2020.04.06

忍者千 健脚

忍千はいいぞぉ~おじさん組合の組合長さんのNinja1000なので敢えて忍者千と呼ばせて頂きます。

前後健脚のご依頼を承りフロントはオリジナルのモデファイ、リアはOHLINSの投入ですが・・・・

リンク回りはア-ムもリレ-もピッカピカにバフ掛けされていて更にボルトやナットの頭もピカピカ!

手入れが良すぎて工具を当てるのを躊躇してしまいますねぇ(^^;

何というかクリ-ンナップするところが無いのでリア周りはメンテナンスと再ファスニング。

リモ-トアジャスタ-の取り付けボルトも何となく付属のモノでは不似合い・・・なのでISAボルゼンを使用しました。

勿論勝手に使ったので無償でございます。

フロントフォ-クのモデファイを実施してディメンジョンを変更したのちに前後のバランスを取りつつセットアップ。

まぁ作業時間は大幅に短縮できましたが神経はすり減りますね・・・・(^^ゞ

にしても普通は手の届かない奥まったところまで磨き込まれていて・・・物凄く大切にされていることは疑う余地もありません。

兎も角も登場の仕方も別格・・・・お引き取りも別格、なんだかもう国際救助隊サンダ-バ-ドのテ-マが脳内に・・・・。

組合長さんの忍者千健脚仕様完了です!ご安全に!!

 

ブログランキングに参加しています! ポチっと応援、宜しくお願いいたします(^^)/

2020.04.03

GSX-S健脚

最近、健脚のSUZUKI率がかなり高いような気がしますねぇ。中でもGSX-S比率が上昇中~みたいな^^

しかもタ-コイズなナイトロンが人気急上昇ですね。リザ-バ-タンクがキ-ポイントかもしれませんが。

ところでこのリザ-バ-タンクはリアフェンダ-周りがSTDであることが前提で設計されているのでフェンダ-レスKITを取り付けられている場合装着位置や向きが指示通りには取り付けられません。

今回もフェンダ-レスKITが装着されていましたがリザ-バ-タンクの向きはOKしかし高さが違うのでそのままでは接触します。

なのでカラ-を追加し位置もずらしてバッチリ装着。

この作業はホ-スの長さも関係するのでショックアブソ-バ-の取り付け向きも変わります・・・なので・・・・手間が掛かります(^^;

それは兎も角、リンク回りも何時もの様にメンテナンス&グリスアップ+シャフト向き変更。

フロントフォ-クのモディファイは基本的に同じなのですがリアにナイトロンを投入した場合のセットアップはOHLINSの場合と少々異なります。

それはナイトロンのバネレ-トの方が少し低いからですが・・・まぁストリ-トでの大差はないと言ってよいでしょう。

オ-ナ-さんの好みにもよりますが・・・性能ウンヌンより色が重要・・・・みたいな(^^ゞ

まぁ冗談はさておきGSX-S1000健脚完了です! ご安全に!!

 

ブログランキングに参加しています! ポチっと応援、宜しくお願いいたします(^^)/

2020.04.01

GSX-R1000健脚

今年の2月にCUP2と合わせて前後の健脚をご依頼いただいていたお客様。

BPFフロントフォ-クはOHLINSのスプリングもご注文頂いておりましたが・・・これが国内欠品中(>_<)

世間はこの状況なので入荷は何時に成るのかなんて心配しておりましたが欧州の規制が入る前に出荷されていたようで無事到着。

因みにBPF用のOHLINSのスプリングは何時も欠品しています、国内では在庫していないようですねぇ。

健脚の際、ストリ-ト前提の場合についてはスプリングの交換はお勧めしておらずSTDを使用するのが当店の基本ですがBPFに関しては交換することをお勧めしております。

逆に言えば置き換えなければどうにもならない・・・・みたいな(^^;

まぁ最近はあの手この手で何とかモディファイも功を奏しておりますがやはりスプリングは交換したほうがより良いというしかありません。

兎も角もスプリングが到着と同時に車両をお預かりし先ずはフロントフォ-クの設定を大きく変更、スプリングも交換し姿勢も変更。

これであればご満足いただけるであろう仕様に。

でもってリアですがSTDベ-スという事なので手強い、というか大きな変化が望めないのですよねぇ。

スズキもテストを繰り返して設定をしたのは間違いありませんが如何な環境と条件を想定しているのか・・・・。

少なくとも日本国内で一般の方が使用する前提であればリアのスプリングレ-トだけでももっと低いものにして欲しいって話です。

調整の範囲ではどうしようもありませんねぇ、。サ-キットであればとは思いますが街乗りはつらかろ・・・・。

まぁ何時もの様にリンク周りのメンテナンスを実施しボルトの差し込み方向を変更し完了。

まぁGSX-Rの場合は変更しなくてもそんなに面倒なことはありませんが習慣に成っているので変更・・・みたいな(^^ゞ

そして前後のタイヤをロッコルⅡからCUP2に交換してご依頼の作業はすべて完了。にしてCUP2はカッコエエですね~!

ご安全に!!

 

ブログランキングに参加しています! ポチっと応援、宜しくお願いいたします(^^)/

2020.03.30

到着 ~♪

いやいやスゥエ-デン便も含めて何とかOHLINSは到着、ナイトロンは国内の組み立てですから普通に・・・つか速攻で到着(^^;

あとはドイツ便が2点・・・・これがどうなるのか心配ですよね~、でも待つしかありません・・・・。

お待ちかねのお客様には順次ご連絡を差し上げますので宜しくお願いいたします。

2020.03.29

CB750F健脚

40年の時を超えて健脚ですね~、CB750Fは初めてに成りますが過去に同系のCB900Fは何台か手掛けております。

当時のフロントフォ-クは不思議な機能が搭載されているものも多く今回もTRACなるものが搭載されています。

ブレ-キング時のノ-ズダイブを緩和させるアンチノ-ズダイブ機能。

まぁ必要ない過去の産物だと思います、この機能は潰してしまう手法が一般的ですがキャリパ-のサポ-トが連動しているので単に潰すと不具合も出ます。

なのでTRAC無しの後期型のフォ-クに交換するのが一番ですが・・・まぁそこは一工夫でTARCを残したままモディファイ。

インナ-チュ-ブは歪もなく見た目は綺麗なものですが長い長い時間を経過しているので表面はそれなりのダメ-ジを受けています。

まぁこの程度であれば妖怪研ぎ澄ましに変身すれば難なく・・・・(^^;

消耗パ-ツを交換して設定変更、良い感じに仕上がりました^^

リアのOHLINSは見た目は何の問題もないのですがコチラも年代物ですからO/Hを実施。

ところでこのCB750Fはワンオ-ナ-さんでしばらくは乗らずに保管していたようです、数年かけてエンジン関係もO/Hし車検も受けたとか。

最後に足回りに手を入れて先々このバイクを引き継ぐ人に気持ちよく乗ってもらうためにも何ておっしゃってました・・・・ねぇ。

このCB750Fは本当に素敵なオ-ナ-さんと出合えたようです。ご安全に!

 

ブログランキングに参加しています! ポチっと応援、宜しくお願いいたします(^^)/

2020.03.19

GSX1400 健脚

スズキGSX1400はNKモデルの中で最大排気量を誇りますが開発当初はGSX1300Rの水冷エンジンを搭載するといった案も有ったようです。

しかし結局はデザイン的にも冷却フィンの美しさという点から油冷エンジンに決定した・・・なんて話を聞きますよね^^

正解!だったと思いますが実際には販売台数も伸びず今では希少車と言っても良いようですねぇ。

そんなGSX1400ですが年末に実施した健脚に続いて2台目の健脚です。

今回はリアにOHLINSを投入、フロントはオリジナルのモディファイに成りますがスズキのサ-ビスデ-タではフロントフォ-クのオイルレベルがとても高い、これって間違いないですかって感じ。

スプリングを装填して計測してるのかなぁ?なんて思いつつその数値は無視してウチのデ-タ-ベ-スで設定していきます・・・

カ-トリッジとトップキャップの指定クリアランスも・・・・そうですかね~って感じ。

もうスズキのサ-ビスデ-タ-は完全に無視して作業を進めます。

また見た目は極上の車体ですがインナ-チュ-ブには浮錆も多少あったので根性手研磨で修正、ここは止めのお手入れが肝心です。

でもって・・・ほらね、こうですよね~って感じで完了。

今回リアショックはご指名でOHLINSを装着しますがナイトロンと比較して標準のバネレ-トは少し高いようですね。

カラ-リングに関してはパ-ルスティルホワイト&スズキディ-ブル-の車体にはタ-コイズなナイトロンの方が馴染む感じもしますがやはりOHLINSの黄金の存在感も迫力満点ですね!

好みの問題ですが性能的には優劣付け難し・・・・ん?甲乙つけ難し??辞典では同じ意味に成っていますが・・・・・

優劣は性能的な優勢劣勢を表し甲乙は好みや嗜好も含む感じがしませんか・・・・?まぁ個人的な感想ですけど(;’∀’)

そんな話は兎も角もGSX1400健脚完了です! ご安全に!!

 

ブログランキングに参加しています! ポチっと応援、宜しくお願いいたします(^^)/

2020.03.16

XSR900 健脚

熊本からご来店のお客様、初めてのご来店です^^

常々足回りのドタバタ感に何とかならないものかと思っていたところバイク仲間に当店の事をお聞きになったようです。

ご自分でリタ-ンだものでと仰っていましたがヤマハのMT系に関しては何方が乗っても同じ感覚だと思います。

フロントフォ-クはオリジナルモディファイ、リアはOHLINS投入と定番の健脚です。

因みにMT系のリンクボルトやキャリパ-の取り付けボルトって相変わらず油脂枯渇・・・・枯れた油田じゃあるまいし(^^;

油脂さえ塗布しておけば電蝕や固着は殆ど防げると思いますが可動に問題ないという理由なのですかねぇ?

まぁそれは兎も角、錆除去も含めてメンテナンス、グリスアップにカッパ-コンパウンドも確り塗布して再締結。

ところで先日、健脚作業中にご来店された方から「何してるの?」なんて聞かれてフロントフォ-クのチュ-ニングですって言ったら・・・

「サ-キットでも走るの?」みたいな。いえいえストリ-トですよ、サ-キットを走る為にだけにやるのがチュ-ニングじゃありませんよ~。

って話をしたら「必要あるの?」ってなんかちょっと・・・あれな方ですが(^^;

ご自身のBMWにも前後OHLINSが取り付けられている様だし・・・・同じことでは無いですかってお答えすると。

「そうかな」って(;’∀’) まぁ人それぞれという事で宜しいのではないでしょうか・・・・。

ウチの健脚の流儀はサ-キットでタイムを切り取る為とかワインディングで切れ味鋭いコ-ナ-リングを楽しむためというのは横に置いております、勿論そのような脚を構築することは有りますが・・・・

基本的にコンフォ-ト性とスタビリティ-、セ-フティ-を原則とした仕様でライディングプレジャ-が第一義です。

コ-ナ-を早く走れる仕様では無く楽しく不安なく走れる仕様、もう少し走りたいと思わせてくる足回りが健脚の基本。

別に激しい足回りを作っている訳ではありません。ストリ-トですもんねぇバイクは楽しくなきゃですよ。

また一台そんな楽しいXSR900が仕上がりました! ご安全に!!

 

ブログランキングに参加しています! ポチっと応援、宜しくお願いいたします(^^)/

2020.03.10

モンスタ-1200 健脚

関東から福岡に赴任されてきたお客様、関東勤務の頃から当店のブログをご覧に成られていたようです。

これを機会に健脚をとご依頼いただきました。

フロントフォ-クは最近流行りの片側カ-トリッジ仕様ですねぇ、STDの仕様はかなり甘い・・・・ですね・・・・。

オイルシ-ル&ダストシ-ルはSKFを使用、このタイプのフロントフォ-クは初めてなのでじっくりと観察。

過去の似た仕様のフォ-クのデ-タ-を元にして仮組しますが中々しっくりきませんね(^^ゞ

この辺りと思うところで車体に装着。

そもそも減衰機能は片側だけですがスプリングは両方に組まれている訳で手押しの感覚×2倍の反発を想定しなくてはなりません。

少々効かせ過ぎかなと思う程度でも実際に車体に装着すると・・・・足りませんねぇってことに成ったりします。

そこも踏まえて仕様決定、MT09の様にもう片方にもカ-トリッジを組むという手法は出来ないので・・・この状態で仕上げるしかありません。

私的には満足できるところには仕上がりました。

別途ご依頼いただいていたフロントホイ-ルのベアリングの打ち替えとタイヤもROAD5に交換し前脚の健脚完了。

リア側もご注文いただいておりますが納期の関係で後日という事に^^

ご安全に!

 

ブログランキングに参加しています! ポチっと応援、宜しくお願いいたします(^^)/

2020.03.03

VTR1000 健脚 & POWER5

VTR1000のお客様、健脚とPOWER5のご注文を承りました^^

発売当時はONE & TWOフェスティバルのMTクラスやETクラスに大挙エントリ-していたVTR1000!

今はすっかり見かけなくなりましたね。

因みにお客様はその当時からの常連様、今も昔も変わらずレッドツイン仲間ですね。

暫く名古屋方面に赴任されていてその時、全国区の有名なサスペンション専門店で手を入れてもらったようです。

でもって地元に戻られて今回はウチの健脚をとご依頼いただきました、某店の手が入ったサスペンションは何度となく再健脚致しましたが・・・・

某店がどうだということでは無くウチとは流儀が違うという事。オ-ナ-さんにもその点を確りご承諾いただいた上での健脚です。

先ずはフロントフォ-クは大きな仕様変更はなかったようですが・・・何故か液体ガスケットのスラッジがたんまり出てきました・・・?

如何いう事かは分かりませんが確り洗浄しウチの流儀で設定及び仕様変更。

リアに関してはショックアブソ-バ-を脱着した際リンクは分解しなかったようですねぇ・・・・ボルト・ナットは強烈に固着(^^;

まぁ今はベルハンマ-という助っ人が居るので時間を掛ければ難なく解けることは解けますが・・・錆までは落としてくれないので研磨はしなくてはなりませんけど。

リアショックそのものは健全に機能しているのでチェック&メンテナンスを施してセットアップ。

健脚は完了です。

でもって当店装着第一号となるPOWER5を装着^^ VTR1000健脚&POWER 5装着完了です!

ご安全に!

 

ブログランキングに参加しています! ポチっと応援、宜しくお願いいたします(^^)/

2020.02.27

GSX-R1000 健脚

以前、健脚ドッグを実施したお客様ですが今回は健脚をご依頼いただきました。

OHLINSの三種の神器、フロントフォ-ク、リアショックそしてステアリングダンパ-の新規導入とO/H。

ステアリングダンパ-とリアのTTXは装着済みなのでこちらはメンテナンスとO/H、フロントフォ-クは新規に導入。

フロントフォ-クは純正装着されているBPFと全長が違うので装着する際は足し算引き算が必要ですね。

因みに新品のOHLINSは初期メンテナンスは必須です、理由は何度も記事にしましたのでそちらをご覧ください。

今回はそれに加えて仕様・設定も変更し車体に装着。まぁ出荷仕様よりこちとらの方が私は好みです。

SS適応品とはいえ少々仕様がと思うのはやはり欧州基準なのかもしれませんねぇ、セッティングでは取り切れないと思うので今回はオ-ナ-さんのご希望もあり初期メンテナンスとともに実施。

ところでステム周りのメンテイナンスもご依頼いただきましたが、んん~コストダウンは至上命題とはいえ・・・・・

このカラッカラ状態は如何なものかと・・・・決してクリ-ンナップ後の画像ではありませんよ・・・・(;’∀’)

確かに一台分のグリスは少量とはいえ何千台ともなるとその量は膨大に成るのは分かりますが、一旦ユ-ザ-さんの手に渡ればステムなんて何時解くのか分かりませんからねぇ。ここはケチらずにって思います。

今回はたっぷり塗布、フリ-の状態で動作確認しても明らかに違いが分かります。この個所は塗布し過ぎという事はありませんからたっぷりが吉ですね^^

仕上げは前後のバランスを取りつつセットアップ、サ-キットを良く走るという事なのでその辺りも想定しややハ-ドに。

やっぱいいですね~OHLINS!性能は当然ですが外観商品性も抜群ですね(*‘∀‘) ご安全に!!

 

ブログランキングに参加しています! ポチっと応援、宜しくお願いいたします(^^)/

Next »