・・。

私の中では苦手感がモッコリ。

妖艶なスタイルとパワ-はラテンの激しい踊り子さんを連想させるス-パ-バイクではあります。

今回チェックインされたお客様はトラック専用と言う事でサスペンションのセットアップを承りました。

でもねぇ何度も申し上げますがトラック向けの健脚は迷い多くしてつぼにはまらず・・・みたいな。

オ-ナ-様にもその旨申し上げましたが、現在迷路をくるくる迷走中らしく、基本的な設定をと言う事でお受けいたしました。

先ずはリンク周りの締結トルクのチェックとOHLINS TTXのアジャスティング。

フロントもNIXタイプのOHLINSですが何方もウルトラハ-ドな設定で・・・逆にこのセッティングでそこそこタイムが出ているのが凄いって話です。

兎も角、私の考えるスタ-ト地点を造りましたが、そもそものフロントのバネレ-トは高すぎるのではないか?

リアのレバ-比もシャ-プ過ぎる様な・・・超スパルタンな作りですよね。

ショックアブソ-バ-はストロ-クすることによってのみ減衰力を発生します。また過渡の段階でライダ-は情報を受け取れるわけですが・・・。

私のパニガレ-レの印象は兎に角ストロ-ク感が捉え難く、なので攻め込むことに躊躇してしまいます。

これは916に最初に乗った時の印象と似ていて・・・レ-スでは何とか勝てたものの最後まで馴染むことが出来ませんでした。

能力の高いバイクであることは確かなのでしょうが相性でしょうね・・・・(^^;

今回も現状で考えられる私なりの対処を実施しましたが・・・・パニガ-レは走らせ方にも工夫がいるのだと感じてます。

オ-ナ-様にはその辺りのお話しもさせて頂きましたが、後はオ-ナ-様にお任せいたします・・・(すいませんけど(^^ゞ

因みにストリ-トと言う事であればフロントはレ-トの変更(必須)と圧側の設定を大きく変更すると良いのではと思います。リアに関してもレ-トは変更・・・したいよなぁ。

ご安全に!!

 

ブログランキングに参加しています! ポチっと応援、宜しくお願い致します(^^)/

2017.07.04

Dトラッカ-健脚完了

ワインディンクを快適に、更にたま-に走るサ-キットも楽しく!みたいな感じで健脚をと。

モタ-ドの健脚って中々なんですよね・・・。以前本格的に選手権に出場しているお客様のWR450とKTM525の健脚を承った事が有りますが。

フロントフォ-クも周辺パ-ツも専門のショップさんの出しているKITにごっそり交換。

ストロ-クを思いっきり詰めた仕様で・・・見た目はモタ-ドですがもろロ-ドレ-サ-みたなディメンジョンに変更ですからね。やっぱ詰めて行くとそ-なるんですねぇ。

でもねぇロングストロ-クの前後ショックは低中速域では路面への追従性も高くフレキシブル。

直安は物凄く悪いですが(^^; キビキビと小回りの利くハンドリングは魅力の一つだと思います。

ミニサ-キット等で極めてタイトなラインをトレ-ス出来るのもモタ-ドならでは。

今回はフロントフォ-クはO/H&モディファイ、リアはOHLINS投入です。

そもそもOHLINSはモタ-ドの特徴を十分生かした仕様なのでフロントもそれに合わせて健脚です。

先ずはリア周りですが見た目に手強そ-とは思ってましたが・・・・想像以上に手強い・・・・(^^;

リンクリレ-は固着しフレ-ムから外せない、リンクシャフトとカラ-が電蝕固着し抜けない・・・。

スイングア-ムは下がってこない。 最強の状態です。しかしベルハンマ-って凄いっすね~!!!

最強の状態を撃破! 我、全解に成功セリ!! 時間は掛かりましたけど。

兎に角リンク周り、ア-ム周りは洗って磨いて磨き倒して完全復活。もうスコンスコン状態ですね~~♪

取りあえずOHLINSを装填し組み上げてフロントに掛かります。

プリロ-ドの調整機能すらないフロントフォ-クをどけんかせんば成りませんが・・・・参考に成るデ-タ-はWR250位ですが全く別物ですからねぇ。

その前にインナ-チュ-ブの浮き錆もどげんかせんといけません。

久々にパイロットフル-ドを入れ替えつつレベルや仕様を妄想。迷走・・・行き過ぎてもモタ-ドの良さが損なわれるし・・・リアとのバランスを考えつつ・・・・んん・・・難しい(;’∀’)

良いところって組み上げ後の手押しの前にエア-抜き作業で「おっ!この辺か」ってのがあるんですよ。

そこで大体の当たりをつけてフロントフォ-クの仕様決定、車体に取り付けてリアとのバランスを取りながらセットアップ。

まぁ良かろう!って感じに仕上がりました!! ご安全に!!!

 

ブログランキングに参加しています! ポチっと応援、宜しくお願い致します(^^)/

 

2017.07.02

883スポ-ツスタ-健脚完了

883スポ-ツスタ-・・・やっとこせ健脚完了・・・・。

実際の健脚作業よりもパ-ツの手配に四苦八苦という何ともな話ですが。

オ-ナ-様は2004年型のXL883スポ-ツスタ-ときっぱり仰ってたし私も現車を見てもそれがどのスポ-ツスタ-なのかなんてサッパリ分かりません(;’∀’)

兎に角もよく分からないのでオ-ナ-様からの情報を基に各パ-ツメ-カ-さんに直接問い合わせながら適応品を手配。

パ-ツも揃って車両をお預かりし・・・一応寸法チェックをしたら・・・???????

先ずOHLINSリアショックの全長が全く違ってます。現車の方が70mm程長い・・・・なんてこったい。

ショックの寸法から年式・型式を調べるとどうやら2003年モデルのしかもロングバ-ジョン仕様のモデルみたい。

ゲゲゲ~~ってなもんですよ。と言う事は・・・フロントフォ-クのスプリングも違ってる???

調べてみたらやっぱ違ってるし。つか2003年のこのモデルに関しては設定が無い。あらま~~~~(-_-;)

フロントフォ-クスプリングはバリアブルピッチのコンフォ-ト重視のモノなので、径は同じで全長が違うと言う所。なのであんな事やこんな事をしてジャストフィット・・・させました。

でもって一緒にご注文頂いていたZERO POINTシャフトもひょっとしたら違ってるかも~~なんて心配してましたがコチラは問題なく装着完了。

因みにZERO POINTシャフトはスポ-ツスタ-系に装着すると効果絶大だそ-です。乗ったことが無いので分かりませんけど・・・。

他のパ-ツは全て再手配なので、健脚作業は一時中断。

しかし、ちょっと気に成る事が・・・ロングバ-ジョン適応のリアショックは他の同型機種に取り付け不可となっています。

オ-ナ-さまは2004型と仰ってるし、もしかすると2003年型を2004年に新規登録したのかも・・・・??

もしかしたら2004年モデルに2003年モデルのロングサスを組んだカスタムかもしれないし・・・。

フィッティング出来なかったらどうしようと思いつつ眠れない夜を過ごしてましたけど、現品到着後・・・仮組したら・・・なるほどボルトオンは不可ですね・・・(涙)

でもって問題個所を加工してフィッティング、無事装着完了です・・・一安心・・・・(^^;

何をやったのかは書きません、教えません・・・苦労してください・・・。

コンフォ-ト重視でと承った883スポ-ツスタ-健脚完了です! ご安全に!!

 

ブログランキングに参加しています! ポチっと応援、宜しくお願い致します(^^)/

 

2017.06.30

蒼ブサ健脚完了

かなり手の入ったGSX1300R、今回はフロントフォ-クのモディファイ&リアOHLINSのオ-バ-ホ-ルとセットアップその他諸々?でチェックイン。

以前、診断させていただいた車両ですが改めて確認するとフロントは兎も角、リアのOHLINSはガチガチ。

設定を確認しようと減衰調整ノブを・・・って全く動きません(;’∀’) どうやら・・・壊れてます。

早速、ショックアブソ-バ-本体を取り外し(ハヤブサはコレが大変なんです・・・)チェック。

やっぱり・・・壊れてます。

こりゃあ見積額を上回るかも・・・と思いつつ・・・組み直したら復活しました~~~良かった~~~!

リンク周りも厳しい状態でしたけど根性で復活。根性で復活できるのかって話ですが不具合の原因の多くは錆なんですよね~。なので磨き倒します。

でもって作動確認をして再装填。

フロントフォ-クはトップブリッジとハンドルを変えておられるのでプリロ-ドの設定には制約が出ますねぇ。

フォ-ク突き出しとプリロ-ドの設定は・・・・何方を取るかって話に成りますが・・・・。

同型機種の過去デ-タ-を基にプリロ-ドを優先し突き出し量を変更。

減衰の設定も車体装着前に当たりをつけて設定、と言うのも車体装着後はハンドルバ-が邪魔に成ってアジャスタ-は調整できなくなります。

フォ-ク単体の手押しと仮組で何度か調整し最終設定を決めますがハヤブサに関してはデ-タ-も豊富なのでそんなに手間もかからず完了。

フロントフォ-クの装着後リアのセットアップ、まぁいい感じになったのではないかと思います^^

ところでその他諸々はフォ-クのピンチボルトをISAの64チタンボルトに交換&ZERO POINTシャフト投入。

最近、PEOさんも新型工作機を導入した効果でBOは殆どなく即納に成ってきましたね~!エエこっちゃ!!

因みにお客様は車検後すぐにチェックインされたのですが・・・チェ-ンの張りはダランダラン・・・・。

センタ-も出てないし。車検ってこれで良いのでしょうか??

更に御多分に漏れずタイヤの空気圧はフロント300kpa/リア320kpa・・・・ここは確り多めにサ-ビスみたいな(;’∀’)

こちらも全て再調整、蒼ブサ健脚完了です! ご安全に!!

 

ブログランキングに参加しています! ポチっと応援、宜しくお願い致します(^^)/

2017.06.27

K1300R健脚ドック&POWER RS

超常連のお客様ですが、難敵デュオレバ-の健脚ドッグを承りました。

前後OHLINSに交換すればそんなに難敵と言う程ではありませんが・・・STDは手強ぇ~です。

出来る範囲でと言うお話でしたが・・・・出来る範囲でしか出来ません(;’∀’)

リアのリンク周りは全分解でメンテナンス、まぁ解いて良かったと言う状態でした。リアショックアブソ-バ-も元気だったので出来る範囲でセットアップ。

フロントは流石に健脚ドックの範囲でデュオの分解は出来ないのでプリロ-ドの調整だけ・・・ですが・・・。

なんちゅ-かドイツの頑固者が組み立てたからか如何か(^^; 分かりませんが・・・・

もうガッチガチで特殊工具がお一つ逝ってしまいました・・・この辺で勘弁してやります。つかして下さい。

前後タイヤはメッツラ-からご指名でPOWER RSに交換。

健脚ドックとの相乗効果で良い結果が反映されると思います! ご安全に!!

 

ブログランキングに参加しています! ポチっと応援、宜しくお願い致します(^^)/

 

2017.06.24

どかぁ~んとOHLINS

長らくBOだったモノも含めてどかぁ~んと入荷・・・・月末ですもんね・・・・(^^;

まぁ国内でもアチラでもほとんど出ない機種なので国内在庫は基本的にしてないとの事。

本国でも受注生産状態らしい。なので欲しい方は今がチャンスと・・・・メ-カ-さんが仰ってました。

生産する時は1セットと言う訳では無い様で幾つか作るそうです、でも国内在庫は有りません・・・みたいな。

因みにフロントフォ-クは入荷後チェックするのは当然ですが半解してエア-抜きは必須の作業です。

乗ってりゃエア-なんて抜けますよ・・・なんて話も聞きますが抜けませんね・・・。

そもそもNewのモノを販売して乗ってりゃあそのうち抜けますよ・・・なんて話は如何なものでしょう。

エア-噛んだままだとセットアップも出来ないし。

兎も角、シュボシュボやって空気さんには全て出て行ってもらいます、無論レベルも再チェックし必要ならば取り直し。

でもって装着準備完了です(^^)/

 

2017.06.23

健脚って何?

健脚についてお問合せをボチボチ頂いておりますが、そもそも健脚って何?とか健脚をやると何が如何に変わるの??

って質問が多く寄せられます。ネット上でも当店の健脚について解説して下さっている情報もありますが・・・

面白い事にその記事を書かれている方は当店で健脚を実施したお客様では無かったりします(;’∀’)

創立当初からタイヤ・足回りの専門店として営業しておりますがタイヤは兎も角サスペンションに関しては一般の方にはどうやらピンと来ない様でサスペンションのチュ-ニングやセッテイングと言うものはレ-スの世界の話と捉えられている様で・・・

なので親しみを込める意味も含めてTV番組の剣客商売をパクって(;’∀’) 健脚と命名・・・みたいな。

健脚は文字通り健全な脚を構築するという意味です。なのでツ-リングユ-スにはコンフォ-ト性をプライオリティ-の上位に置きスポ-ツユ-スにはハンドリングの向上やロ-ドホ-ルディングの向上を目指しております。

何方もライディングプレジヤ-を中心としたスタビリティ-の向上が主たる要件でしょうか。

フロントフォ-クに関しては基本的に分解式なので基本の構造、能力に沿ったモディファイを施しポテンシャルを引き出す、そして更に高める。最近ではセルフケア-の要素も盛り込んでおります。

それ以上を求められる場合はカ-トリッヂやフロントフォ-クそのものをOHLINS等に交換することに成ります。

こちらも無論。吊るしから更にセットアップしますがモディファイも出来ます。

つまり出来高はそのフォ-クの基本能力によって変わることに成ります。

STDのリアショックアブソ-バ-に関しては非分解式が殆どなので原則としてO/H等は承っておりません。

そもそも非分解式のショックアブソ-バ-のO/C以外の消耗部品はどの様に手配しているのか?私には分かりません。

窒素ガスのバルブを追加したりカシメを戻してまたカシメるのも怖いし・・・新品買った方が安くないですかって話。

まぁどっちにしても私には出来ませんので状態の良いSTDショックアブソ-バ-は確りメンテナンスを行いセットアップする事がリアの健脚です。

無論、サスペンションシステムはア-ムやリンクも含めてのコンプリ-トですから各々適正に機能するためのメンテナンスつまり回復させることを含みます。

なのでSTDが何だかのショックアブソ-バ-は限界も低い。故にリプレスのショックに交換することが吉と言う事もあります。

因みにOHLINS等の能力はSTDと比較し言わずもがなであります。STDで越える事の出来ない高い山を簡単に超えちゃいますから。

例えばOHLINSを装着して大して差がないとかSTDの方が良かったなんて話も耳にしますが、それは施術者の能力の問題だと思います、ウチではその様な評価は皆無です。

OHLINSのショックアブソ-バ-に関しては全て当店で完結できます。

因みにOFF系は得意では有りません、デ-タ-も無いしイメ-ジも浮かびません・・・・(;’∀’)

なのでお客様から具体的に改善したい所を指示いただき、ご指示に沿って仕上げるという事しか出来ません。

でも・・・本格的なOFFは得意とするサス屋さんに依頼すべきですね。

モタ-ドでツ-リング&スポ-ツと言うのであればモ-マンタイですけど。

ところで健脚を行ったお客様の評価は抽象的なものが殆どですが例えば乗りやすくなったとか長距離で疲れなくなったとかコ-ナ-リングやUタ-ンが楽しくなったとか・・・つまりバイクライフがとても楽しくなったと言うことですね。苦手意識や恐怖感を取り除くことも健脚。

CBR600Fの奥様が仰っていた「私って上手くなったみたい」なんて評価が健脚を言い当てた誉め言葉かもしれませんね。

しかしそれが正にウチの健脚です。SOFTではなくしなやかに、ハ-ドではなく腰の効いた脚。ライダ-のイメ-ジに出来るだけシンクロするこれが健脚と言う事です(^^)/

な-んだ宣伝記事かよ~~~ってそうでございます。健脚商売ですから(^^ゞ

ご安全に!

今日は晴れです♪

今日は晴れですね。明日は微妙ですが・・・・。

ところで現在、当店では珍しい?お客様がご宿泊中です^^

健脚を承っておりますが年式と車名の表記がパ-ツメ-カ-さんで異なってて何が何だか(;’∀’)

同じXL883スポ-ツスタ-でもRとかHとかLとか・・・良くわかりませんねぇ。

ところで883のエンジンを掛けようとしたら全く掛からず・・・とにかく店の中にと力の限り助走をつけて何とか格納。

かぶったかなぁ・・・なんて思いつつ・・・・その夜布団の中でふと・・・燃料コック???

今日朝確認したらOFFになっとりました(^^; キャプ車の記憶が無くなりつつあります・・・・・。

Next »