2019.06.01

59W-11171-00

在庫の部品の中から超懐かしいパ-ツが出てきました59W-11171-00。

この部品が何かわかる方は超マニアックな方であることは間違いありません。

この部品を見ていたら懐かしい思い出が蘇ってきました、無我夢中に全日本選手権を走っていた頃・・・・

私は今は無き当時の国際B級ライセンスでしたが、西日本サ-キツトの草レ-スで走っていた頃の知人I君は国際Aクラスでランキングのトップ争いに加わっていました。

関東の有力プライベ-トチ-ムに所属していて筑波の〇〇-なんて呼ばれていました(^^;

でもってある日、プライベ-トチ-ムを運営する社長からWGPから凱旋する福田照男選手に勝てるかなんて話に成り・・・・

本人は条件が同じなら勝てるとキッパリ。

ならばと社長はシリンダ-ヘッドにOWの刻印が打たれたエンジンを準備。鈴鹿での対決に相成った訳であります・・・・。

結果は福田選手の完全勝利でI君はコテンパンに (;’∀’)

その後、福田のバイクは速すぎるなんてかなり言い訳をしつつレ-ス人生は転落の一途でレ-スの世界から姿を消しました。

不思議な縁とでも申しましょうか当時I君の乗っていた車両も福田選手の乗っていた車両も私の友人が購入。

ライダ-を変えての対決となった訳ですが元I君のマシンがシ-ズンを通して圧勝・・・・まぁお手手という話。

懐かしくも熱かった時代の思い出てすね~。

因みに画像は当時NANKAIさんからかなり手厚いサポ-トを頂いて全日本を走っていたわっかぁ~い頃の私です。

その後、勤めていた会社がモ-タ-サイクル業界に進出・・・私の人生を大きく左右したのでありました・・・・。

 

ブログランキングに参加しています!  ポチっと応援、宜しくお願いいたします(^^)/

2018.10.19

ニッサン!

ヤフ-の予報は今日は晴れ!・・・ですが雨降ってますね―。

TVの天気も雨です。 まぁ今日も吊るす予定なので都合は良いかも。

ところでニッサンのフォ-ミュラ-E、近未来的でカッコイイですね~!

因みにフォ-ミュラ-Eに採用されているタイヤはMICHELIN製でこのコンパウンドテクノロジ-はROAD5やPOWER RSにも投入されていると思われ、MOTO Eで開発される技術も将来に向けてのチャレンジだと思います。

まぁバイクそのものがエレクトリックなエンジンに成って生き残れるかどうかは別として興味深いですね~。

2018.03.30

勝っちゃった。

そう言えば・・・・3月25日にHSR九州で開催されたドリ-ムカップ第一戦でウチで健脚を実施しピレリからMICHELINに換装したお客さんが優勝しました。

ほぽピレリ一色のエントリ-中、大丈夫かと言われておりますMICHELINで初優勝♪

まぁなんだ・・・・大丈夫みたいですよ(^^)/

2018.02.03

F1グリットガ-ル廃止

この決定は物議を醸している様ですが、性差別による現在の社会規範との矛盾などとも・・・・

がしかし、あくまでもグリットガ-ルの廃止でレ-スクィ-ンやパラソルガ-ルの廃止と言う事ではないようですね。

でも・・・まぁだからと言って・・・パラソルボ-イは・・・何だかではあります。

 

ブログランキングに参加しています! ポチっと応援、宜しくお願い致します(^^)/

2017.06.10

JP250

全日本選手権MOTEGI JP250クラスはCBR250RR圧倒的に早いですね-! 敵なしですな-。まぁ予想通りですけど。

2017.06.05

青空ピット

10年ほど前はレ-ス前に成るとショップの駐車場や場所が足りない場合は歩道など所かまわずレ-サ-のメンテを行う光景が普通にありましたね。

ご近所様から迷惑そうな目で見られていたものです・・・・。

そんな輩の残党さんからOHLINS TTXのリアスプリングをご注文頂いていて「入ったよ~」なんて連絡したらサ-キットの帰りにご来店。

一般のお客様の作業しているにもかかわらず・・・スプリングの交換をしてくれと・・・。

時間は既に閉店前、後日と話したのですが、とっとと車両をトランポから降ろしてショップ前の歩道で店開き(;’∀’)

ホント人の都合何て一切関係ない人ですからねぇ、困ったものです。

まぁそれでも慣れた手つきと仰天な方法でチャチャっとリアショックを取り外しスプリング交換。

人の迷惑も考えず「これでうまくいけば0.8秒程・・・」なんつ-てニヤニヤしておりました。

まぁなんだ・・・昔は店の前にズラっとトランポが並んで通報されたり・・・レ-ス当日の明け方にエンジンが組みあがりエンジン掛けて怒鳴られたり・・・懐かしいっちゃ懐かしいけど・・・。

今考えると狂気の沙汰ですね。その時代から時間が止まっている・・・彼であります。ご安全に!

2016.10.21

MotoGPな・・・・おばちゃん(^^;

dsc05058

やはりMotoGPは違いますね~ファン層が濃いというか何というかとても華やかです。

想像以上に観客動員も多いし、バイクの大渋滞なんて初めて見ました^^

img_0296

わしらの業界にも明日があるのかも知れないと・・・・(;’∀’)  正直そ-おもいました^^

2016.09.14

水を差す・・・・

motogpsuzuki

MotoGPでスズキのビニャ-レスが優勝!・・・・・折角の大金星なのに・・・・・。

スズキは余ったバイク用レ-ス部品を経費として処理、つまり脱税しちゃってたのですねぇ。

更に経理上の処理のミス?もあり追徴課税4億5千万円が課せられたようです、正に水を差してしまいましたね・・・。

なんか・・・残念。

2015.12.05

Kawasaki ZX3RR

ZX3RRDetail1

来年から始まるJP250、楽しみではありますが・・・・

それよりも気に成るのがWSS300ですね、JP250とレギュレ-ションが異なりますがやっぱコッチが面白そうです!

そのWSS300を睨んでのZX3RRでしょうか?カッケ-(^○^)

これ位が丁度よいと思います、ロ-ドレ-ス普及のカギを握っていると思いますね~!

2015.11.28

MotoGP MICHELIN

ml01

2015年シ-ズンも終了し、MotoGPマシンに晴れてMICHELINのエンブレムを記すことが許されました。

ライダ-のコメントも解禁されました。

しかし、状況は16.5inchから17inchへの変更により問題も多い様ですねぇ。

そもそも17inchから進化した16,5inchだった訳で長い間マシンの開発そのものも16.5inchが前提・・・・。

因みにリアタイヤはサイズ的なボリュ-ムと電子制御されている前提があるので対応は特に難しくは無いと思います。

多くのライダ-もMICHELINの17inchリアタイヤは高評価しています。

問題はボリュ-ムのないフロントタイヤは17inchのネガティブな影響が出やすいと言う点。

フィラ-の形状や剛性の取り方はタイトで神経質なものに成りそうです。

コントロ-ル性やインフォメ-ション性など穏やかな過渡特性が求められるのではないかと思われ・・・・・

ゴムのフィラ-に拘らずカ-カスの折り返しプライでコントロ-ルする方向に向かうのではないかと想像したりして。

ml012

MICHELINは16,5inchのブリヂストンタイヤを超える事が出来るのか?

何れにしてもRacingタイヤの新時代が到来する予感がしますね^^

開幕が楽しみです。

Next »